https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-0527-7/

父は生徒、娘が師匠。ウクレレセッションで近づいた親子の距離

このエントリーをはてなブックマークに追加

父は生徒、娘は師匠。ウクレレで近づいた親子の距離

やがてウクレレは、父と娘の架け橋になっていく。家族の誕生日、クリスマス。何かの記念日には必ず、部屋の明かりを落として、親子でのセッションを行うようになった。

真宏さん「誕生日には、親子で『ハッピーバースデー』を弾いてます。難易度の高い曲ではないですが、祝った相手はすごく喜んでくれる。ウクレレをやってよかったと実感する瞬間です」。

ウクレレといえばハワイアンのイメージだが、実際には邦楽・洋楽問わず、他ジャンルのアレンジ曲も楽しめる。童謡からヒットソングまでさまざまなので、世代を超えてセッションできるのだ。

ことこちゃん「今までのパパは、家にいてもずーっと仕事してるイメージでした」。

そんな一言に、真宏さんも「確かに24時間仕事してたもんね」と冗談交じりに頷く。

真宏さん「うちはもともと私以外、音楽一家だったんです。妻とことこの兄はバイオリン、妻と姉はピアノをやっていて。私だけが音楽と縁遠い存在だったので、蚊帳の外で黙々と仕事してました。やっとそこに仲間入りできたのかな(笑)」。

いまやことこちゃんは、真宏さんにとって良き師匠だ。うまく弾けなかったらアドバイスを求めたり、演奏を見よう見まねで参考にしたりする。どうやら娘のほうがキャリアもあれば、センスもあるのかもしれない。ことこちゃんは、ウクレレをやるまで気づかなかったパパの意外な一面を教えてくれた。

ことこちゃん「パパはなんでもできるって思ってたから……。なんか、意外と不器用なんだなって思いました(笑)」。

緑いっぱいの庭先に親子の笑いが弾けた。


仲睦まじき親子セッション

最後に神田さん親子は、芝生の上に椅子を並べてセッションを披露してくれた。おだやかに降り注ぐ日差しのなか、ポロロン、という弦の音。やがてそれはメロディを奏で、ひとつの曲へと変わっていく。

演奏でつまずいてしまったのは、父だった。でも、それにアドバイスする娘の姿が、なんだか微笑ましい。

真宏さん「父だから“影練”して娘を追い抜くぞ、なんてことはありませんね。ウクレレはマイペースに、リラックスして楽しむものと考えられていますから」。

うまくても、下手でもいい。そこに競争は存在しない。親子横並びになって奏でるウクレレの音色は、今日も庭先をのんびりと流れていく。

佐藤宇紘=取材・文

このエントリーをはてなブックマークに追加
目指すは親子のヒットソング。子供が喜ぶ“ウクレレ曲”5選
2018.06.17 / オーシャンズとレジャー 37.5歳から始める大人の趣味入門
我が子に、よき相棒を。親子ウクレレを堪能するための“アイテム選び”
2018.06.10
「お小遣い」いくら渡す?お隣さんが“その金額”にした理由を調査!
2018.06.08 / 隣のオッサンは青いか?
目指せ親子セッション! 家族の想い出を奏でる“ウクレレ入門”
2018.06.03 / オーシャンズとレジャー 37.5歳から始める大人の趣味入門
この夏、試したい! こなれた印象をつくる”Tシャツまくり”
2018.06.11
カラー合わせの”爽やか巻き”。品良くまとめたマリンスタイル
2018.06.09
夏の主役にふさわしいのは、”大胆&技あり”のこんなボーダー
2018.06.07
ガバッ!解放的なジップ全開放。あえての適当さも夏らしい。
2018.06.05
嫌みのないシンプル&カジュアルなブラックスタイル
2018.06.03
モノトーンに白Tをチラ見せして、印象にメリハリを
2018.06.01
Tシャツ以上シャツ未満。ヘンリーネックをさらりと
2018.05.29
オーバーサイズと太パンツ。軽やかに旬の着こなし
2018.05.27
ストライプを大人カジュアルに。黒ショーツでシックにキメる
2018.05.25
ニットを羽織る。ユルさを適度に引き締めるこんなテク
2018.05.25
グリーンアロハとチノパンの好相性。Tシャツをインして落ち着きをプラス
2018.05.23
アウター代わりのビッグサイズのシャツ。黒ローファーで引き締めて
2018.05.21