https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2017-0605-1/

出版不況も何のその! 日本でサーフィン専門誌が絶好調な理由とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ただくつろぐだけでも気持ち良い時間を過ごせ、サーフィンをした瞬間に人生は大きく変わってしまう。ひとつのシーンからそんな海の魅力を発見していくコラム 。
SEAWARD TRIP!

「SEAWARD TRIP」を最初から読む

今回は「Magazines for Surf」

出版不況はどこへやら。春先の書店には多様なタイトルのサーフィン誌が並ぶ。今年は「サーフィン ライフ」(ダイバー)が休刊状態から復活し、「サーフマガジン」(トレスクリエイティブ)が新しく立ち上がった。

現在、国内事情にフォーカスした定期刊行物は、先の2誌に「ナルー」「サーフトリップジャーナル」(ともに枻出版)、「ブルー」(ネコ・パブリッシング)を加えた計5誌。それぞれが独自の編集方針を持ち、サーフィンの魅力を発信している。

1980年創刊の老舗サーフィン誌「サーフィンライフ」は、この春に出版元が変わり、偶数月発売の隔月刊誌としてリスタート。働くウイークエンドサーファーの愛読誌となるべく、〝使える1冊〞へ内容も一新した。新創刊の「サーフマガジン」は美しいビジュアルが特徴のカルチャー誌。「ナルー」はロングボーダーの、「サーフトリップジャーナル」は旅好きの、「ブルー」はオルタナな世界観が好きなサーファーの必読誌としてリリースされている。

いわゆるスポーツ専門誌で、これほど多様性を持つジャンルもない。それはスポーツとしての切り口だけでは語りきれないため。ショートボードやロングボードという使用ギアによる属性の違いや、カルチャー、ファッション、ライフスタイルとしての側面も持つためである。

折しも2020年の東京五輪で種目化され、国内での注目は増加の一途にある。これからの海デビューを望む人をはじめ、サーフィンメディアへのニーズは高まりを見せているようだ。

写真=森滝 進( M A K I U R A O F F I C E
文・写真セレクト=小山内 隆

このエントリーをはてなブックマークに追加
今、世界が見つめる中国のハワイ 〜Asian Paradise〜
2019.03.26 / SEAWARD TRIP
海をルーツに “現在アート” のシーンへ 〜Resin Works〜
2019.03.15 / SEAWARD TRIP
この冬、聖地ハワイを騒がせた話題の1本 〜Big Pipe〜
2019.03.10 / SEAWARD TRIP
プラダなど5ブランドから厳選。曇天もパッと晴れる海を感じるモノ
2019.03.04
ビッグサイズを味方につける方法をまだ知らない人へ
2019.04.05
シンプルな無地のようで実はしっかり遊んでいる !?
2019.04.03
フィールドジャケットをタフに着ない術とは
2019.03.30
サーファーらしいチョイスを都会的に着たいなら色使いに目を向ける
2019.03.28
あるとないとじゃ大違い!小物が利くってこういうこと
2019.03.20
タフなアウターの意外な一面を見つけてみよう
2019.03.19
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12