みんなの“欲しいモノ”を徹底特集! 「2020年、これ始めます」カタログ Vol.43
2020.02.22
LEISURE

クラブは“7本”で。西海岸の楽しげなゴルフスタイルを日本でも!

キャディバッグの中の14本のクラブ。だが実際のプレーで、はたしてその14本すべてを使っているだろうか。今一度「本当に必要なもの」を見直す。その姿勢はゴルフのみならず、僕らに新たな気付きを与えてくれる。

それを教えてくれたのは、ビームス ゴルフチームだ。西海岸の楽しげなゴルフスタイルを日本でも!

 

ゴルフ改革は働き方改革?

「西海岸で新たなゴルフスタイルが生まれてきています。その熱は、インスタのムーブメント(※1)を見ればひと目でわかりますよ!」(ビームス ECマネージャー/遠藤秀幸さん)

「西海岸で新たなゴルフスタイルが生まれてきています。その熱は、インスタのムーブメント(※1)を見ればひと目でわかりますよ!」
インスタのムーブメント(※1) ウェアブランドをはじめ、ゴルフコースやギアカスタムのコミュニティなどなど……ぜひチェックを。 [左]今回イチ押しのウェアブランド、リンクソウル。Instagram@linksoul [中]こちらは(※4)で紹介しているマルボンゴルフ。Instagram@malbongolf [右]クラブやシューズのコラボを手掛けるゴルフヘッズというコミュニティのアカウント。Instagram@golfheadz

そう教えてもらって、早速いくつかのアカウントを覗いてみた。確かにそこには、僕らが考えるゴルフの概念を覆す、クールなビジュアルが並んでいる。ウェアはもちろん、ギアもプレースタイルも、今までと全然違う。肩の力が抜け切っていて、心から楽しそうなのだ!

まずは見た目にわかりやすい、ウェアからチェックしよう。注目ブランドの筆頭はリンクソウル(※2)だ。

シックな色みのジップアップニット、芝にも海にも街にも対応する細畝コーデュロイキャップ、「争わずにパーを取れ」とプリントされた傘。/リンクソウル
リンクソウル(※2) [上左]シックな色みのジップアップニット。薄手のコットン素材を採用。各1万2000円、[上右]芝にも海にも街にも対応する細畝コーデュロイキャップ。ほんのり漂うストリート感がいい。4000円、[下]傘には「争わずにパーを取れ」とプリント。ゴルフは相手と戦うのではなく自分との戦いである、という意味の、ゴルフ界に伝わる格言だ。1万2000円/すべてリンクソウル(ビームス&ウィンズ 有楽町 03-5221-6001)

「ゴルフアパレルの大御所デザイナー、ジョン・アシュワースが手掛けるサンディエゴ発のブランド。都会的でスマートなデザインが魅力です」。(遠藤さん)

その言葉のとおり、街でも着こなせるデザイン(※3)のウェアがずらり。落ち着いた大人らしさがあるのは、ジョン・アシュワースならではの手腕であろう。

街でも着こなせるデザイン(※3) [左]ニットキャップにタイダイのパーカ。サーフなテイストも感じさせるコーディネイト。(ビームス ECマネージャー/遠藤秀幸さん)、[中]アーシーで大人なカラーリング。ブルゾンはリンクソウル×ビームス ゴルフ。(ビームス ゴルフ 小田急ハルク店・ショップマネージャー/山下裕亮さん) 、[右]スウェット&チェックパンツのトラッド風味のなかに、エアジョーダンのゴルフシューズでアクセントを。キャップとスウェットは、LA発のマルボンゴルフとビームス ゴルフのコラボだ。(ビームス&ウィンズ 有楽町・スタッフ/高橋隼人さん)

そのほか、遊び心満載のデザインで人気を博しているLAのマルボンゴルフ(※4)や、大阪のセレクトショップのオリジナルであるクラブハウスなども、ぜひ知っておいてほしいブランドだ。

広告代理店のアートディレクターという経歴を持つ、スティーブン・マルボンによるブランド。
マルボンゴルフ(※4) 広告代理店のアートディレクターという経歴を持つ、スティーブン・マルボンによるブランド。LAのフェアファクスにショップを構えている。パーカ1万6000円、スウェット1万4000円/ともにマルボンゴルフ×ビームス ゴルフ(ビームス&ウィンズ 有楽町 03-5221-6001)
NEXT PAGE /

こんな街着感覚のウェアで、カジュアルにプレーするのが西海岸流。ゴルフ場へ向かうのもクルマではなく気軽な電車での移動(※5)を提案したい。

気軽な電車での移動(※5) クラブを吟味してコンパクトなゴルフバッグを持てば、電車移動もご覧のとおりのスマートさ。東京周辺なら、荒川や多摩川沿いに気軽な河川敷コースがいろいろある。午後半休して、平日昼間からちょいとコースへ。行きは早起き、帰りはお疲れのクルマ移動はもうできない!?

「僕らは“クラブは7本”と決めています。もちろんゴルフバッグも軽量タイプです」。(遠藤さん)

そう、プロがトーナメントで使うような大型のキャディバッグは必要ない。タオルやグローブなどは“外見せ収納”にしてアクセサリー感覚で楽しむ(※6)。そんな工夫をいろいろと試してみることが、新たなゴルフスタイルの発見につながるのだ。

アクセサリー感覚で楽しむ(※6) タオルやグローブをぶら下げればぐっと楽しい感じに。これ、小物の見直しにもつながるはず。キャディバッグに入れっぱなしの大量のボールやティ、予備のグローブやキャップ、雨具の心当たり、あるでしょ? [左下]タオル4000円/レウス×ビームス ゴルフ(ビームス&ウィンズ 有楽町 03-5221-6001)

西海岸のゴルファーたちはコースでのラウンドぶりも振るっている。ジョン・アシュワースがオーナーを務めるサンディエゴの「ゴートヒル・パーク(※7)」。コースには陽気な音楽が流れ、子供を連れて行っても、犬を連れて行ってもOK。カジュアルさ全開のオープンコースだ。

かつての厳しいドレスコードもずいぶん緩和され、日本のゴルフシーンも相当カジュアルになってきた。とはいえ、アメリカとの差はやはり大きい。

ゴートヒル・パーク(※7) パー65という短いコースだが、パー4のコースは9つ、パー5のホールも1つある。平日のラウンドは$28、週末でも$34。コース料金もかなりカジュアルなのだ。実はサンディエゴ最古のゴルフ場でもある。
NEXT PAGE /

また古くからゴルフアイテムを作り続けているヘリテージ系ブランド(※8)のリニューアルやコンセプト刷新も盛んに。

ヘリテージ系ブランド(※8) ヘリテージ系の代表格が、メイド・イン・オレゴンにこだわりを持つシェイマスゴルフ。ヘッドカバーは一点一点専属の職人の手で作られ、ハンドメイドのメイド・イン・USAならではの味わい深さが魅力。左はコーデュラナイロン、右はウール生地を使用。[左]2万8000円、[右]1万8500円/ともにシェイマスゴルフ×ビームス ゴルフ(ビームス&ウィンズ 有楽町 03-5221-6001)

さらにはサーフ&ターフを実践する西海岸らしく、著名なサーフィン誌が兄弟誌として(※9)ゴルフ誌を出していたりする。

サーフィン誌が兄弟誌として(※9) カリフォルニア州サンクレメンテを拠点とする『ザ・サーファーズ・ジャーナル』の兄弟誌が、こちらの『ザ・ゴルファーズ・ジャーナル』。美しいビジュアルで構成された誌面をぜひ一度ご覧あれ。各3300円/ビームス&ウィンズ 有楽町 03-5221-6001

「とにかくゴルフは気楽に。仕事の前後にジムやバーに行くような感覚で、コースや練習場に向かうスタイルを提案したいですね」。(遠藤さん)

ビームス&ウィンズ 有楽町(※10)を訪れて、ぜひその新しいスタイルに触れてみてほしい。夕方から、同僚とサクッとハーフラウンド。ゴルフの見直しは、もしかしたら僕らの働き方を見直すことなのかもしれない。

西海岸由来の新しいゴルフスタイルを試してみたい。そう思ったらまず、ビームス&ウィンズ 有楽町に足を運ぶといい。
ビームス&ウィンズ 有楽町(※10) 西海岸由来の新しいゴルフスタイルを試してみたい。そう思ったらまず、この店に足を運ぶといい。今回紹介したブランドのほかにも最新のゴルフアイテムがずらりと揃っている。会社帰りに一度寄ってみては。

ビームス&ウィンズ 有楽町
住所:東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル1F
電話番号:03-5221-6001
営業:11:00〜20:00 不定休
www.beams.co.jp/shop/ywg

 

鈴木泰之=写真 加瀬友重=文

# ゴルフ# ビームス&ウィンズ 有楽町
更に読み込む