オーシャンズとレジャー 37.5歳から始める大人の趣味入門 Vol.105
2019.07.28
LEISURE

37.5歳からタップダンスを始めると「一生モノ」の趣味になる3つの理由

連載「37.5歳から始める、タップダンス」
新しい趣味を提案する連載「オーシャンズとレジャー」。今回は、華麗な足さばきから奏でる音で人々を魅了する「タップダンス」に注目。世界的タップダンサー・熊谷和徳氏のレッスンに参加したところ、37.5歳から始めるべき理由を体感することができた。

タップダンスにどんなイメージを覚えるだろうか。

古くは、シルクハットにステッキを持った初老の男性が軽やかにステップを踏むような。あるいは、『雨に唄えば』のクライマックスで演じられる大人数のステージパフォーマンス。いずれも、古き佳きアメリカンカルチャーを感じるオーセンティックなダンスだ。

しかし、タップダンスの魅力は僕らの想像を遥かに超える。

タップダンスは何よりも現代的で、誰しもが簡単に始められる。さらには、おじいちゃんになっても楽しめる一生モノの趣味になり得るのだ。

前回、インタビュー(前編後編)にも登場していただいた世界的タップダンサー・熊谷和徳さんのレッスンを通して、40代がタップダンスを始めるべき理由と魅力を紹介していこう。

熊谷さん熊谷 和徳
1977年、仙台市生まれ。タップダンサー。「KAZ TAP STUDIO」主宰。19歳で渡米後、独自で活動。世界中のメディアにも度々取り上げられ、「日本のグレゴリー・ハインズ」と評される。米ダンスマガジンにおいて「世界で観るべきダンサー25人」に選ばれた。

 

 

【理由①】
靴さえあれば、すぐにタップダンスの神髄を味わえる

そもそもタップダンスは、靴底にTAPS(タップス)と呼ばれる金属の板がついた専用の靴で、リズミカルに床を打ち鳴らすダンス。そう、一般的なダンスと異なるのは、タップシューズを使って「自分が楽器になる」ということ。

つまり、リズムをとって特定のステップで踊るだけでなく、自分自身が思いのままに音を鳴らすことにタップダンスの本質があるのだ。

タップシューズ

「タップダンスにはさまざまなスタイルがありますが、皆さんがよく知っているミュージカルダンスのように振り付け師が決めたステップを踏んでいくもの。そして、ミュージシャンのようにリズムを音楽的に奏でていくような感覚で踏むジャズ的なタップがあり、僕のスタジオではよりルーツに根ざした後者のスタイルにフォーカスしています」(熊谷さん)。

実際、初心者向けに行う最初のレッスンでは、特定のステップを覚えさせるのではなく、講師とセッションするような感じで音を「聴く」ことから、自由にステップを踏むことに時間を割く。これはコールアンドレスポンスといって、ブルースやジャズの音楽と同じような手法が用いられている。

レッスン風景
セッションのパートでは、講師と生徒が向かい合って音を鳴らす。まずは熊谷さんが「パラッ、パ、ラッ、パ」と口ずさみながらステップを踏む。
レッスン風景
続いて生徒が、熊谷さんの「パラッ、パ、ラッ、パ」というリズムを“真似する”。このとき、踏む足の順番は生徒たちの自由。自分なりのイメージで両足のつま先やかかとを使って、熊谷さんが作ったリズムを再現するのだ。

一般的にダンスといえば、「まずは右足を上げて、そのあと右足を降ろしたら左足を後ろに……」といった具合に、リズムに合わせて決まった動き(型)を要求されるのだが、これが初心者にダンスを難しく感じさせてしまう要因でもある。

それに対しタップのセッションでは、写真のように向き合いながら、いろんなリズムを自由な足さばきで表現し合っていく。自由に足を動かせるので窮屈に感じない。

一見、めちゃくちゃなようにも見えるが、同じリズムで足を踏んでさえいれば、自分が楽器としてちゃんと音楽を奏でているという「やった感」を存分に感じられるのである。これが、練習なしでもタップの神髄を体験できる所以だ。

「学びの過程である程度のセオリーやテクニックは必要です。日常的なレッスンでもいろんなステップを覚えてもらいますが、その先にあるのは『音やリズム』を通して“自分で自由に感情を表現する”こと。もともとコミュニケーションの手段であったということもあり、それがタップダンスのゴールだと思っています。ステップをただ覚えるだけで壁にぶつかってしまうのではなくて、初めから自分のリズムや音を感じ、楽しみながら自分自身の感情に向き合うことができると、タップの可能性は無限に広がっていくんです」(熊谷さん)。

NEXT PAGE /

【理由②】
タップダンスは体幹を鍛える全身運動でもある

タップダンスといえば、軽やかな足さばきが特徴的だ。足に注目がいくため下半身中心の運動と思われがちだが、実際は身体全体を使っているのだ。それは、タップシューズを履いて最初に音を鳴らした瞬間にわかる。

レッスン風景
靴を履いてまず取り組むのが「音を鳴らす」こと。タップスのある両足のつま先とかかと、それぞれのパーツを床にタップして音の大きさや質を確かめていく。
レッスン風景
想像以上に身体を使うのがかかとのステップ。写真のように、両足のかかとだけで立つだけでも相当な体幹を使う。しっかり腰を据えてステップを踏まないと、軽やかな音が鳴らないのだ。

「初心者の方は足先に集中してしまいがちですが、ステップを踏むときに大切なのは、お腹のあたりの自分の中心(丹田部分)をより意識して、腰をしっかり安定させることです。右足、左足に重心が移動することで、さまざまな音のトーンやリズムのダイナミクスを変化させていきます。体重の移動、バランスがすべてといっても良いかもしれませんね。このような意識を持つことで、日常的な生活の中でのリズムもより楽しくなっていくはずです!」(熊谷さん)

足先だけを動かすと、「スカ~」という頼りない音しか出ない。ステップを踏むときはしっかり膝を持ち上げてから床を叩きつけないと、タップ独特の「パンッ」という軽やかな音が鳴らないのだ。

さらに、足をフラットに踏みつけるのは比較的簡単だが、その動きをつま先だけ、かかとだけ、といった具合にパーツごとに行う場合は、身体のバランスが必要になってくる。そう、これは「体幹トレーニング」である。

腹筋、背筋、さらには、キレイな姿勢をキープしないと、軽やかな音を安定して出し続けることができない。筆者も、シンプルなステップを数分踊っただけで大量の汗が出てきた。かなり全身を使う運動である。

また、タップダンスは身体表現としてのダンスでもある。タップ=叩くという動きだけでなく、腕や体躯をダイナミックに動かし、全身で音楽を体現。ポージングや一連の動きや所作の美しさなど、音楽に合わせて表現を楽しむ要素も持っているのである。

熊谷さん

熊谷さん

熊谷さん
レッスンの合間に熊谷さんが見せてくれる、巧みなステップと身体全体で表現するダイナミックな動きに目を奪われてしまう。タップダンスは楽器であると同時に、自己表現によるアートなのだと感じる瞬間だ。

1回1時間のレッスンだけでも相当な運動量である。リズム感を養いながら全身エクササイズができる、しかも体幹が鍛えられ、日常生活でも姿勢や歩き方などに良い影響を及ぼすことも考えられる。習慣化できれば、相当に健康的な生活になりそうだ。

NEXT PAGE /

【理由③】
魂を感じるタップは、歳を取るほど深みにはまる

熊谷さんのインタビューでも語られていたが、本場ニューヨークの街角では、年老いた黒人男性がふらっとステップを踏んで踊り出すシーンがあるという。映画などでも、初老の男性が軽やかにステップを踏む格好良い姿が描かれることは多い。

熊谷さん

「『足を踏む』って、誰もが本能的に持っている感情表現だと思います。大地を踏んで自分のあらゆる感情を深い部分で感じることは、人間の根源的でスピリチュアルな部分に触れることができる素晴らしい表現方法ですよね。

子供たちはそれを自然に純粋に感じられるし、大人になれば、どーんっと力強く足を床に踏みつける行為によって、自分のエネルギーを解放して、自分が自然の中で生きている感覚を再認識できる。

僕がタップを教える上で大切にしていることは、ステップをただ学ぶことではなく、タップを学ぶことを通して自分自身に向き合い精神的に成長することです。だから上手い下手に関係なく、一生かけてやり続けることができるんです。そしてより深く学んでいくうえでは、タップの歴史や文化を学んでいくことで、タップダンサー達が残してくれたリズムの財産を感じ、生き方としてタップダンスと共に生きていくことができます。それは世界中のタップダンサーと繋がることでもあります。

30代後半から始める人たちも楽しみながら学ぶことで、身体的にも精神的にもより成長していくことを感じることができるはずです」(熊谷さん)。

レッスン風景

タップダンスは、奴隷貿易や人種差別が横行していた時代のアメリカで隆盛した歴史を持つ。そして根源的には、アフリカ大陸に古くからあった民族音楽をルーツにしているともいわれる。そうした歴史から、タップダンサーは表層的な「型」を見せるのではなく、人間の根源的な願いや意志といった「魂」を絞り出す表現に結びついている。そうしたタップダンスの“奥深さ”は、37.5歳を過ぎた男性こそが惹きつけられる魅力である。

いい大人になると、流行りものや見た目の格好良さだけはなく、歴史や表現の奥底にある想いに触れることも含めて「嗜みたい」という志向になってくる。

その点、タップダンスは最適だ。誰でも簡単に始められ、自由な表現を楽しむ。それだけではなく、そのルーツを知ったり自分自身の内面と向き合ったりしながら、一生モノの趣味にしていくことができるのだ。37.5歳からこそ始めるべきタップダンス、ぜひチャレンジしてほしい。

 

【取材協力】
KAZ TAP STUDIO(カズ タップ スタジオ)
住所:東京都目黒区上目黒1-5-10 中目黒マンションB1−10
電話:03-6906-6076
http://kaztapstudio.com/

【熊谷和徳さん出演情報】
日野皓正スーパーライブ2019
開催日:8月7日(水)
会場:Bunkamura オーチャードホール
www.min-on.or.jp/play/detail_172129_.html

 

「37.5歳から始める、タップダンス」を最初から読む

島崎昭光=取材・文 小島マサヒロ=写真

# オーシャンズとレジャー# タップダンス# 熊谷和徳# 趣味
更に読み込む