https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-0603-3/

目指せ親子セッション! 家族の想い出を奏でる“ウクレレ入門”

このエントリーをはてなブックマークに追加

最初に身につけるのは、コード伴奏での「弾き語り」

さて、曲を決めたらいよいよウクレレの弾き方を身につける。本番はここから。

「いろんなスタイルのあるウクレレですが、最初に挑戦したいのはコードを伴奏しながら歌う『弾き語り』。バック音だけをジャカジャカと鳴らして、メインメロディは自ら歌うスタイルですね。メロディを演奏する『ソロ弾き』に憧れる人も多いけど、初心者には難度も高いです」。

コードとは、ピアノでいう和音のこと。同時に鳴らした複数の音を、ひとつの音として捉える。複数の弦を押さえながら弾くことになるため、どのコードならどの指を押さえるか、そのルールも学ばないといけない。初心者の場合、C、F、G7のコードからマスターするのが一般的だ。


だが、コード名はアルファベットと数字の組み合わせ。子供に覚えられるのだろうか?

「ウクレレのフィンガーボードに色つきのシールを貼るといいですよ。『このコードは赤色を押さえる』みたいな要領なら覚えやすくないですか? 私のスクールの生徒さんにも実践してもらってるワザです」。

このエントリーをはてなブックマークに追加
目指すは親子のヒットソング。子供が喜ぶ“ウクレレ曲”5選
2018.06.17 / オーシャンズとレジャー 37.5歳から始める大人の趣味入門
我が子に、よき相棒を。親子ウクレレを堪能するための“アイテム選び”
2018.06.10
「お小遣い」いくら渡す?お隣さんが“その金額”にした理由を調査!
2018.06.08 / 隣のオッサンは青いか?
父は生徒、娘が師匠。ウクレレセッションで近づいた親子の距離
2018.05.27 / オーシャンズとレジャー 37.5歳から始める大人の趣味入門
この夏、試したい! こなれた印象をつくる”Tシャツまくり”
2018.06.11
カラー合わせの”爽やか巻き”。品良くまとめたマリンスタイル
2018.06.09
夏の主役にふさわしいのは、”大胆&技あり”のこんなボーダー
2018.06.07
ガバッ!解放的なジップ全開放。あえての適当さも夏らしい。
2018.06.05
嫌みのないシンプル&カジュアルなブラックスタイル
2018.06.03
モノトーンに白Tをチラ見せして、印象にメリハリを
2018.06.01
Tシャツ以上シャツ未満。ヘンリーネックをさらりと
2018.05.29
オーバーサイズと太パンツ。軽やかに旬の着こなし
2018.05.27
ストライプを大人カジュアルに。黒ショーツでシックにキメる
2018.05.25
ニットを羽織る。ユルさを適度に引き締めるこんなテク
2018.05.25
グリーンアロハとチノパンの好相性。Tシャツをインして落ち着きをプラス
2018.05.23
アウター代わりのビッグサイズのシャツ。黒ローファーで引き締めて
2018.05.21