https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2017-0423-1/

Magical Hands 〜サーファーのカラダはサーファーこそが知る〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

ただくつろぐだけでも気持ち良い時間を過ごせ、サーフィンをした瞬間に人生は大きく変わってしまう。ひとつのシーンからそんな海の魅力を発見していくコラム。
SEAWARD TRIP!


今回は「Magical Hands」

痛いところに必ずしも原因があるわけではない。
地 元・鵠沼界隈で”ボンド”と呼ばれる大木院長はそう言った。
実際、何年にもわたって腰痛を患い、海に入れていなかったサーファーは、ふくらはぎの外側、太腿の内側をほぐしてもらうことで悩める日々から解放された。
腰にはほぼ触れられることなく完治したのである。
「痛みのある箇所に原因があることは、ほとんどありません。あくまでサインであって、痛みのもとを探してケアするのが僕の仕事。年齢的に若く、精力的に動けるはずの人のカラダを動けるようにしたいんです」
見て、触って、即座に患部を見抜く眼力。
力を入れていないのに”利く”施術。しかも自らがサーファーであるからプロサーファーもよく訪れる。
過去に日本でサーフィンの国際大会が行われたときには、海外のトッププロからも施術を求められた。
柔道整復師としての技量にサーファーの感覚が加わり、特別なスキルを持つ存在となって、国境を越えていったのだ。

知人に”ボンド”と呼ばれるサーファー、大木亘院長のボンド整骨院は、小田急線・鵠沼海岸駅の近くにある。
サーファーのカラダを知り尽くし、肩甲骨や脇腹の施術は、「パドリングが大きく変わる!」とサーファーの間で大人気。また海までわずかな場所にあることから、波があるときにはよく診療の前にサーフィンしているという。

ボンド整骨院
神奈川県藤沢市鵠沼海岸1-14-18 シーフラワーコーポI 1B
0466-76-7493
予約制

写真=高橋賢勇 www.kenyuphotography.com
文・写真セレクト=小山内 隆

次回を読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
この夏、世界が日本にやってくる 〜Meet The World Surfing〜
2019.02.20 / SEAWARD TRIP
サーフボードも定額制の時代 〜Surfboard Sharing 〜
2019.02.15 / SEAWARD TRIP
元祖海男、マーシーみたいなサーファーになるためのギア
2019.02.14
“好き”を追求する人生 〜Orange Man〜
2019.02.11 / SEAWARD TRIP
全身オーバーサイジングで“トレンドを纏う”
2019.02.20
ライダーズ×タック入りパンツを使った技巧派フォルム
2019.02.20
ブラックインナーで引き締める、ゆったりシルエット
2019.02.20
定番かつ存在感あり。トートとコンバースで大人カジュアルに
2019.02.20
ミリタリー全開の気分には、パーカとパンツで“太さ”を楽しむ
2019.02.20
無骨なオリーブ×オフホワイトで“優しいけど頼れるパパ”に!
2019.02.19
カジュアルに潜む上品さの源は? ハイブランドのワイドパンツ
2019.02.19
定番色で作られた、清潔感あるストリートスタイル
2019.02.19
古着派の絶妙なこなし方。黄色いスニーカーでポップさを投入!
2019.02.19
グレー基調のベーシックな装いを、ワイドパンツでフレッシュに
2019.02.19
お堅いコートも挿し色と小物で自分らしい装いに変化する
2019.02.18
ノーブルな装いに光るアイテム。フリースのキャップにやられた!
2019.02.17