https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2017-0704-3/

新潟の300年続く田んぼで「オーシャンズ米」、すくすく成長中!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ふーふー、はふはふ、もぐっ、うまいっ! そんな一杯のごはんがあれば、日常は確実に幸せになるはずだ。パンもパスタもいいけれど、年を重ねるほどに、米の魅力がわかってきた気がする。


ライフスタイルのすべてをハッピーに。そう考えるオーシャンズが、2017年6月号の「コラボマーケット」で発表したのが、オッサン好みな米を作ることだった。パートナーに迎えたのは新潟を拠点にするコシ匕カリのスペシャリスト「ファームエクスプレス」で、新潟にある300年以上続く田んぼを一反借りてのプロジェクトが始まった。

4月、その幕開けとなる田植えが行われ、苗はただ今すくすく成長中。上から見れば田んぼはすでにうっすらグリーンのカーペット。現場からは「夕方には日射しで温まった水を出し、早朝、沢から新鮮な水を引き込む日々が始まりました」とのレポートが届き、そのワケを聞くと「沢の水はミネラル豊富! これが旨味に直接つながるんでね」。さらに「田んぼの中の雑草は手で抜いています。除草剤を使うと残留成分が米に溜まって風味が落ちるから。米は手間をかけたぶんだけ美味くなる」。

愛情たっぷりに育てられている「オーシャンズ米」はこのあと、どのように大きくなって、収穫に至るのか。そして、そもそも米の「美味しい」って何なのか。

究極にうまい一粒をつくるための現場レポートとともに、今後このページでは「ごはんが食べたくなるトリビア」をお届けします!

ひとつ、おかずのつもりで楽しんでくださいませ!

「オーシャンズ米」を予約する

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本の“モノ作り”の精度と信頼性を体現したバッグ&時計
2018.06.28
終了直前! サマースタイルの絶妙なスパイスとなる4アイテムを買い逃すな!
2018.05.20
鍵束がアクセに変身!? 夏の名刺代わり、“以上”のキーホルダー
2018.05.17
最高の夏の迎えるために、最高にヘビロテしたくなる“カリフォルニア100%” Tシャツを
2018.05.10
無地Tにデニムで決める。シンプルでかっこいい代表例
2018.08.15
ストライプに黒で合わせたカジュアルコーデ。トートの柄もいい
2018.08.15
ショーツから足元まで、う〜んなんとも涼やか!
2018.08.15
夏の男と一目でわかる。青×カモ柄って合うんだね
2018.08.14
ブランドならではのトートの素材感。これ、大人の選び方
2018.08.14
全身黒? いや足元に「白」。かっこいいとしか言えない!
2018.08.13
カメラをアクセがわりに。アメカジにそれは反則かも?
2018.08.13
上から順に黒白……。このまとめ方、お見事!
2018.08.13
黒系の色ながら表情豊か。バッグが絶妙アクセント
2018.08.13
白の無地Tとミラーサングラスがベストマッチのシンプルスタイル
2018.08.12
オーバーオールを今っぽく。こんなにお洒落でかっこいい!
2018.08.12
ビッグシルエットをメガネで締める。知的に着こなすミリタリー
2018.08.11