https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2017-0609-2/

スゴっ!最新塗料とカンタン塗装術/休日必修科目DIYのABC

このエントリーをはてなブックマークに追加

カナヅチとノコギリを駆使し、家具を作り、自宅の内外装を補修! ——オッサンが目指すべき休日の、あるべき姿のひとつといえるのではなかろうか? DIYのスキルを身につけることは、たくましさと頼りがいを身につけることに他ならない。いざ、こだわりの工具を揃えて、休日必修科目を学んでみよう!

DIYのなかでも、塗装…と聞くと、ハードルの高さを覚える人も多いことだろう。飛び散らないように養生しながら扱う、繊細な化学薬品……しかし「実はすごく簡単なんですよ」と教えてくれたのが、石坂 健さん。空間デザインを手がけるMARU代表で、DIYの楽しさと奥深さを伝える伝道師だ。

バリエーション豊富な最新塗料の世界

「速乾性のものや、人体に影響の少ないものなど、今はいろんな塗料が出ていますから。コツさえ掴んでしまえば、誰でもできますよ。家の内装やインテリアを手軽にカスタムできるので、オススメです」

石坂さんによると、アイデア次第で活用できる面白い塗料も、ホームセンターに数多く並んでいるとか。「たとえば……」と紹介してくれたのが、木材などが鉄の質感に生まれ変わるアイアン塗料に、なんでも書けるチョークボード塗料。これらのスグレモノの実力を教わりながら、塗り方のポイントを教わってみよう!

まずはチョークボードペイント。

「なんでも黒板にできて、実際に書けるんです。今回は鉢植えに塗ってみましょう」

手順さえ押さえれば、塗装はカンタン

ポイントは塗料をよく振ること。中で成分が分離していることが多く、あらゆる塗料にいえることだそう。ハケを使ってまんべんなく塗り塗り。コツは、凹凸やディテールを先に塗っておくこと。難所を先にクリアしておくことで、全体の作業ハードルを下げる大人のアプローチなのだ。

「よく振って、細かい部分から塗りましょう。一度乾いたら、2度塗りか3度塗りすることをオススメします。チョークボードは実際に書いたり消したりするので、耐久性が求められますからね」

ブラックのみならず、ネイビーもあるらしい。やがて完成。というわけで、せっかくだからチョークで何か書いていただきましょう。モチーフはもちろん、オーシャンズということで!

ササッと描いて、このように気の利いたプランターに! 家庭内の連絡ボードや落書きエリアなど、アイデア次第でいろいろ楽しめそうだ。

続いてはアイアンペイント。木材などが鉄の風合いになる、変わりダネの塗料だ。

「綺麗に塗ることがベストだと考えがちですが、こういった塗料の場合、ムラや液だれもいい風合いになります」

1時間ほど乾かしたら、カラー違いのブロンズペイントをちぎったスポンジでこするようにところどころ重ね塗り。そうすることで、アイアン風の質感がさらに高まるのだとか。

かくして園芸コーナーに100円程度で売られている素焼きのプランターが、インテリアショップのこだわりアイテムクオリティに変身! 手間を惜しまなければ、安価にオシャレなアイテムが手に入るということだ。

テクニックを知り、ツールを押さえれば、百戦危うからず

さて、塗装といえばこのような小物にとどまらない。壁や大型家具などそれなりの面積を塗るシーンも考えられるし、それができればDIYの達人に一歩近づける気がする。

「大きいところも小物と同じ考え方で、フチなどを先に塗ることをオススメします。その際に是非活用したいのが、マスキングテープですね。よくある紙テープのほかに、接着部にビニールが最初から付いている便利なマスカーというものもあります。プロの現場でもよく使われますよ」

「マスカーのような大ぶりのテープをフチにあわせるのは難しいので、小ぶりなマスキングテープでしっかり縁取りして、マスカーを重ね貼りするのがオススメです」

これらを塗装前にしっかりと貼っておき、塗料の侵入を防ぐのだ。また塗装面積が大きいものをハケで塗ると時間が掛かるうえ、ハケ目が残ってしまうこともあるそう。

「なので、細かい部分はハケで塗って、あとはローラーを使うといいですよ。手の届きにくい天井や高いところも塗れますからね」

石坂さんによると、これらのテクニックを踏まえておくだけで、実はどんなものも塗装できるという。ツールは100円ショップなどでも購入可能らしい。身構えていた塗装だけど、こんな簡単なテクニックを踏まえるだけで、自分のスキルになっちゃうとは……! いろいろ塗りたくなってきちゃったぞ!!

■教えてくれた人

石坂 健さん
1986 年 埼玉県川越市生まれ。大学を卒業後、商業施設の設計施工監理会社、空間デザイン事務所を経て、2015 年に独立。店舗、住宅、事務所などのインテリアデザイン・プロダクトデザイン・企画・ディレクションなどを行うほか、DIYを学ぶワークショップを多数開催する。

公式Facebook
www.facebook.com/marufactory.design/

※第三回の募集は終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。

■緊急告知! DIYを学びながら、海沿いのカフェをカスタムするイベントを、7月30日(日)に開催!

【募集概要】
日時:7月30日(日)
・10:00 渋谷集合(詳細な場所は当選者にメールでご案内します)
・12:00~13:00 会場到着・昼食
・13:00~15:00 DIY体験
・17:00前後 都内到着・解散
*貸切バスでのご移動か、直接会場にお越しいただくかをお選びいただけます。
*会場には駐車場がございません。お車でお越しの際は、お近くのコインパーキングをご利用下さい。
*交通事情によりやむを得ず、時間が前後することがございます。
場所:神奈川県葉山町「On The COB」
定員:12名
服装:汚れてもいい服装でお越し下さい
参加費:
・雑誌OCEANS定期購読者:2000円(送迎・お食事代含む)
・一般読者:5000円(送迎・お食事代含む)
*雑誌OCEANS定期購読者の方は、お連れ様1名まで2000円で参加できます。
*当日会場にて現金でのお支払いとなります。必ずご用意ください。
*お食事・飲み物をご用意しております。

締め切り:2017年7月1日(土)
*当選者の発表は、メールの発送をもって代えさせていただきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
レインボー倉庫
DIYの秘密基地! アンティーク風家具作りを体験できる「レインボー倉庫」
2019.03.17
DIYをとことん楽しめ! 何でも作れる気がするイケてる道具たち
2019.02.27
自分好みのカトラリー作り。キャンプの暇つぶしに最適なキットを発見した
2019.01.29 / 編集部のめっけMONO
俺だけの逸品を創る。DIY好きなら揃えておきたい便利なツールたち
2018.11.27 / 左脳を刺激する! オッサンIT化計画
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12
オーバーサイジングなダウンを着るとき、ほかのアイテムは?
2019.03.11
こなれ感だけではなくモノ選びも説得力高め
2019.03.10
ボリューム感の緩急が引き立つシンプルルック
2019.03.09
家族みんなで楽しんだ爽快ブルートーン
2019.03.08
色と素材で強調した遊び心満点のレイヤード
2019.03.07
スタンダードな装いに 違いを見せる素材使いとは
2019.03.05