2021.09.18
LEISURE

ストレス低減、夫婦円満。子育て中の30代に、ランニングが大切な時間になる理由

岩淵 京 
「Running Up-Date」とは……

大学まで野球一筋だった岩淵 京さんが走り始めたのは、野球部を引退後、卒業旅行を兼ねてホノルルマラソンに挑戦したことがきっかけだ。

「4時間17分という平凡なタイムでしたが、面白かったですね。以来、年イチのペースで大会にエントリーするようになりました」。

しばらくは試験勉強のように、レースが近づいてくると走り始めるという、間欠的なランナーだった。

走ることに本気でのめり込むようになったきっかけは、トライアスロンに挑戦してから。同僚に誘われるまま、「トライオン」というトライアスロンチームの練習会に参加したのだが、それが日本有数のハイレベルな猛者が集うチームだったのだ。

妻との出会いをきっかけに、ランニングに目覚める

「そこで今の妻と出会ったのですが、彼女以外にも50代なのにバリバリやっている先輩方がいて、自分がヒーヒー言いながらやっとの思いでついていける練習を、こともなげにこなしていたんです。『格好良いな、こういう歳の重ね方をしたいな』と、スイッチが入りました」。

岩淵 京 

ちなみに、岩淵さんの奥様はプロのトライアスリートであり、2児の母親でもある。

そんな奥様と一緒にトレーニングするようになって、走ることが日常になり、2015年の東京マラソンでは2時間51分のベストタイムをたたき出した。

「走ることは決して得意ではないんですけど、好きなんです。特に走ったあとのリフレッシュ感というか、小さなモヤモヤ程度なら、走るだけでどこかに消えてしまうじゃないですか。

これがロードバイクだとグループで走ることが多いし、とにかくついていくのに必死。スイムはスイムで厳しい練習メニューが組まれるので、それをひたすらこなすので精一杯。

そう考えると、ランニングがいちばん自由で、いろいろなことを考える余裕があるんですよね」。

NEXT PAGE /

夫婦円満の秘訣は、“お互いのトレーニング時間”を尊重すること

現在は下の子供が生まれたばかりで、育休を取得中という岩淵さん。

夫婦ともに自宅で過ごす時間が増えているが、ランニングや有酸素運動をすることがお互いのストレスレベルを大きく下げてくれている。

岩淵 京 

「家を空けてトレーニングしている間はお互いのプライベートな時間。ランニングって自分だけの時間になりますからね。お互いがお互いのトレーニング時間を意識して、そこから逆算して行動しているので、メリハリもつけやすいんです。

子供をランニングバギーに乗せて一緒に走ることもあれば、長女が自転車、自分がランニングというパターンで体を動かすこともありますよ」。

とはいえ、トレーニングに割ける時間の絶対量は落ちているので、最近はもっぱら短時間で終えられる強度の高いメニューが中心だ。

岩淵 京 

「400mや1kmのインターバル走を週2回ペースで行っています。短時間高負荷のトレーニングは、嫌いでもあり、好きでもある(笑)。絶対にキツいことはわかっているので、走る前は憂鬱ですが、いざ終わってみると、達成感は段違いですからね」。

NEXT PAGE /

育児も家事もトレーニングもこなせるシューズはこの一足

そんな岩淵さんが選ぶランニングギアは、オンが中心だ。2015年の東京マラソンでも、オンで自己ベストを達成するなど相性が良い。

岩淵 京 

「このオンのクラウドは、子供が生まれるまではどちらかというと普段履き用にしていました。

でも、子供が生まれてからはトレーニングと私生活がシームレスになってきて、走ったあとにそのまま公園に出掛けたり、買い物に行ったりすることも珍しくない。普段使いもできるデザインのクラウドが、今のライフスタイルに合うんですよね」。

マイルールは、ウェアのブランドをその日履いているシューズのブランドと合わせること。例えばナイキの厚底系モデルを履くこともあるので、そんな日はウェアもナイキでコーディネイトする。

岩淵 京 

「オンのウェアはシンプルでスタイリッシュなのに、ほかにはない個性がしっかりあるのが良いですよね。似ているブランドがない。

とりわけ、タンクトップはめちゃ気に入ってます。着心地がエアリーで、汗っかきな自分でもベタつき感が皆無。まるで何も着ていないかのような感覚です。おまけに黄色がフェイバリットカラーなので、もう全方位的に完璧」。

NEXT PAGE /

シャワーは1日3回。だからシャンプーにもこだわる

腕には見慣れないベルトが装着されているが、これは最近増えてきたアームベルト型の心拍計だ。

岩淵 京 

「春先からこのタイプに乗り換えました。これまでは胸ベルトの心拍計を使用していましたが、キツめに締め付けないとズリ落ちてくるのがストレスだったんですよね。トレーニングでは心拍計測が必須なのに、使いそびれるようになってしまって。

これを使うようになってから数値のブレもないし、不快感もありません。負荷の高いインターバル走でも、しっかり活躍してくれています」。

もうひとつ、岩淵さんのトレーニングを支えるアイテムが、プロのトライアスリートである奥様が使っているのをマネて、手放せなくなってしまったという馬油のシャンプーだ。

岩淵 京 

「横浜馬油商店という専門店のもので、詳しい成分まで理解したうえで使っているわけではないのですが、これを使うようになってから頭皮の調子がいいんです。

普通の人よりもシャワーを浴びる回数が多いからか、市販のシャンプーだとかゆみが出たり、運動中に汗で蒸れるのが気になっていたんですよね。馬油シャンプーは保湿力が高いからなのか、不純なモノが混じってないからなのか、頭まわりのストレスがなくなりました」。

岩淵 京 

細切れで時間を見つけて走ることが、2児の父である岩淵さんの、現在のスタイル。ランニングはストレス解消はもちろん、家族が円満に過ごすうえでも、大切な自分時間なのだ。

そして、それを支える愛用ギアの存在も、決して「無視できないキーポイント」になっている。

岩淵 京 

RUNNER’S FILE 44
氏名:岩淵 京 
年齢:33歳(1988年生まれ)
仕事:大学職員
走る頻度:週3日、1時間程度
記録:フルマラソン2時間51分(2015年、東京マラソン)、トライアスロン・アイアンマン10時間36分(2016年、アイアンマン北海道)

連載「Running Up-Date」一覧へ

「Running Up-Date」
ランニングブームもひと昔まえ。体づくりのためと漫然と続けているランニングをアップデートすべく、ワンランク上のスタイルを持つ “人”と“モノ”をご紹介。街ランからロードレース、トレイルランまで、走ることは日常でできる冒険だ。 上に戻る

礒村真介(100miler)=取材・文 小澤達也=写真

# Running Up-Date# オン# トライアスロン# ランニング
更に読み込む