https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-0120-5/

バーミキュラの故郷は愛知。では、ウッドペッカーのアレの生産地は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本全国、津々浦々。多士済々な47都道府県から発信されるさまざまなグッドプロダクト。ローカルの個性を活かしたとびきりセンスの光るアイテムをオーシャンズがセレクトした“オールジャパン”カタログは、1月24日(水)発売の「オーシャンズ」3月号の特集だ。
ここでは、本誌に先駆けてその内容をお届け。8回連載の折り返し地点となる第4回は【東海】だ!

>47都道府県のグッドアイテムカタログ一覧はコチラ


【静岡】日本の東西分岐点は、どこだろう?

東西に広い地形からか、電気周波数からうなぎの焼き方まで、県内であらゆる様式が西日本型と東日本型とに分かれる。例えば市場特性や嗜好も同様で、新商品開発時に、この県内で市場調査が行われることもしばしば。“産業のデパート”と称されるほど全域でものづくりが盛んでもある。

「ヤマハ」のカットソー

静岡・浜松市が生んだ世界の「ヤマハ」。1970年代に活躍したレース車両のデザインをモチーフにしたカットソーは、バイクカルチャーに馴染みのあるオーシャンズ世代には垂涎モノ。 4800円/ワイズギア アクセサリーサポート部 0570-050-814


「ドリルデザイン」 ×「げたのみずとり」のひのきスリッパ

静岡市の地場産業「履き物」をつくる昭和12年創業のメーカーと東京の高感度デザインチームによるスリッパ。静岡産ひのきを使用した台は、屈曲性があって長時間の着用も快適。オフィスでも履きたい! 7800円/水鳥工業 054-271-6787


【愛知】Made in Japanの生命線がここに

県民性は豪華絢爛、きらびやかなイメージがある中、ものづくりの場面は真剣そのもの。町工場から世界一を目指すブランド、唯一無二の織物を開発する会社、トヨタやデンソーなどの大企業まで、愛知は日本のものづくりの最重要拠点を担っている。まさに日本の心臓部なのだ。

「バーミキュラ」のライスポット

「世界一のおいしいご飯」を目指して創業された老舗鋳造メーカーの炊飯器。指ひとつで調整できる熱源とホーロー鍋でご飯はもちろん、ローストビーフなど絶妙な火加減が必要な低温調理も簡単にできる。7万9800円/バーミキュラ 052-353-5333


「ジプシー アンド サンズ」のレザージャケット

織物の産地、愛知県で開発されたヴィンテージライクなレザー。男の仕事着に着目し、ワイルドな雰囲気や機能性の高いディテールを実現。ワークスタイルとドレススタイルの両立をキーにつくられた緻密デザイン。3万8000円/アスディック 058-645-0668


【岐阜】木と山と身内に温かい日本のおへそ

県の土地の8割が森や川という清々しい環境だけあって、形成されるアイテムたちもまた、ナチュラルな印象。合掌造り集落の白川郷に見るような、派手や豪華とは異なる“古き佳き日本の暮らし”を大切にする文化も。家で過ごす時間を豊かにするアイテムに出会える場所なのだ。

「ウッドペッカー」のこどもまな板

子供たちに料理の楽しさを知ってもらいたいとつくったまな板。包丁のあたりが優しい、細かい木肌が特徴のイチョウの木を使用。デザイン面でも可愛いカットに役立つ目盛りを刻印してあるのがセンスだ。各7500円/ウッドペッカー www.hello-woodpecker.com


「松久永助紙店」の和紙靴下

老舗和紙店がつくる美濃和紙を使った靴下。綿に比べ吸湿・吸水性と空気の調整機能や断熱性があり、夏はさらっと涼しく、冬は暖かく足を包む。さらに備長炭には体の奥深くまで温める遠赤外線効果も。[右]1500円、[左]1200円/松久永助紙店 0575-33-0007


【三重】信頼一番。だから愛される♡

伊勢神宮のお膝元ゆえ、「ウソはダメ。信頼一番!」と、倫理観がひと際強いといわれる県民性。さらに、県外から訪れる多くの観光客を、快く受け入れる柔軟な性格も持ち合わせる。そんな穏やかな気風は、使う人との信頼関係を重んじる「三重のものづくり」にも生きているようだ。

「錦見鋳造」のフライパン

低迷した業績から、市場の声を聞いて売り上げを跳ね上げさせたという、その名も「魔法のフライパン」。鉄鋳物では異例の1.5㎜の薄さで、熱効率が良いので温度が下がりにくい。軽量なのもうれしいポイント。 8000円/錦見鋳造 0567-68-2812


「フカミ」のダウンジャケット

着る人に響く服づくりが信条の名古屋発アパレルブランド、フカミ。東海地方を中心にものづくりを行っていて、これは縫製を三重県いなべ市にあるカットソー工場に依頼。見た目どおりの柔らかい着心地に感動する。4万2000円/フカミ 052-893-6662

このエントリーをはてなブックマークに追加
これは欲しい! 九州と沖縄のユニークなデザインプロダクツ
2018.01.23
“知ってるつもり”の四国を深掘りしたら、ザクザク出てきた新銘品!
2018.01.22
イチロー愛用品から極上デニムまで眠る中国エリアで掘ったグッドプロダクト
2018.01.21
ダジャレも出オチもあり⁉︎ 関西ローカルのプロダクトは“むちゃオモロい”
2018.01.20
この夏、試したい! こなれた印象をつくる”Tシャツまくり”
2018.06.11
カラー合わせの”爽やか巻き”。品良くまとめたマリンスタイル
2018.06.09
夏の主役にふさわしいのは、”大胆&技あり”のこんなボーダー
2018.06.07
ガバッ!解放的なジップ全開放。あえての適当さも夏らしい。
2018.06.05
嫌みのないシンプル&カジュアルなブラックスタイル
2018.06.03
モノトーンに白Tをチラ見せして、印象にメリハリを
2018.06.01
Tシャツ以上シャツ未満。ヘンリーネックをさらりと
2018.05.29
オーバーサイズと太パンツ。軽やかに旬の着こなし
2018.05.27
ストライプを大人カジュアルに。黒ショーツでシックにキメる
2018.05.25
ニットを羽織る。ユルさを適度に引き締めるこんなテク
2018.05.25
グリーンアロハとチノパンの好相性。Tシャツをインして落ち着きをプラス
2018.05.23
アウター代わりのビッグサイズのシャツ。黒ローファーで引き締めて
2018.05.21