https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-0530-6/

夫47歳、妻27歳。「だけど、乗り越える壁なんてなかった夫婦」

このエントリーをはてなブックマークに追加

十人十色の夫婦関係 Vol.4
夫婦のカタチは人それぞれ。その数だけ、異なる幸せがある。たとえ一般的なスタイルと一線を画すものであっても、当人たちが納得していればそれでいいのだ。当連載では、ステレオタイプな「理想の家族」の型にはまらず、独自のスタイルを持つ夫婦を取材。異色ながらも円満な結婚生活を通じ、多様な幸せの在り方を探る。

>「十人十色の夫婦関係」をはじめから読む


歳の差はひと回り以上

今回お話を伺ったのは新婚ホヤホヤの杠(ゆずりは)夫妻。5年の同棲を経て、今年の3月に入籍した。夫の雅之さんは47歳、妻の由那さんは27歳。一般の夫婦で20もの歳の差は珍しい。しかし、そこにいたのは年齢の壁を物ともせず、自然体で暮らすふたりだった。

夫はフリーランスのテレビディレクター。妻は看護師を経て、現在は大手企業に勤めている。(C)ハービー・山口

『おそ松くん』のTシャツでインタビューに臨む夫に対し、「そんな格好でいいの?(笑)」と突っ込む妻。仲の良さが伝わる和やかなやりとりから取材はスタートした。

まずは、単刀直入に聞いてみた。お互いのどんなところが好きですか?

由那さん「一番は人に対する思いやりですかね。出会ってから今日までずっと優しく、包み込むように接してくれるから安心して身を預けられます。もともとは特に年上好きというわけでもなかったんですけどね。ずっと仲の良い両親を見て育ってきたので、父のようにおおらかで優しい人がいいなあという漠然とした思いはありました」。

雅之さん「彼女は年上との付き合い方がじつにうまい。失礼じゃない程度に馴れ馴れしく、しかも狙わずナチュラルに接する。ふたりでよく飲みに行くんですけど、彼女のように着飾らない自由な若者って、そこにいるおじさんたちからも愛されるんですよね。逆に僕はこういうアヤシイ感じの風貌だし、押しが強いから初対面の人にはわりと警戒されちゃうんですよ(笑)。でも、ユナちゃんと一緒だと、最初の壁を彼女がとっぱらってくれるから有難いなって」。

出会いは代官山の飲み屋。常連だった雅之さんが由那さんにちょっかいを出し、飲み友達になったという。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2人に1人は別れを予感!結婚10年夫婦の“離婚の本気度”を調査
2018.09.19 / 隣のオッサンは青いか?
まだ妻は、自分を異性として見てるのか? 子持ち夫婦に実態調査!
2018.09.15 / 隣のオッサンは青いか?
名前? 愛称? ママ? 夫婦間の“呼び方”ホントのところ調査
2018.08.24 / 隣のオッサンは青いか?
妻は最高のビジネスパートナー。魚屋夫婦ユニットが円満でいられるワケ
2018.08.16 / 十人十色の夫婦関係
手首と足首を見せれば、クリーンな装いでも……
2018.09.18
テイストの異なるアイテムを思いきってマッチアップ
2018.09.16
白シャツでチルがサマになる、モノ選びと小さなテクニック
2018.09.14
ほっこりニットで”ゆるカジ”は簡単に手に入る !?
2018.09.12
このままキャンプに行けるスタイルも色みでシックに
2018.09.10
動きやすく、シンプルで。 なら、スパイスもお忘れなく
2018.09.08
トップスとボトムスにメリハリを。夏の軍モノの最適解、ここにあり
2018.09.06
「左右対照」というユニークさ。腕時計へのこだわりも際立つ
2018.09.05
大人のモード系のお手本。若い人には出せない、このカッコ良さ
2018.09.04
スポーティなコーデにスポーティな腕時計。こだわりが随所に
2018.09.04
無駄のないシンプルさ。腕時計を大人らしいアクセントに
2018.09.04
モノトーンコーデを飾る小物たち。トレンドに自分らしさを加えて
2018.09.03