NEWS Vol.138
2018.04.06
LIFE STYLE

“酔い週末”を過ごしたい人、六本木集合!「CRAFT SAKE WEEK」開催

「よい週末」と聞くと、「酔い週末」と捉える酒飲みもいる(?)ことだろう。ただ、休みだからといって自宅で昼から酒を煽って……というのは、どうにも体裁がよろしくなさそう。なら外でほがらかにお酒を楽しむ口実が欲しいものだが、大人が楽しむべきそんなイベントって、あるようでなかなか少ない。お花見シーズンは終わってしまったし。

しかし、これならどうだろうか? 4月20日(金)~30 日(月・祝)の11 日間、東京・六本木の六本木ヒルズアリーナで、日本全国から選りすぐりの酒蔵が出店し、日本酒の魅力をあじわい尽くせる“SAKE”イベント「CRAFTSAKE WEEK at ROPPONGI HILLS 2018」が開催されるのだ!

日替わりで全国津々浦々、テーマごとに10の日本酒が楽しめる。例えば開催初日の4月20日は「SPARKLING SAKEの日」と銘打ち、一ノ蔵や獺祭のスパークリングが提供される。「北海道・東北の日」と題された21日からはエリアごとの日本酒が楽しめ、最終日の「チーム十四代の日」まで110種もの日本酒が提供されるというわけ。好みの銘柄めがけて行くもよし、いまだ知らない美酒を探しに行くもよし、楽しみ方は人それぞれだ。

「真鯛胡麻よごし御飯」(くろぎ)

数ある日本酒たちと“マリアージュ”が楽しめる食事も抜かりなし。予約困難な一流レストランが出店し、本イベントのために用意したスペシャルメニューを提供してくれる。

4月20日(金)~24日(火)には、日本の家庭料理のエッセンスを取り入れたフレンチ「EsqUISSE(エスキス)」や、日本酒好きだという中華の鉄人が送る「Wakiya一笑美茶樓」など5店、4月25日(水)~29日(日)にはオリジナリティ溢れるメニューが人気の「器楽亭」、国際的に高い評価を受けるパリの「Restaurant Pages」といった5店が出店。

最終日には“レジェンドクラス”が集まり、寿司の「三谷」や日本料理の「くろぎ」などの5店が揃い、合計15のレストランが提供する絶品のグルメと日本酒で舌鼓を打てるのだ。

「産乳飲み仔山羊の煮込み」(L’évo)

ジャンルを問わず、幅広いメニューがあるのは、「“日本酒にあわせるのは和食”という固定概念に囚われず、さまざまな料理と日本酒のマリアージュを味わうことで、美味しい料理を楽しみながら日本酒の奥深い魅力を発見してほしい」という想いが込められているのだとか。

気になる料金は、酒器グラス+飲食用コイン11枚が用意されたスターターセットが3500円。飲食用コイン10枚で1500円、22枚で3000円と追加購入も可能だ。春の陽気にほだされて、お出かけしたい大人に打って付けのイベント。たまには夫婦連れだって、あるいは友達を誘って、乾杯しに出かけてみてはいかが?

[イベント概要]
CRAFTSAKE WEEK at ROPPONGI HILLS 2018
開催期間:4月20日(金)~30 日(月・祝)
開催時間:12:00〜21:00(L.O.20:30)

会場:六本木ヒルズアリーナ
http://craftsakeweek.com

# イベント# 日本酒# 週末
更に読み込む