https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-0124-4/

楽しい2018年にするための、欲しいモノ、行きたい場所、したいコト500以上!

このエントリーをはてなブックマークに追加

服、靴、バッグ、腕時計、インテリアにクルマ。財布も家内の意向も気にしないでOKという前提(そんな前提も夢だなあ)で「欲しいモノは?」と聞かれたら、いくらでも思い当たる。

限定品、メイド・イン・USA、最近じゃアップサイクルなんて言葉も気になるし。もしそのとき手元に“カタログ”があったとしたら。少なく見積もっても物欲は5割増し、いや10割増しか。そもそも“カタログ”自体が好き。釣りメーカーのカタログ、オーディオメーカーのカタログ、クルマメーカーのカタログ。

モノの写真を見てうっとり、細かいスペックを読み込んでじっくり。持ち歩いてニンマリ。そこで本号では「WHOLE OSSANS CATALOG(=オッサン全カタログ)」と銘打ち、あらゆるモノを約100ページにわたって集めた。

数えれみたらその数、なんと……500以上!

ファッションにクルマ、インテリア、仕事道具から今年注目の旅先まで、2018年をハッピーにするためのあらゆるモノ・もの・物・者をぞろぞろ一斉大開放。

読むだけで夢が広がる、と信じてます。

また、夢見がちなだけではいられないのがオッサン世代。なので、カラダをメンテナンスするためにファッション関係者が愛用するリアルガチな日用品も聞いています。


ところで、「とんき」のヒレカツ食べたことある?

本誌発売前にウェブで先行公開していた第2特集「日本全国47都道府県で発見! グッドアイテムカタログ」

これには実は続きがあって、
47都道府県の「ご当地インテリア」「ご当地発信オトコ磨きグッズ」「ご当地発信ホビーアイテム」「出身者による偏愛ご当地グルメ」も、本誌では紹介中。

定番からマニアック、高級からB級な一品まで、フラットな目線で集まったコレらは37.5歳のリアルな価値観だと思います。ぜひチェックを!


知らないの? これを見逃すと、必ず後悔するよ?

シルク・ド・ソレイユ創設30周年を記念した最高傑作「キュリオス」。その細かい見所について4ページにわたりお届け。これを見逃すと必ず後悔する、3つの理由とは?


このフレーズ覚えてる?

人気連載・クルマ買いの“背中押し”では、猫足? シルキーシックス? 砂漠のロールスロイス? などなど、購買意欲が湧き上がるクルマ界の必殺フレーズ&誰もが知ってる懐かしいCMの名(迷⁉︎)キャッチフレーズを紹介。


あの連載には、二階堂ふみさんが登場!

毎月女優や女性タレントの素顔に迫る人気連載「#TATERUガールズ」には二階堂ふみさんが登場!
彼女が16歳のときに出会って、今年ようやく実現できたあの作品について語ってくれています。


好きなモノ、懐かしいモノ、憧れのモノ、愛くるしいモノ、神秘的なモノ……。いうなれば男のロマンをギュッと詰め込んだ今月号の表紙はこちら!

書店、コンビニ、ネットから。ぜひご購入を!
>>アマゾンからの購入はこちら
>>富士山マガジンサービスからの購入はこちら
>>定期購読のお申し込みはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
帰ってきたユースケ部長! 秋冬を楽しむ着回し服をオーシャンズ12月号で大特集!
2018.10.25
デニム愛に溢れる大人に捧げる総力特集。オーシャンズ11月号発売!
2018.09.22
次の週末、必ず輝く“スポカジ”スタートアップガイド!【オーシャンズ10月号発売】
2018.08.24
暑い街角のアツい着こなし満載! 全国のお洒落な大人をパパラッチした9月号発売!
2018.07.24
オールタイムベストな軍モノ×デニムを新鮮に
2018.11.21
バイカー風に楽しむなら 色使いの工夫をお忘れなく
2018.11.17
エレガントなアウターに力を添える黒の魅力
2018.11.14
黒デニムをジャパニーズロックな雰囲気で
2018.11.11
デザインで遊ばず、緩急のついた シルエットで遊ぶ上級テク
2018.11.08
渋さが欲しいなら、 “イタリア”に力を借りてみる
2018.11.05
力強く清潔感もある。そんなスタイルが好みなら
2018.11.02
色落ちブルーデニムでアメカジを。そんなときこそ“ジャスト”を選ぶ
2018.10.30
シンプルなアイテムにさりげない遊び心。大人ってそういうこと
2018.10.09
ギャルソンを堪能するためのストイックなシンプルスタイル
2018.10.06
タフで無骨。オールドスクールなヘリテージカジュアル
2018.10.03
青。色使いに長けたブランドの持ち味を楽しむ
2018.09.30