度々、旅。 Vol.13
2019.12.21
LEISURE

死ぬまでに行きたい島③ “妖精が住む”地底湖を持つ「ケファロニア島」

死ぬまでに行きたい島の旅●旅先(=非日常)で得るインプットは、男の日常のアウトプットに大きな影響を与える。1981年生まれ、一児の父、オーシャンズ世代ど真ん中のトラベルエディター伊澤慶一さんは、だから今日も旅に出る。連載「度々、旅。」の4シリーズ目は、死ぬまでに一度は行きたい、ヨーロッパの島の旅。

ヨーロッパの島々を巡る旅。前回までの西イタリアに浮かぶふたつの島から今度は、南イタリアのかかとの部分、バーリという港町から大型フェリーに乗り、ギリシャに向かいます。
 
イタリア半島南部とギリシャ半島西側の間の海を「イオニア海」と呼びますが、これも地中海の一部です。

首都アテネから見て東側がエーゲ海。今回のケファロニア島は西側に並ぶイオニア諸島のひとつ。詳細はこちら。

ギリシャの島々というと、サントリーニ島やミコノス島など、ギリシャ半島東側に広がるエーゲ海のイメージが強いのですが、こちらのイオニア海にも魅力たっぷりの島々があります。その中でもイチオシなのが、ケファロニア島。

ギリシャの島々というと、サントリーニ島やミコノス島など、ギリシャ半島東側に広がるエーゲ海のイメージが強いのですが、こちらのイオニア海にも魅力たっぷりの島々があります。

バーリからケファロニア島に向かうフェリー。バカンスに向かう大勢の若者で賑わっていました。

イオニア海に浮かぶイオニア諸島の中でも約800㎢と最大面積を誇るこの島。これまで紹介してきたプローチダ島やファヴィニャーナ島と比べても桁違いのサイズで、日本で例えると奄美大島や淡路島よりも大きいスケールになります。そして島の8割以上が山脈という緑豊かな島。

青々とした木々に凪いだ海。どこか日本の風景にも通じる趣が。
青々とした木々に凪いだ海。どこか日本の風景にも通じる趣が。

起伏が激しく、手つかずの自然に囲まれた地形で、観光にはレンタカーが必須。港に着いたらまずはレンタカーを探しましたが、あいにくどこも貸出中……。港から離れたところでやっと見つけたのは「フィアット・パンダ・4×4」、左ハンドルのマニュアル車でした。島内はオートマ車の数が限られているため、オートマ限定免許の方は事前予約をおすすめします。

エンジンをかけ、ギアを入れてっと。
レッツゴー!
レンタカー会社のステッカー。アリなのか、ナシなのか、絶妙なデザイン。

レンタカーを手配できたところで、早速観光へ出発。真っ先に向かったのは「メリッサーニ洞窟」です。洞窟といっても、内にある地底湖の上から光が差し込んでいて、湖面が真っ青に輝く神秘的な景色を見ることができます。

真っ暗闇の中で青白く光るカプリ島の「青の洞窟」とはまた違った美しさ。「妖精が住む湖」「青い宝石の湖」などの異名のとおり、幻想的な光景は大げさじゃなく「死ぬまでに見たい景色」のひとつです。

洞窟を光の方向へ向かって歩いていく。
真っ先に向かったのは「メリッサーニ洞窟」です。洞窟といっても、内にある地底湖の上から光が差し込んでいて、湖面が真っ青に輝く神秘的な景色を見ることができます。
上から光が射し込む場所に出ます。
真っ先に向かったのは「メリッサーニ洞窟」です。洞窟といっても、内にある地底湖の上から光が差し込んでいて、湖面が真っ青に輝く神秘的な景色を見ることができます。
洞窟内を降り、ボートに乗って地底湖を進むと一面ブルーの世界が広がっていました。
NEXT PAGE /

ビーチで遊んだあとは、名物おばちゃんの食堂へ

洞窟でしばし神秘的な美に浸かったら、今度はビーチへ向かいましょう!
 
綺麗なビーチが数多く点在するケファロニア島ですが、特に有名なのは「ミルトスビーチ」。途中曲がりくねった山道を運転していくと急に視界が開け、ビーチの全体を上から覗き込むことができます。何色ものブルーが成す、美しいグラデーション。バカンスシーズン真っ只中だったので、端から端まで多くのビーチ客で埋め尽くされていました。

綺麗なビーチが数多く点在するケファロニア島ですが、特に有名なのは「ミルトスビーチ」。
わかりますか? 路上駐車もびっしり! それくらい人気ってこと。
綺麗なビーチが数多く点在するケファロニア島ですが、特に有名なのは「ミルトスビーチ」。
白砂ではなく小石のビーチなので、サンダルもしくはビーチシューズの用意を忘れずに!

ケファロニア島では、レベルの高いギリシャ料理も楽しめます。最北端にある小さな港町フィスカルドには、雰囲気のよいレストランやタベルナ(ギリシャ語で食堂の意味)がいくつも軒を連ねており、ここも多くのバカンス客で賑わっています。なかでも有名なのは「Tassia(タシア)」というお店です。

ヨットが停泊するフィスカルドの港。
ヨットが停泊するフィスカルドの港。
ハイシーズンはリゾートとしてかなり賑わっています。
この小さな港町フィスカルドに初めてオープンしたのがこのタシアさんのレストラン。
この小さな港町フィスカルドに初めてオープンしたのがこのタシアさんのレストラン。

レシピ本も出版している名物おばちゃん、タシアさんが切り盛りしている家族経営の食堂。かつて映画『コレリ大尉のマンドリン』のロケの際、島に滞在していたニコラス・ケイジが頻繁に通っていたとか、マドンナやトム・ハンクスが自家用クルーズでやってきたとか、いろいろな伝説を持つ店です。

ミートパイやシーフードを使ったギリシャ料理はどれも絶品。リーズナブルなギリシャビールやギリシャワインを頼んで、グビグビ飲みたいところですが、運転があるのでお酒は我慢(涙)。

フレッシュレモンを絞って食べるカラマリは美味かった〜。
フレッシュレモンを絞って食べるカラマリは美味かった〜。
数々のセレブに愛されたタシアさんのミートパイ。
数々のセレブに愛されたタシアさんのミートパイ。
色彩あふれる港町フィスカルド。ピンクの壁に映える、家族の風景。
色彩あふれる港町フィスカルド。ピンクの壁に映える、家族の風景。

島の北端に位置する小さな町フィスカルドは、カラフルに塗られた建物や、花を大量に飾っている店が並び、とってもキュート。たっぷりとご飯を食べたあとは、ゆっくり散策を楽しむのがいいかと思います。

遊んでよし、泳いでよし、食べてよし。ケファロニア島は観光客がバランスよく楽しめる島。まだまだ名前は知られていないけど、本当におすすめです。夏季限定スケジュールでヨーロッパの主要都市から直行便も就航しています。

ギリシャの島はどこも猫が多いので、猫好きにはたまらないですね。
ギリシャの島はどこも猫が多いので、猫好きにはたまらないですね。

次はケファロニアと同じイオニア海に浮かぶ島、ジブリ映画『紅の豚』の舞台にもなったザキントス島に向かいます!

 

伊澤慶一●1981年生まれ、子持ち。出版社勤務時代には『地球の歩き方』を始め、NY、LA、パリ、ベルリン、モロッコなど世界中のガイドブックを制作。

伊澤慶一●1981年生まれ、一児の父。出版社勤務時代には『地球の歩き方』を始め、NY、LA、パリ、ベルリン、モロッコなど世界中のガイドブックを制作。60カ国以上の渡航歴を持つが、いちばんのお気に入りはハワイ。

 

 

# ケファロニア島# 度々、旅。# 紅の豚
更に読み込む