https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-0520-4/

極上のライブを聴きながら 〜Surf Side Fest〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

ただくつろぐだけでも気持ち良い時間を過ごせ、サーフィンをした瞬間に人生は大きく変わってしまう。ひとつのシーンからそんな海の魅力を発見していくコラム。

「SEAWARD TRIP」を最初から読む

今回は「Surf Side Fest」

サーフィンと音楽との親和性は高い。湘南の逗子マリーナでライブがあったとき、波もあったので最高のサーフタイムだった。なんていう話を聞いたことがあるが、一流アーティストの音楽を聴きながら、ダンスをするように波に乗れるのは、まさに至福の体験だ。そして海外には同様の体験ができる“フェス”がある。一例は、南カリフォルニアのドヒニー・ステイツビーチで開催される「オハナ・フェスト」
(写真上、www.theohanafest.com)。

会場はサーフィン可能なビーチパークで、フェスに参加するアーティストは豪華のひと言。昨年は、エディ・ヴェダー、ジャック・ジョンソン、ソーシャル・ディストーション、フィオナ・アップルら極上アーティストばかりが参加した。もしもフェス中に沖合で音楽がよく聴こえたなら、そのときの風はオフショア。波もまたグッドなのである。

上の写真は、サンディエゴのデルマーで開催される「カーブー デルマー フェスティバル」。会場となるデルマー競馬場からサーフできるビーチまでは潮風を感じるほどの距離にある。今年の開催は9月14日(金)からの3日間。先日発表されたラインナップには、フー・ファイターズ、N.E.R.D、アリス・イン・チェインズ、ネリー、ケイティ・ペリーら豪華なアーティストが並ぶ。チケットなどの詳細は公式サイトへ。

OHANA FEST、KAABOO DEL MAR=写真

このエントリーをはてなブックマークに追加
今、世界が見つめる中国のハワイ 〜Asian Paradise〜
2019.03.26 / SEAWARD TRIP
海をルーツに “現在アート” のシーンへ 〜Resin Works〜
2019.03.15 / SEAWARD TRIP
この冬、聖地ハワイを騒がせた話題の1本 〜Big Pipe〜
2019.03.10 / SEAWARD TRIP
この夏、世界が日本にやってくる 〜Meet The World Surfing〜
2019.02.20 / SEAWARD TRIP
ビッグサイズを味方につける方法をまだ知らない人へ
2019.04.05
シンプルな無地のようで実はしっかり遊んでいる !?
2019.04.03
フィールドジャケットをタフに着ない術とは
2019.03.30
サーファーらしいチョイスを都会的に着たいなら色使いに目を向ける
2019.03.28
あるとないとじゃ大違い!小物が利くってこういうこと
2019.03.20
タフなアウターの意外な一面を見つけてみよう
2019.03.19
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12