https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2017-0903-1/

Public Worker’s Surf Championship 〜初公開、日本イチの地方公務員サーファー決定戦〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

ただくつろぐだけでも気持ち良い時間を過ごせ、サーフィンをした瞬間に人生は大きく変わってしまう。ひとつのシーンからそんな海の魅力を発見していくコラム 。
SEAWARD TRIP!

「SEAWARD TRIP」を最初から読む

今回は「Public Worker’s Surf Championship」

公務員とサーフィン。ちょっと前までは想像すらできなかった組み合わせだが、なんとこの秋、日本イチの地方公務員サーファーを決する戦いが初開催される。“波乗り公務員の祭典”と銘打った「第1回 全国自治体サーフィン選手権大会」がそれであり、10月21日(土)から2日間、波が豊富で、これまで国際大会も多く開催してきた宮崎で行われる。

“祭典”というだけあり、勝利至上主義ではないところに特徴を見る。ビギナークラス、45歳以上を対象とするマスタークラス、ボディボードクラスなど、技術レベルや年齢に応じて11クラスを用意。参加者の誰もが宮崎の波を楽しめる配慮がなされているのだ。

そして同大会を通じて期待されるのは新しい海岸線のネットワーク。海岸線の未来図は地方公務員も一緒になって描くもの。行政区分を超えた地方公務員サーファーのつながりが育まれることで、より多くの人が楽しめるコーストラインの創出を期待したい。

サーフツーリズムを活かした地域経済の活性化や、サーフィンのスポーツとしての地位向上などを趣旨として、東京オリンピックで正式種目となったサーフィンに公務員の立場から貢献したいという心意気から生まれた本大会。競技種目はショートボード、ロングボード、ボディボードで、カテゴリー別に11クラスで優勝が競われる。最大参加者は260名を想定。宮崎空港からアクセス至便のメジャーなサーフスポット、木崎浜で開催される。

藤野 敬=写真 小山内 隆=文・写真セレクト

このエントリーをはてなブックマークに追加
落語家がサーフィン部を発足!「Rakugo Surf Club」って?
2017.06.25 / SEAWARD TRIP
Beached Days 〜太陽のもとで過ごす気ままな海時間〜
2017.07.10 / SEAWARD TRIP
Discover Taiwan 〜安近短のひとりっぷ〜
2017.04.22 / SEAWARD TRIP
Wild Wave, Wild Life 〜大海も大地も南アフリカならでは〜
2017.08.27 / SEAWARD TRIP
オリンピック最有力! 19歳プロサーファー五十嵐カノアの今とこれから
2017.03.21 / SEAWARD TRIP
2017年10月号特集
オーバーサイズのパンツ。レングスの仕上げでここまで締まる
2018.01.18
スラックスはあえてのくるぶし丈。統一感のある色使いにセンスが光る
2018.01.18
”チラ見せ”ソックスでセンス良く。BMXブランドへのこだわりも◎
2018.01.18
トレンドのコーデュロイでワンランク上の装いを。小物使いのチョイスも見事
2018.01.18
トップスと足元にホワイトを。清潔なボンタンパンツの着こなし方
2018.01.18
ワントーンコーデを格上げする秘訣は”リブ”にあった!
2018.01.17
ワイドパンツに苦手あり? なら試したい、こんなシルエット!
2018.01.17
大人のダークトーンは優しいニュアンス。フレンチブランドをサラリ
2018.01.17
ニューヨークらしい、好印象な親子のコントラスト
2018.01.17
スポーティなカーキでつくる”大人の余裕”。サイズ感がポイントに
2018.01.17
茶のスエードブルゾンを、バランスよくまとめたお手本コーデ
2018.01.16
カジュアルに見えがちなアイテムこそ、清潔感に気を遣う
2018.01.16