https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2017-0611-1/

Fish Men’s Dream 〜3本フィンだけがサーフボードじゃない〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

ただくつろぐだけでも気持ち良い時間を過ごせ、サーフィンをした瞬間に人生は大きく変わってしまう。ひとつのシーンからそんな海の魅力を発見していくコラム 。
SEAWARD TRIP!

「SEAWARD TRIP」を最初から読む

今回は「Fish Men’s Dream 」

もう随分と長く、サーフボードの市場はスラスターと呼ばれるデザインが多数を占めてきた。ノーズが尖り、テールは四角くなっている形状で、3本のフィンがセットされたデザインだ。
いわばサーフボードの主流派。だから乗り味には安定感がある。〝まったくダメ〞といった駄 作と出合うことは少ない。主流派ではないボードデザインには手を出しづらい、という気持ちもわかる。ただ世に存在するデザインは千差万別。サーフィンの楽しさも、それほどまでに多様なのだ。
近年、日本でも注目されるフィッシュというモデルは、テールが大きくふたつに割れた形状が目を見張るサーフボード。全体的にぼってりとしていて、フィンは2本が基本。スラスターとは乗り味が大きく異なり、その異なる乗り味が、多くのサーファーをトリコにしていった。魅力のほどは、今春発売されたムービー『フィッシュ:サーフボード・ドキュメンタリー』に詳しい。フィッシュを愛する者たちの夢が詰まった作品になっている。

自動車の世界にはF 1レースを頂点に進化を遂げるひとつの側面があるように、コンペティションで勝つことを目標に進化を遂げてきたサーフボードのデザインがスラスターだった。一方のフィッシュは、米国サンディエゴにある、とあるサーフスポットの波を楽しむために生まれたデザイン。誕生のルーツ、進化の系譜がまったく異なるのである。そして『フィッシュ:サーフボード・ドキュメンタリー』には、このフィッシュにまつわる物語が収録されている。

写真=© 2016 F r e e w a y P r o j e c t
文・写真セレクト=小山内 隆

このエントリーをはてなブックマークに追加
海をルーツに “現在アート” のシーンへ 〜Resin Works〜
2019.03.15 / SEAWARD TRIP
この冬、聖地ハワイを騒がせた話題の1本 〜Big Pipe〜
2019.03.10 / SEAWARD TRIP
プラダなど5ブランドから厳選。曇天もパッと晴れる海を感じるモノ
2019.03.04
夏が待ちきれない大人たちへ…サーフやヨットの海な服のススメ
2019.03.03
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12
オーバーサイジングなダウンを着るとき、ほかのアイテムは?
2019.03.11
こなれ感だけではなくモノ選びも説得力高め
2019.03.10
ボリューム感の緩急が引き立つシンプルルック
2019.03.09
家族みんなで楽しんだ爽快ブルートーン
2019.03.08
色と素材で強調した遊び心満点のレイヤード
2019.03.07
スタンダードな装いに 違いを見せる素材使いとは
2019.03.05