https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2017-0207-1/

パクチー好き必食!“パクだく・追いパク”推奨の絶品みぞれ鍋

このエントリーをはてなブックマークに追加

巷ではパクチーがブームになっているらしい。ブームと聞けば、それを試さずにはいられないOC世代に、OCEANS看板モデルの三浦理志が、山盛りパクチーを食べるためのレシピをご紹介。

「ミウラメシ」を最初から読む

自分で大量に育てているほどのパクチストである三浦マーシー。このメニューもパクチーをたくさん食べるために考案したもので、具にも薬味にもこれでもか!ってぐらいパクチーを使用。具材の肉団子と豆腐は、揚げてから入れるのがちょっぴり面倒だが、手間の分だけ絶対にウマい、そんなアレンジ鍋メニューだ。

【今回のメニュー】
パクチーみぞれ鍋

【材料(2~3人分)】

白菜 3枚程度
長ネギ 1本
しめじ 1パック
豆腐 1丁
パクチー 3~5パック
有頭エビ 3尾
ハマグリ 3個
だし汁 500cc(市販のだしの素を活用)
大根おろし 1/4本分
醤油 50cc
みりん 50cc
ナンプラー 大さじ2
鷹の爪(小口切り) 1本
ニンニク(薄切り) 1片
片栗粉 適量
サラダ油 適量
レモン、一味唐辛子 各適量

◆A/肉団子
鶏ひき肉 200g
長ネギ(みじん切り) 1/2本
パクチー(みじん切り) 1/2パック
卵 1個
塩・コショウ 各少々

【作り方】

◆1
ボウルにA をすべて入れ、粘りが出るまで手でよく混ぜ合わせたら、大さじ2杯分ぐらいずつをすくって手で丸くまとめ、肉団子を作る。

三浦「パクチーは茎まで全部使用。肉団子にもたっぷりと!」

豆腐は布巾やペーパータオルなどで包み、水気を切ったら6等分に切る。

三浦「豆腐は揚げる前に水切りを。布巾などで包み、重しを載せればOK。」

◆2
1の肉団子と豆腐に片栗粉をまぶす。

◆3
揚げ鍋もしくはフライパンにサラダ油を入れて180℃に熱したら、2の肉団子を入れて4~5分、色よくカリッとするまで揚げて取り出す。続いて、2の豆腐を入れ、カリッとするまで揚げたら取り出す。

三浦「揚げた肉団子と豆腐がスープをさらにウマくする!」

◆4
鍋にだし汁、大根おろし、醤油、みりん、ナンプラー、鷹の爪、ニンニクを入れて弱火にかける。

三浦「実は大根おろしを入れたみぞれ仕立て。カラダがあったまりまっせ~。」

◆5
4の鍋が温まってきたら、ひと口大に切った白菜、長ネギ、しめじ、背ワタを取ったエビ、ハマグリ、3の肉団子と豆腐を入れてさらに弱火で15分ほど煮込む。仕上げに、食べやすい長さに切ったパクチーをたっぷり加えてしんなりしたら出来上がり。お好みでレモンの搾り汁、一味唐辛子をかけ、さらにパクチーを足しながら召し上がれ。

三浦「パクチーは全部鍋に入れずに少しずつ足しながら食べてね。」

肉団子と豆腐を揚げたことでスープにコクが生まれて、大根おろしと絶妙に絡み合い絶品! そして、いざ食べるときは、ぜひともつゆだくならぬ“パクだく”で。鍋で煮込むのとは別に用意しておいたパクチーを、好きなだけ“追いパク”するべし。〆は、うどんがおすすめだ! 正月に余った餅を揚げて入れるってのもアリ!

みんな、うまい、らくちん! の頭文字をとった「ミウラメシ」。こんな料理を家族にふるまえば、オトーチャンの株も上がるってものではないだろうか!

<三浦理志 プロフィール>

OCEANS本誌モデル。愛称はマーシー。仕事のかたわら“サーフ&ノーフ”の生活を実践中。隙間を見つけては波乗りを楽しみ、数年前からは、通称「三浦農園」で収穫した野菜を使ってキッチンで腕を振るっている。

三浦理志=料理 渡辺修身=写真 中里真理子=スタイリング

次回を読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
念願の中華鍋を豪快に振り回して作る「ラーメン屋のチャーシューチャーハン」
2018.10.06 / ミウラメシ
秘密のゴールデンオニオンソースが美味すぎる! これぞ男の「ポンドステーキ」だ。
2018.09.03 / ミウラメシ
夏バテ気味でもサラサラ食べられる! マーシー流・手羽先スープ
2018.08.06 / ミウラメシ
オッサンを猛暑から救う、夏野菜たっぷり「漬けそうめん」レシピ
2018.07.14 / ミウラメシ
シンプルなアイテムにさりげない遊び心。大人ってそういうこと
2018.10.09
ギャルソンを堪能するためのストイックなシンプルスタイル
2018.10.06
タフで無骨。オールドスクールなヘリテージカジュアル
2018.10.03
青。色使いに長けたブランドの持ち味を楽しむ
2018.09.30
「旅」を感じる大人のバイカーズカジュアル
2018.09.28
ヴィンテージならではのシワ感とサイジングで”味”を味方に
2018.09.24
ゴキゲンな色とモノ選びで装うことを楽しむ!
2018.09.22
ナチュラルな色みでモスト・ユルユル・ジャケットスタイル
2018.09.20
手首と足首を見せれば、クリーンな装いでも……
2018.09.18
テイストの異なるアイテムを思いきってマッチアップ
2018.09.16
白シャツでチルがサマになる、モノ選びと小さなテクニック
2018.09.14
ほっこりニットで”ゆるカジ”は簡単に手に入る !?
2018.09.12