https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2017-0625-2/

落語家がサーフィン部を発足!「Rakugo Surf Club」って?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ただくつろぐだけでも気持ち良い時間を過ごせ、サーフィンをした瞬間に人生は大きく変わってしまう。ひとつのシーンからそんな海の魅力を発見していくコラム 。
SEAWARD TRIP!

「SEAWARD TRIP」を最初から読む

今回は「Rakugo Surf Club」

サーファーが集えば街がひとつできる。そう言ったのはプロサーファーの市東重明。

千葉で経営する彼のサーフショップには、大工、教師、警察官、公務員、政治家、シェフ、芸能人、アパレル関係者など、あらゆる職種の人たちが顔を見せる。
落語家もそう。聞けば、市東プロが顧問となり、落語協会公認のサーフィン部を組織しているという。メンバーは、真打の古今亭菊生、二つ目の春風亭一左と三遊亭美るく。

時間が合えば乗り合いで海へ行き、サーフだけでなく、ときには落語会も企画する。落語は江戸時代から続く伝統芸。前座、二つ目、真打と3段階の身分があり、前座時代は身分が上の噺家と話せないほど上下関係が厳しい。

春風亭一左は、二つ目昇進後も、既に真打だった古今亭菊生に「海へ連れていってください」のひと言が長く言えなかったと明かす。しかしそれも今は昔。絶え間なく笑い話を交わす様子には、サーファーならではの温かなつながりがあった。

落語家になる前からサーフィンをしていた古今亭菊生さんと春風亭一左さん。三遊亭美るくさんは、地元が千葉の海辺の町という縁から、落語協会サーフィン部に入部した。これまで落語会を市東プロのショップ「レイジー・ボーイ・スキル」や、宮崎県の延岡、日向、青島、日南で催すなど、ビーチサイドで落語を広めながら、サーフィンを楽しんでいる。
落語協会サーフィン部公式 ブログ
写真=朴 玉順( C U B E
文・写真セレクト=小山内 隆

このエントリーをはてなブックマークに追加
今、世界が見つめる中国のハワイ 〜Asian Paradise〜
2019.03.26 / SEAWARD TRIP
海をルーツに “現在アート” のシーンへ 〜Resin Works〜
2019.03.15 / SEAWARD TRIP
この冬、聖地ハワイを騒がせた話題の1本 〜Big Pipe〜
2019.03.10 / SEAWARD TRIP
プラダなど5ブランドから厳選。曇天もパッと晴れる海を感じるモノ
2019.03.04
ビッグサイズを味方につける方法をまだ知らない人へ
2019.04.05
シンプルな無地のようで実はしっかり遊んでいる !?
2019.04.03
フィールドジャケットをタフに着ない術とは
2019.03.30
サーファーらしいチョイスを都会的に着たいなら色使いに目を向ける
2019.03.28
あるとないとじゃ大違い!小物が利くってこういうこと
2019.03.20
タフなアウターの意外な一面を見つけてみよう
2019.03.19
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12