https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2017-0808-1/

自転車でキャンピングカー気分!? ただし愛犬限定

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャンプブームに煽られて、キャンピングカーやトレーラーハウスが注目を集めている。けれども、おいそれと買えない価格なのが悩ましいところ。ならばこんなアイテムは!? ということでご紹介するのが、自転車けん引トレーラー「エアバギーネストバイク」。

小さい! 狭い! ……そう、これ、わんちゃん専用なんです。愛犬と長距離サイクリングが楽しめるというシロモノ。大型犬から中型犬の多頭飼育に人気のペットカート「ネスト」の新型なのだ。手押しでも使える「ネスト」の基本スペックはそのままに、 前輪フロントフォーク素材を強化。自転車で牽引してもその重さをほとんど感じることなく、低重心で安定感のある走行性能を実現している。さらにエアタイヤの高い振動吸収で長距離でもストレスの少ない移動が可能なのだ。

そして“インテリア”は、大型犬でもゆったりくつろげるスペースを確保。前後にある大きな開口部で、お年寄りのわんちゃんでも自分で乗り降りできる。う~ん……至れり尽くせりのゴージャス仕様。正直うらやましい。

「自分も乗りたい!」という方、残念ながら、当然ムリなので、くつろぐ愛犬に目を細めつつ、キャンピングカーやトレーラーハウスが購入できるかどうか、電卓を叩いてみてください。

※自転車との接続には、専用ジョイントパーツ「NEST BIKE TOWBAR」(5000円)が必要。

【詳細】
GMPインターナショナル 
「エアバギーネストバイク」5万8000円
カラー:ロイヤルミルク/タンゴレッド
AIRBUGGY PET&LIFE(直営店)、エアバギーオンラインストアほか、全国のペット専門店で発売中
www.airbuggy-dog.com

このエントリーをはてなブックマークに追加
IoTのゴールは「イヌのインターネット化」だ! ~ソニー「MESH」編(3)~
2017.06.01 / NEWS
犬の散歩も気を抜くべからず! キメずにキマる”ワン”マイルのお手本とは?
2017.01.23 / NEWS
頭脳派ゴルファー諸君、40代からのスコアアップにはITの力が必要だ
2017.12.30 / NEWS
ビギナー歓迎! 誰でもできるハンサムなDIY素材に惚れました
2017.12.29 / NEWS
意外と好相性!? チノとテック系コートの新しいバランス感
2018.01.22
ルーズフィットデニムはロールアップで着こなして
2018.01.22
ルードな印象際立つ! キーアイテムのブーツは外せない。
2018.01.21
デニム×コンバースの定番には、トレンドのコートを合わせるのが◎
2018.01.21
ピンクを主役に、黒で脇を固める。配色の秀逸さが際立つコーディネート
2018.01.21
ベスト×デニムの王道コーデは、サイズ感で表情を楽しむべし
2018.01.21
カバーオールが復活中!野暮ったくならないヒントはシルエット
2018.01.21
デニムはサイズ感が命!トップスとのバランスが絶妙な好例
2018.01.20
上下デニムをマーシー風に。潮っ気たっぷりのマリンスタイル
2018.01.20
親娘で着られるダメージ&色落ちデニムのお手本コーディネート
2018.01.20
デニムスタイルは、重心を変えれば印象が変わる。
2018.01.20
ニット×デニムのベーシックスタイルを自分らしく着こなすコツ
2018.01.20