熊谷隆志のお洒落で悪いか! Vol.36
2019.12.26
LEISURE

好きすぎてもはやコレクターの域に。熊谷隆志のシュプリーム愛について話そう

ファッションを軸にライフスタイル全般への好奇心が止まらない。高い感度と鋭い観察眼を持った熊谷隆志が日々直感する瑞々しい「お洒落」をモノ・コト・ヒト、全方位的にピックアップ。誰に何をいわれようが、オーシャンズ世代の先頭をただ突っ走るオトコを、今月も追いかけてみた。

僕はスケーターではないけれど、スケーターファッションが大好き。なかでも「シュプリーム」は別格で、毎シーズンさまざまなアイテムを購入し、毎日のスタイルにコーディネイトして着ています。

今回は僕のコレクションの一部をご紹介しつつ、マイ・スタンダードともいえる「シュプリーム」への愛を語ろうと思います。

今回は僕のコレクションの一部をご紹介しつつ、マイ・スタンダードともいえる「シュプリーム」への愛を語ろうと思います。
心の底からI ♡ Supreme! おじいさんになっても絶対着るぞ!

最高にファッショナブルな唯一無二のブランド

「シュプリーム」は1994年にNYでスタートしたブランドですが、初めてマンハッタンのラファイエットストリートにあるショップを訪ねたとき、あまりの格好良さに衝撃を受けたのを覚えています。スケーターや自転車乗りたちが集まって活気に溢れ、年配の元スケーターみたいな男性たちが上手に「シュプリーム」を着こなしていて感動しました。

熊谷連載2001-1
2001254_191023_oceans0014
J.F.ケネディのプリントが抜群にお洒落。
2001254_191023_oceans0019
着古したTシャツを自分でリメイクしたもの。
2001254_191023_oceans0052
’90年代っぽいモノクロ写真がとてもクール。
2001254_191023_oceans0056
チロリアンテープが懐かしいムード。
2001254_191023_oceans0059
クラシックな書体でプレッピーに。
2001254_191023_oceans0062
「目」プリントの不思議デザインシャツ。
2001254_191023_oceans0065
映画『魔人ドラキュラ』のシーンをプリント。
2001254_191023_oceans0070
胸のプリントがかすれて、まるで古着のよう。
2001254_191023_oceans0072
こんなベーシックな柄のニットもおすすめ。
2001254_191023_oceans0074
レトロフューチャーなロゴ使いのニット。
2001254_191023_oceans0014
2001254_191023_oceans0019
2001254_191023_oceans0052
2001254_191023_oceans0056
2001254_191023_oceans0059
2001254_191023_oceans0062
2001254_191023_oceans0065
2001254_191023_oceans0070
2001254_191023_oceans0072
2001254_191023_oceans0074

日本上陸後は、毎シーズン15〜20点は購入していて、もはやコレクターの域に。いや、集めるだけじゃなくガンガン着る。週に3日から5日はコーディネイトのどこかに「シュプリーム」が。

クローゼットには「シュプリーム」のコーナーがあり、スーツやスキーウェア、靴にバッグ、タオルやチェアなどの日用品まで勢揃い。買ったものはフリマに出したりせず、すべて大切に取ってあります。

熊谷連載2001-2
2001254_191023_oceans0081
「ザ・ノース・フェイス」のヌプシ・スキーパンツ。
2001254_191023_oceans0085
「チャンピオン」とコラボしたスウェットパンツ。
2001254_191023_oceans0011
大好きなレオパード柄のジャケット。
2001254_191023_oceans0022
ヴィンテージのようなカラー使いがツボ。
2001254_191023_oceans0029
「ザ・ノース・フェイス」とのデニムジャケット。
2001254_191023_oceans0034
サテン地にバラのプリントが印象的。
2001254_191023_oceans0035
「NY」のワッペンがイカしたスタジャン。
2001254_191023_oceans0042
「ザ・ノース・フェイス」マウンテンジャケット。
2001254_191023_oceans0048
バックスタイルのアーチロゴが圧巻。
2001254_191023_oceans0051
マルコムXのスローガンがプリントされた「ザ・ノース・フェイス」とのもの。
2001254_191023_oceans0081
2001254_191023_oceans0085
2001254_191023_oceans0011
2001254_191023_oceans0022
2001254_191023_oceans0029
2001254_191023_oceans0034
2001254_191023_oceans0035
2001254_191023_oceans0042
2001254_191023_oceans0048
2001254_191023_oceans0051

いったい「シュプリーム」のどこがそんなに魅力的かというと、まずコラボのセンスがいい。特に「ザ・ノース・フェイス」とのコラボは無条件に買ってしまう大好物。そして何より、ヴィンテージのようなテイストがたっぷり詰まっているところが僕にとってはたまらない。

NEXT PAGE /
熊谷連載2001-3
2001254_191023_oceans0093
こんなフォントのロゴにも萌えます。
2001254_191023_oceans0098
メッシュのキャップはスポーツテイスト。
2001254_191023_oceans0102
ブルー地に赤のボックスロゴが利いている。
2001254_191023_oceans0104
マドラスチェックが懐かしくてたまらない。
2001254_191023_oceans0106
ツイードの生地を使っていてモードっぽい。
2001254_191023_oceans0108
こういったミリタリーテイストも好き。
2001254_191023_oceans0111
ボックスロゴはメタリックな生地感にもマッチ。
2001254_191023_oceans0093
2001254_191023_oceans0098
2001254_191023_oceans0102
2001254_191023_oceans0104
2001254_191023_oceans0106
2001254_191023_oceans0108
2001254_191023_oceans0111

ヴィンテージライクだから本物のヴィンテージとの相性もすごくいいし、「シュプリーム」を着倒して自分だけのヴィンテージにするというのも楽しい。そしてストリートに落とし込んでいるから、サイズ感がたっぷりでとてもコンフォータブルなのもいい。

僕にとって「シュプリーム」とヴィンテージの服だけは、何年経っても魅力が色褪せないスペシャルな存在です。

熊谷連載2001-4
2001254_191023_oceans0087
「ザ・ノース・フェイス」とのコラボリュック。
2001254_191023_oceans0089
「ザ・ノース・フェイス」との世界地図柄リュック。
2001254_191023_oceans0091
雪景色に映えるドライバッグ。
2001254_191023_oceans0096
2014年の「ザ・ノース・フェイス」とのコラボ、バンダナ柄がお気に入り。
2001254_191023_oceans0115
「ティンバーランド」とのコラボブーツ。
2001254_191023_oceans0120
ツールボックスは貯金箱に使っている。
2001254_191023_oceans0126
映画『魔人ドラキュラ』のバスタオル。
2001254_191023_oceans0087
2001254_191023_oceans0089
2001254_191023_oceans0091
2001254_191023_oceans0096
2001254_191023_oceans0115
2001254_191023_oceans0120
2001254_191023_oceans0126

だからシュプリーム初心者の方ほど「若い人の服でしょ? おじさんにはちょっと……」なんて偏見を捨て、勇気を出してショップに足を踏み入れてほしい。ボックスロゴのTシャツもいいけれど、ニットやアウターなど、大人に似合いそうなアイテムもたくさん。

「シュプリーム」はとてもベーシックで、ファッショナブルで、ハイレベルでトレンドを体現するブランドであるということを、もっと皆に知ってほしいですね。

「熊谷さんはシュプリーム上級者」

「シュプリーム」ブランディング/PRディレクター 恵比壽久雄さん

「シュプリーム」ブランディング/PRディレクター 恵比壽久雄さん
1997年、シュプリームが日本に上陸してすぐにリースしていただき、現在まで公私ともにお付き合いさせていただいています。誌面でもいろいろご使用いただきましたが、2006年に雑誌で窪塚洋介さんと故・山本“KID”徳郁さんをモデルに撮影したときのスタイリングは印象深かったですね。熊谷さんご自身にも普段からご愛用いただいており、シュプリームの中で特に難易度の高い色や柄やデザインのアイテムを、上手に着こなしてくださってうれしい限りです。

 

熊谷隆志(くまがいたかし)
1970年生まれ。渡仏後、’94年スタイリストとして活動開始。’98年以降はフォトグラファーとしても活躍。同時にクリエイティブ・ディレクターとして自身のブランド、ネサーンス、ウィンダンシーを手掛けるほか、さまざまなブランドやショップのディレクションにも携わる。ファッション、クラフト以外に飲食の分野にも進出し、カフェ・カンパニーのクリエイティブ・ディレクターも務める。趣味はサーフィン。グリーンライフにも造詣が深い。

長田英哲=写真 町田あゆみ=編集・文

# シュプリーム# スケーターファッション# 熊谷隆志
更に読み込む