https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2017-1221-3/

総額50万円超えの家具か10万円分の買い物券がもらえる!  高級インテリアブランドの正体とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハンス・J・ウェグナー、フィン・ユール、アルネ・ヤコブセン、ボーエ・モーエンセン……。インテリアデザイン史に圧倒的な影響を与えた彼らに共通するのは、デンマーク出身ということだ。実用的で、どこから見ても美しく、空間を心地良く演出すること。これらを重視したデザインの数々は、時代を超越した傑作として受け継がれている。

そのDNAを今も色濃く感じさせるのがインテリアブランドのボーコンセプトである。1952年にデンマークで創業し、現在世界60カ国、260店舗以上を展開するボーコンセプトは、ソファやテーブルなどの大きな家具だけでなく、テーブルウェアにキャンドル、クッションといった雑貨類も展開。ブランド名の「Bo」が母国語で“暮らし”を意味するように、ライフスタイル全般を提案する存在だ。

そんなボーコンセプトの青山本店の一角に作られたスペースが、いちばん上の写真である。これは、オーシャンズ理想の居住空間をイメージしたもので、デザイン大国から届いたインテリアがウッドの温もりと調和して独特の落ち着きを見せている。その空間演出のカギとなっているのが、ソファとカフェテーブル、キャビネットの3点である。これらは現在、ボーコンセプト横浜店、日本橋店、神戸店で展示中。そしてなんと、2018年1月31日(水)までに全国のボーコンセプト直営店でアンケートに答えると……

この3点セットが抽選で1名様にプレゼントされる! 

のだ。
ということで、各アイテムのポイントを見ていこう。

その① ソファ「CARLTON」

大人3人で座っても十分なゆとりがある2.5シータータイプ。ミッドセンチュリー期の家具にインスパイアされたデザインは、どこかレトロで温もりがあるのが特徴。デザイナーはアンダース・ノルガード。「家具は日常生活にフィットしつつも、美しくもなければいけない」という彼の信条が感じられる人気アイテムは、コーデュロイ製のマスタードイエローをチョイス。軽快で圧迫感もなく、日本の住宅にも馴染みやすいソファだ。H78×W205×D93㎝ 33万2315円


その② カフェテーブル「CHIVA」

天板を引き上げるとなんと、その下に収納スペースが表れる仕組み。ウォールナットとガラスのコンビネーション、スクエアでソリッドなデザインがリビングにピリッとスパイスを効かせてくれる。限られた居住空間の有効活用にも役立ってくれるアイテムはボーコンセプトのヒット作。そう聞いて納得。H32.5〜46×W88〜109×D56〜77㎝ 10万7315円


その③ キャビネット「LUGANO SIDEBOAD」

脚以外を全面オールナットで仕上げた贅沢なキャビネットは、美しい木目がシンプルな部屋に奥行きをもたらしてくれる。ボディ両側の引き戸の中には棚板もあり、文句なしの使いやすさ。オーディオを置くも良し、サイドボードとして生活必需品を収納するも良し。リビングの主役候補にぜひ! H74xW203.5xD48.5㎝ 16万5648円


さらに……

10万円分のショッピングクーポンもプレゼント!

対象店舗であるボーコンセプト横浜店、日本橋店、代官山店、神戸店で、「オーシャンズを見た!」と言うと、各店先着5名様に10万円分のショッピングクーポンがプレゼントされる! その場で使うこともできるため、気になるアイテムがある人は見逃し厳禁!


超本格インテリアブランドからオーシャンズ読者だけに届いた、大盤振る舞いなクリスマスプレゼント。ボーコンセプトの各店の詳細はコチラから。ホンモノの価値がわかる人なら、誰よりも早く店頭に急ぐべし!

[問い合わせ]
ボーコンセプト 本店 03-5770-6565


山本 大=写真 伊藤良輔=スタイリング

このエントリーをはてなブックマークに追加
これだけ押えればOK!インテリア上手に学ぶ模様替えテクニック3選
2018.01.11
ビギナー歓迎! 誰でもできるハンサムなDIY素材に惚れました
2017.12.29 / NEWS
“見せる”収納インテリアが、ものぐさな大人に味方する!
2017.12.19
ギフトに最適!センス&個性が非凡すぎるインテリア雑貨集
2017.12.14
ワントーンコーデを格上げする秘訣は”リブ”にあった!
2018.01.17
ワイドパンツに苦手あり? なら試したい、こんなシルエット!
2018.01.17
大人のダークトーンは優しいニュアンス。フレンチブランドをサラリ
2018.01.17
ニューヨークらしい、好印象な親子のコントラスト
2018.01.17
スポーティなカーキでつくる”大人の余裕”。サイズ感がポイントに
2018.01.17
茶のスエードブルゾンを、バランスよくまとめたお手本コーデ
2018.01.16
カジュアルに見えがちなアイテムこそ、清潔感に気を遣う
2018.01.16
シンプルなブルゾンも、ボトムスのシルエットで個性的な仕上がりに
2018.01.16
いつものブルゾンを”ボトムス遊び”で旬なイメージに。
2018.01.16
MA-1×オーバーサイズデニムが醸し出す、裏原のニュアンス
2018.01.16
機能性に溢れたモッズコートはオンもオフもキマる。
2018.01.12
クールなスポーツミックスが目を引く、親子スタイル
2018.01.12