大人の夏フェス案内 Vol.3
2019.06.30
LEISURE

子連れフジロッカー必読。子供を退屈させないキッズエリアの人気スポット案内

大人の夏フェス案内⚫︎フェスシーズン到来。今やさまざまな夏フェスが各地で開催されているが、大人が行くならどれがいい? また、日本における夏フェスの元祖「フジロック(FUJI ROCK FESTIVAL)」を楽しむコツとは? フジロック公式パンフの編集長に伝授してもらう。

日本の夏の風物詩として、すっかり定着した感のある「夏フェス」。

当初はフェスといえば若者のもの、というイメージだったが、年々子連れのファミリー層が増えてきて、「夏フェスで家族旅行」も定番化しつつある。

中央に設置された赤いメリーゴーラウンドがシンボルだ。/フジロックフェス
フジロックの『キッズランド』にあるメリーゴーラウンド。そこに乗る子供たちを撮影隊となった親が取り囲む。PHOTO:宇宙大使︎☆スター

小さな子供を連れてのフェス参加には何かと不安がつきまとうけど、家族連れに向けたホスピタリティの高さでも定評があるのが実は、フジロックである。

 

フジロックは中学生以下入場無料。それが示すこと

元々フジロックは、主催のスマッシュ代表の日高正博氏が「三世代で来場してもらい、未来を担う子供たちに音楽と自然の素晴らしさを体験してほしい」という願いのもとスタート。1997年の第一回目から子供連れを歓迎してきた。そのため中学生以下の子供は入場無料だし、会場のキッズエリアの充実度も随一なのだ。

まず、子供連れフジロッカーが通うことになるであろう基地的エリアが『キッズランド』。中央に設置された赤いメリーゴーラウンドがシンボルだ。

ここには授乳スペースやおむつ交換所にお絵描きコーナー、絵本コーナーなどがあり、木の実などを使って小物を作るワークショップも多く開催される。エリア内にある『森のステージ』では親子でのんびりミニライブを楽しむことができるし、フェイスペイントをしてもらえば、道ゆく人たちが、その可愛さに微笑んでくれること間違いなしだ。

フジロックと子供
フェイスペイントによるヒゲがかわいいけれど、Tシャツはラモーンズのパンクキッズ。PHOTO:Sara M
NEXT PAGE /

知的好奇心も満たすフジロックの遊び場案内

『森のプレイパーク』には地産地消で作られたアスレチックコーナーも併設されているので、じっとしていられない子供たちの遊び場としても最適。高低差もあって結構ハードなのだが、優しいスタッフがしっかり見守り、安全に、存分に外遊びを満喫できる。

『森のプレイパーク』には地産地消で作られたアスレチック・コーナー/フジロックフェス
PHOTO:宇宙大使︎☆スター

天気が良ければ、隣のエリア『ところ天国』に流れている川で水遊びするのもおすすめ。水はかなり冷たいので、バスタオルと着替えは必ず持って行こう。

『ところ天国』に流れている川で水遊びするのもおすすめ。/フジロックフェス
PHOTO:宇宙大使︎☆スター

また子供が小・中学生なら『NGOヴィレッジ』を訪ねるのもいい。ここは環境問題や人権問題などに取り組むNGOのブースが並ぶエリア。

子供が小中学生なら『NGOヴィレッジ』を訪ねるのもおすすめ。/フジロックフェス
『NGOヴィレッジ』のエントランス。フジロックは学びの場でもあるのだ。PHOTO:Sara M

世界で起こっているさまざまな問題や課題と向き合い、親子で話し合うきっかけを提供してくれる。興味を持ったら夏休みの自由研究の題材にして掘り下げてみるのもアリだ。

その他、キャンプサイトに近い『ピラミッドガーデン』エリアは広い草原なので、寝っ転がって昼寝をしたり、かけっこするのも楽しいし、そこから日本最長のゴンドラ「ドラゴンドラ」に乗って行く『山頂』では、トラさんやタヌキさんなどの“動物”たちが子供たちを出迎えてくれる。

ちょっとシュールなトラさんとブタさん。PHOTO:Sara M

また、『山頂』にあるクラブスペース『デイドリーミング』では、最新のDJ機材やサンプラー、シンセサイザーに触れ、自由に音を出して楽しめる『キッズミュージックエリア』にも注目。

山頂のクラブスペース『Day Dreaming』
「デイ・ドリーミング」でサンプラーを叩いて音を出すキッズ。PHOTO:宇宙大使︎☆スター

直感で演奏できる“楽器”に、親子で夢中になってしまうに違いない。

NEXT PAGE /

子連れのフジロックで持っていくべき3つのギア

持ち物は子供の年齢によっても変わってくるが、とにかく共通して必携なのは雨具。できればビニールカッパではなく、裏地がハニカムメッシュで通気性の良いレインウェア、もしくは上下わかれているレインスーツ(幼児の場合はポンチョ)がベター。

レインウェアに加えて長靴も必須アイテムだ。PHOTO:宇宙大使︎☆スター

開催期間の3日とも雨ってこともあるので、雨具の質が行動の質を左右すると心得るべし。ベビーカーやバギーを使用する場合はレインカバーも忘れずに。

また、野外イベントということで忘れがちだが、ライブをステージ近くで観る場合は大きな音で耳を痛めないよう、子供用の防音イヤーマフ(ヘッドフォン型)も持っていこう。

リピーターが「使ってよかった!」と口を揃えるのは、ラジオフライヤーなどのハンドル付きワゴン。タイヤの口径が大きくしっかりしているので、少々の悪路でも子供と荷物を乗せたまま移動できるし、広い荷台はそのまま子供の昼寝スペースにもなる。

会場は昼夜の寒暖差が激しいので、防寒にも日除けにも使える大きめのタオルも積んでおこう。

パパが引くレディオフライヤーに乗っていい気分。PHOTO:Sara M

とはいえ、ハッピーなフジロックにするためには、とにかく子供に「無理をさせないこと」。これは、ファミリー・フジロックを最高の思い出にするための最低条件でもあるのだ。

 

美馬亜貴子=文
フジロック・オフィシャル・パンフ編集長。フジロックへは1997年の第一回より毎回参加。これまでのベストアクトは1999年のアンダーワールドと2014年のアーケイド・ファイア。

  

# フェス# フジロック# 親子
更に読み込む