2020.10.24
LEISURE

「ウェアはザ・ノース・フェイス一択」30代デビューのランナーの長距離愛用アイテム

ランニング

「Running Up-Date」とは……

「やったらやっただけ、記録が伸びるのがいいところですよね」。

走ることの魅力をそう語ってくれた池 大輔さんは、ランニング歴8年ほど。某有名スーツ専門店で商品企画を担当し、国内外を忙しく飛び回りながらも、フルマラソンの記録をコツコツと伸ばし、3時間15分を切るまでになった。

途中で伸び悩みもあったというが、その際に「レース後半に脚が止まってしまうことがあったので」と自己分析。前編でお伝えしたとおり、トレーニングの頻度を減らす代わりに、一度に走る距離を伸ばすことでプラトー期を脱した。

レース前は複数回、ホームコースの多摩川にて30km走をこなす。そして、距離が長くなればなるほど、ウェアに求められる機能性もシリアスになってくる。

選ぶのは、いつも決まって「ザ・ノース・フェイスのウェア一択」なのだとか。

ランニング
ウェアはザ・ノース・フェイス。腕時計はガーミンの「フォアアスリート230J」。ガーミンはセットアップスタイルにも違和感のないシンプルなデザインで、それどこの?とよく聞かれるそう。電池の持ちがいい点もお気に入り。

「ザ・ノース・フェイスはアウトドアブランドですが、ランニング用のウェアも手掛けています。登山シーンを背景に持つだけあって、ほかのメジャーなスポーツメーカーのウェアに比べて、撥水性や吸水速乾性がより優れている実感があるんですよね。

ボトムスもストレッチが効いていて快適。アウトドアもののほうが、純粋なスポーツメーカーのウェアよりも動きやすいですし」。

いつかはトレイルランをやってみたいとも考えているので、それもザ・ノース・フェイスに目が向く理由だ。

トレイルランは荷物が多くなるため、ウェアの収納性にも工夫が凝らされ、研鑽が積み重ねられている。

ランニング

「ボトムスの完成度はとくに飛び抜けていると感じます。自分にとって、ボトムス選びではスマートフォンが調子よく収まることが必須になります。

夏場に30km走をするときは、途中で電車に乗って戻ったり、コンビニで補給のための買い物ができたりという“保険”がかけられると安心なんですが、それも今はスマホひとつあれば事足ります。

音楽のプレーヤーにもなりますし。ザ・ノース・フェイスはスマホ専用のポケットが設けられていて、しかも揺れにくい作りだからストレスフリー。今はもうほかのボトムスは考えられません」。

NEXT PAGE /

長距離走ならアシックス、スピード養成ならナイキ

シューズも走る距離に応じて履き分けている。

ランニング
長距離用にしている、アシックス「ターサーエッジ」。

「今まではずっとアシックスのシューズを愛用してきました。この『ターサーエッジ』は距離を踏むとき用のモデルで、超軽量のモデルながら意外と反発力があって、自分の筋力でロング走をするときにはぴったりなんです。マラソン大会にもこのシューズで参加するのですが、最近はちょっと違うシューズも試していまして……」。

シリアスランナーの世界では、今やカーボンプレート内蔵の厚底ランニングシューズが「自己ベストを更新できる」と大きな支持を集めている。

この潮流を生み出したのはご存じナイキだ。

ランニング

「だから、いつかはカーボンプレートを搭載したナイキの『ズームフライ』シリーズを履いてみたいと思っていて。そのための慣らし運転用として『エア ズーム グラビティ』を試しています。これはカーボンプレートが入っておらず、比較的価格が抑えられたモデル。

メインターゲットとして、主に中高生を想定しているのだと思いますが、ズームフライに似た感覚のこのモデルで上手くいったらカーボン入りを試してみようかな、と。確かにスピードが出しやすいですね。

自分はかかと着地で走っているのですが、このシューズだとトップランナーのようにつま先着地のフォアフット走法で走ってもふくらはぎのダメージが少ない気がします」。

当面の目標はフルマラソンで3時間10分を切ること。そして「サブスリーを達成してみたいですね」。

NEXT PAGE /

30km走のときに仕込む隠れアイテムとは?

ランニング

「ギア関係は自分に合うものを選んでいます。イヤフォンはボーズの『サウンドスポーツ フリー ワイヤレス ヘッドフォン』で、ひと世代前のモデルのようですが、耳にしっかりフィットしてズリ落ちることはありません。

アップルの『エアポッズ』だと、耳の穴が大きいからなのかすぐ落ちちゃうんですよ。ボーズは長時間装用でも耳の穴が痛くならず、30km走っても平気です。防水性もよく、雨が降っても問題ありません」。

ちなみにレース前は雨が降っていようがトレーニングをするのだそう。前述のザ・ノース・フェイスのウェアは、雨が降ったときによりくっきり機能性を感じられるとのこと。

「一方で、ピーカンのときはサングラスが欠かせません。自分は目の色素が薄いのか、まぶしさに弱くって。これはグダーのサングラスです。

軽くて、遮光性も高く、ランニング用として凄く良い。カジュアルなデザインで普通に格好いいですし」。

ランニング

もうひとつ、長距離走やレースのときのスペシャルアイテムがある。それはワセリンだ。

「薬局で売っている一般的な白色ワセリンを、足の指の間や脇、胸などに塗り込みます。肌を保護して、スレによる痛みを予防してくれるんですよね。これをやっておくと全然痛くなりません」。

目標達成を目指して、ギアやトレーニングをあれやこれやと試行錯誤するのがまた楽しい。打ち込める趣味を持つことは、いつもの毎日を確実に豊かにする。その点、トライ&エラーと成果がストレートかつフェアに出てくるランニングはうってつけではないだろうか。

おまけに体力もアップするし。ゆるく走っても、マジになっても楽しいのだから、ランニングは奥が深いのだ。

ランニング

RUNNER’S FILE 20
氏名:池 大輔 
年齢:38歳(1981年生まれ)
仕事:スーツ専門店 商品企画
走る頻度:レース前は週5、オフ期間は週3
記録:フルマラソン 3時間14分(2020年、勝田全国マラソン)

「Running Up-Date」
ランニングブームもひと昔まえ。体づくりのためと漫然と続けているランニングをアップデートすべく、ワンランク上のスタイルを持つ “人”と“モノ”をご紹介。街ランからロードレース、トレイルランまで、走ることは日常でできる冒険だ。 上に戻る

連載「Running Up-Date」一覧へ

礒村真介(100miler)=取材・文 小澤達也=写真

# Running Up-Date# アシックス# ザ・ノース・フェイス# ナイキ# ランニング# 池大輔
更に読み込む