https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2017-0506-1/

The Longest Wave 〜人生で最長の波に乗る〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

ただくつろぐだけでも気持ち良い時間を過ごせ、サーフィンをした瞬間に人生は大きく変わってしまう。ひとつのシーンからそんな海の魅力を発見していくコラム 。
SEAWARD TRIP!


今回は「The Longest Wave」

日常的なサーフィンライフで記録した最長のライディング時間はどれほどだろうか。
もし分の単位で答えられる人がいたら、その人は相当な幸運を持っている。
それほど日本の日常的な波は、ライディングできる距離が短いのである。
対して、長い距離をライドできる波にスナッパーロックスがある。
世界最高峰プロツアーの開幕戦が行われる、豪州ゴールドコーストにあるサーフスポットだ。
3月に開催された今年の試合でも上々のコンディションを見せていたが、さらなる極上の波が近くにあるスポットのキラで炸裂していた。
見ればわかるとおりの、エキスパートオンリーの波。
けれどテイクオフができれば、分の単位に突入して、人生最長の記録を更新しながらサーフしていくことができる。
良い波が良いサーファーを育てるという金言のとおり、豪州がサーフィン大国たる所以が、こうした波の存在。グッドウェーブでのサーフィンで人生を変えてしまった人が、かの国には多いのだ。

スナッパーロックス、キラ、ヌーサヘッズなど、オーストラリアには世界屈指のロングウェーブのスポットが多い。
しかし世界を見渡せば、ニュージーランドやペルーには世界最長級のレフトの波があり、カリフォルニアにはリンコン、マリブ、トラッセルズ、南アフリカにはジェフリーズベイというグッドウェーブが存在している。
日本での日常でサーフィンの腕を磨き、いつかはこれらの波へテイクオフ!
そんな情熱をかけるだけの価値が、人生最長の波にはある。

写真=アンドリュー・シールド www.andrewshield.com.au/cms/
文・写真セレクト=小山内 隆

このエントリーをはてなブックマークに追加
海をルーツに “現在アート” のシーンへ 〜Resin Works〜
2019.03.15 / SEAWARD TRIP
この冬、聖地ハワイを騒がせた話題の1本 〜Big Pipe〜
2019.03.10 / SEAWARD TRIP
プラダなど5ブランドから厳選。曇天もパッと晴れる海を感じるモノ
2019.03.04
夏が待ちきれない大人たちへ…サーフやヨットの海な服のススメ
2019.03.03
Spring Wave  〜今年もビーチタイムの季節がやって来た〜
Tokyo New Island 〜ゴールデンウィークは新島の季節〜
Hand Shaping 〜サーフボードができるまで〜
Discover Taiwan 〜安近短のひとりっぷ〜
Magical Hands 〜サーファーのカラダはサーファーこそが知る〜
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12
オーバーサイジングなダウンを着るとき、ほかのアイテムは?
2019.03.11
こなれ感だけではなくモノ選びも説得力高め
2019.03.10
ボリューム感の緩急が引き立つシンプルルック
2019.03.09
家族みんなで楽しんだ爽快ブルートーン
2019.03.08
色と素材で強調した遊び心満点のレイヤード
2019.03.07
スタンダードな装いに 違いを見せる素材使いとは
2019.03.05