オーシャンズな男目線のアウター選びを大特集! Vol.72
2019.11.22
LEISURE

サタデーズ ニューヨークシティ誕生10周年。記念アイテムはあのクマとコラボ⁉︎

大好物であるサタデーズ ニューヨークシティが今年、誕生10周年。

NYの東海岸的なキレイめサーフスタイルの来日を報じて以来、オーシャンズとも付き合いは長い。海にも街にも似合う服は、それまでの西海岸流とは一線を画するもので、海男、街男を提案する我々との親和性も高かったと、勝手に思っている。

そんな回想はさておき、記念アイテムの紹介だ。まさかのベアブリック。確かに古今東西、世界的に旬なものを憑依させてきた日本が誇るクマが、10年目にしてサタデーズにも注目したということか。しかも、ブランドオリジナルのウエットスーツに身を包んだクマというミスマッチにも思わずクスリとさせられる。

サタデーズ ニューヨークシティ×ベアブリックの記念フィギア
いくつかの記念アイテムのなかで注目したのがメディコムトイの人気作ベアブリック。大サイズはウエットスーツをイメージし、バックジップのストラップやロゴ使いまで忠実に再現するこだわりよう。通常サイズと一緒に親子みたいに飾りたい。1万5000円/サタデーズ ニューヨークシティ 03-5459-5033

ネオプレン風のスーツを着た400%サイズと通常のベアブリックの2種類をセットに。これはかなり欲しくなるが、一方でベアブリックコレクターとの争奪戦にもなりそうだから、注意が必要。

オーシャンズ的には、街男バージョンとして、サタデーズのアパレルを着たタイプも出してほしかったなぁ。

10周年記念Tシャツも登場!!
ダメージ加工のヒミツは10年という月日!?

10周年記念Tシャツも登場!! ダメージ加工のヒミツは10年という月日!?/サタデーズ ニューヨークシティ
6000円/サタデーズ ニューヨークシティ 03-5459-5033

ブランド開始当初を知る読者ならば、懐かしく思うだろう。初コレクションのロゴを記したTシャツのデザインだ。記念アイテムでは、ここに10年着たようなヴィンテージ加工を施し、ともに過ごした時間を感じることができる。

 

清水健吾=写真 来田拓也=スタイリング 髙村将司=文

# サタデーズ ニューヨークシティ# フィギア# ベアブリック# 記念アイテム
更に読み込む