2021.02.23
LEISURE

できたらスゴい「フロントサイド180」。コツをプロに聞いてみた

当記事は「FINEPLAY」の提供記事です。元記事はこちら

スケーター、佐川涼選手による「フロントサイド180練習方法」。

「2017AJSAプロツアー年間王者」、「FISE WORLD SERIES HIROSHIMA 2019優勝」など日本を代表するスケーター、佐川涼選手による「フロントサイド180練習方法」。

今回はオーリーをしながら体と板を同時に180度回転させる、フロントサイドトリックに共通する基本トリック「フロントサイド180」を徹底解説します。

NEXT PAGE /

フロントサイド180のスタンス

<スタンスのポイント>
前足の位置:ビスの少し後ろで、オーリーよりつま先を出します
後足の位置:力が加わりやすいようにテールの真ん中に置きます

トリック解説

<ポイント1>
目線は板のノーズ部分。力を加えるためにしゃがみます。

<ポイント2>
重心:板の真上に置き、つま先に力を加えます

<ポイント3>
後足でテールをたたき、同時に自身も上にジャンプします。

<ポイント4>
前足は足首を寝かせてすり上げ、上半身から反時計回りに回転。後足は板が上がってくるのを邪魔しないように折りたたみます。

NEXT PAGE /

練習方法

<順番に練習しよう>
いきなり180度回るのは難しいので、90度、120度と徐々にチャレンジしていき、最終的に180度回れるように練習しましょう。

ポイント

<失敗例>

フェイキースタンスに慣れていないと詰まってしまいます。着地の時の重心は板の真上です。

さあ、スケボー初心者もこの練習法でチャレンジしてみよう!

 

Tomohiko Sumi=撮影・編集

記事提供=FINEPLAY

# スケート# トリック# ファインプレイ
更に読み込む