https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2017-0504-2/

Tokyo New Island 〜ゴールデンウィークは新島の季節〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

ただくつろぐだけでも気持ち良い時間を過ごせ、サーフィンをした瞬間に人生は大きく変わってしまう。ひとつのシーンからそんな海の魅力を発見していくコラム。
SEAWARD TRIP!


今回は「Tokyo New Island」

まるでどこかの海外か、日本の南方にある島かと思える美しい海。
しかしこの海がある場所は東京都。 調布空港から空路で約40分、竹芝桟橋からなら高速船を利用して約3時間で着ける新島なのだ。
新島といえば、過去に幾度となくサーフィンの国際大会が開催されてきた場所である。
透明度の高い海がきれいなだけでなく、波はパワフルで、グリッと巻くバレルの上質さに、海外のトッププロたちも多くが充実の時間を過ごしてきた。
いわば日本が世界に誇るサーフアイランドであり、国内のサーファーも一度は訪れたい場所として、この新島の名前を挙げる人が少なくない。
島内で最も有名なサーフスポットは羽伏浦。
そしてそのサーフスポットがある海岸は7 ㎞も続き、サーファーのいないブレイクを見つけることも可能だ。
シーズンのスタートは春。つまりゴールデンウィークをグッドウェーブとともに過ごしたいサーファーには、最高のデスティネーションなのである。

昔ながらの民宿に泊まって、焼き魚がメインの朝食を食べ、いざ海へ。
そんな日本的なサーフホリデーを満喫できる新島には、海外にも知れわたる羽伏浦以外に間々下、淡井浦、ヘリ下といったサーフスポットが点在。
混雑状況、波のコンディションによってパドルアウトする場所を選ぶことができる。
また新島港の近くには24時間利用できる無料の露天風呂があり、サーフで冷えた身体を温めたり、星空を眺めながらの温泉タイムが楽しめる。

写真=高橋賢勇 www.kenyuphotography.com
文・写真セレクト=小山内 隆

次回を読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
今、世界が見つめる中国のハワイ 〜Asian Paradise〜
2019.03.26 / SEAWARD TRIP
海をルーツに “現在アート” のシーンへ 〜Resin Works〜
2019.03.15 / SEAWARD TRIP
この冬、聖地ハワイを騒がせた話題の1本 〜Big Pipe〜
2019.03.10 / SEAWARD TRIP
プラダなど5ブランドから厳選。曇天もパッと晴れる海を感じるモノ
2019.03.04
春のコーディネート。アップデートさせたいワードローブと着こなしのヒント
ビッグサイズを味方につける方法をまだ知らない人へ
2019.04.05
シンプルな無地のようで実はしっかり遊んでいる !?
2019.04.03
フィールドジャケットをタフに着ない術とは
2019.03.30
サーファーらしいチョイスを都会的に着たいなら色使いに目を向ける
2019.03.28
あるとないとじゃ大違い!小物が利くってこういうこと
2019.03.20
タフなアウターの意外な一面を見つけてみよう
2019.03.19
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12