2021.08.25
LEISURE

スケーター堀米雄斗が、東京五輪で世界一になる4年前に語った5問5答

当記事は「FINEPLAY」の提供記事です。元記事はこちらから。

2017年3月17日(金)、JASA(JAPAN ACTION SPORTS ASSOCIATION/日本アクションスポーツ連盟)は年間を通じてアクションスポーツ(サーフィン、スケートボード、スノーボード等)で活躍したライダー、アクション スポーツの発展に貢献した人物やイベントを表彰する『JAPAN ACTION SPORTS AWARDS 2017』を東京・原宿クエストホールにて開催した。

SKATER of the YEAR男性部門を受賞した堀米雄斗(ほりごめ ゆうと)のスペシャルインタビュー。

 

――SKATER of the YEAR男性部門に選出された今の気持ちを教えてください。

堀米 一昨年も選ばれたんですけど、今年もなれてすごい嬉しいです。

――2017年に定めている目標は?

堀米 今年目標にしている大会は、Tampa Am (タンパアマ)優勝とSTREET LEAGUE(ストリートリーグ)に出れたら出て上位の成績を収めたいです。

――海外のコンテストで勝ち続けることで大切だと思うことは?

堀米 心がけているのは、大会の時にあんまり緊張しないで自分の技をちゃんと出し切ることを毎回心がけていますね。

――今後の目標や展望を教えてください。

堀米 今後の目標はアメリカでプロになって、STREET LEAGUE(ストリートリーグ)で優勝したり、あと誰もが認めるやばいパートを残したいです。

――応援・サポートしてくれる人へメッセージ

堀米 いつも応援してくれてありがとうございます。これからも頑張るので応援よろしくお願いします。

 

取材協力=JASA

記事提供=FINEPLAY

# スケートボード# ファインプレイ# 堀米雄斗
更に読み込む