https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2017-0717-1/

Skip Frye 〜生きるヴィンテージ〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

ただくつろぐだけでも気持ち良い時間を過ごせ、サーフィンをした瞬間に人生は大きく変わってしまう。ひとつのシーンからそんな海の魅力を発見していくコラム 。
SEAWARD TRIP!

「SEAWARD TRIP」を最初から読む

今回は「Skip Frye 」

日本のサーフィン界を代表する名匠は、「現代は、さまざまなデザインのサーフボードが楽しめる時代だ」と言った。大きなトレンドもなければ、コレこそがオススメといった明確なデザインもない。マテリアルが違えど、カタチが違えど、サーフィンはできる。サーフィンができる点で、どのようなサーフボードを手に取ろうと、その選択は正解となる。

ただ、やがて楽しめなくなるモノがある。作り手が引退をしたり、生をまっとうすることで、創造されなくなるためだ。写真の御仁はスキップ・フライ。カリフォルニアが世界に誇るシェイパーである。

彼自身は、毎日のようにホームスポットでサーフするほど元気そのもの。しかし仕事のペースを落とし、そのため手掛ける本数はごく自然に減少している。

ユーザーが彼の板を手にしづらい状況は、正式なディストリビューターのない日本だけでなく、かの地も一緒。そして同様の状況は、スキップだけでなく、手作りにこだわるすべてのシェイパーに当てはまる。

75歳を迎えた今でも、米国サンディエゴのホームスポットに波があればサーフする姿を見かけるスキップ・フライ。同エリアにある工房では、完成間際のお宝ボードがちらほら。小さなデスクにはオーダー内容を記した付箋がいくつも貼られていた。その付箋から待ち人は世界中にいることを確認。シェイプのペースを落としている状況を思えば、いつ自分の順番が巡ってくるかはわからない。そう、オーダーする最良のタイミングは、まさしく今なのである。

高橋賢勇=写真 小山内 隆=文・写真セレクト

このエントリーをはてなブックマークに追加
海をルーツに “現在アート” のシーンへ 〜Resin Works〜
2019.03.15 / SEAWARD TRIP
この冬、聖地ハワイを騒がせた話題の1本 〜Big Pipe〜
2019.03.10 / SEAWARD TRIP
プラダなど5ブランドから厳選。曇天もパッと晴れる海を感じるモノ
2019.03.04
夏が待ちきれない大人たちへ…サーフやヨットの海な服のススメ
2019.03.03
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12
オーバーサイジングなダウンを着るとき、ほかのアイテムは?
2019.03.11
こなれ感だけではなくモノ選びも説得力高め
2019.03.10
ボリューム感の緩急が引き立つシンプルルック
2019.03.09
家族みんなで楽しんだ爽快ブルートーン
2019.03.08
色と素材で強調した遊び心満点のレイヤード
2019.03.07
スタンダードな装いに 違いを見せる素材使いとは
2019.03.05