オーシャンズとレジャー 37.5歳から始める大人の趣味入門 Vol.102
2019.05.10
LEISURE

たった2つの心得で我が子はずっと可愛く撮れる! プロに聞く簡単カメラ術

連載「ベストショットは父が撮る!」
残しておきたい我が子の成長。写真館に行ったり、カメラマンに頼んだりしてもいいが、やはり家族に向ける笑顔が最上。ならばいちばん身近な父こそカメラを持ち、シャッターチャンスを狙おうではないか!

カメラマンの吉澤さんと、野尻さん

前回前々回はカメラ初心者のオトーチャンにオススメのカメラ選びについて紹介したが、今回からはいよいよ実践編が。子供のベストショットを撮影する心得をカメラマンの吉澤健太さんにレクチャーいただいた。

撮影にチャレンジしたのは野尻 巌(のじり いわお)さん。小学校2年生のはじめ君、4歳のひかりちゃんのオトーチャンだ。今まで子供たちの撮影はスマホ頼りだったというが、はじめて本格カメラを手にすると、思わず笑みが溢れる。

レクチャーの様子
カメラ初心者でも使いやすい「キヤノン EOS Kiss M 」(連載初回にて登場)を手にして、「やっぱり画質がすごいキレイですね!」と野尻さん。モニターでの確認しやすさと易しい操作感も実感した様子。

まずは、自由に我が子を撮影してみてもらった。

動き回るひかりちゃん
4歳のひかりちゃんは元気いっぱい!

撮影開始から約3分。動き回る我が子についていけず、早くも疲れた様子の野尻さん。そこで吉澤さんが、子供撮影の基本のキを教えてくれた。

 

【1】カメラの高さは、子供の目線に合わせるべし!

レクチャーの様子

「子供の撮影でいちばん大切なことは、子供と同じ目線で撮影することです。目線を合わせると、子供が見ている景色が見えてくるはず」と吉澤さん。

確かに、立ったまま撮影すると子供を見下ろすアングルで撮影してしまいがちだ。これを踏まえてもう一度撮影にチャレンジしてもらうと、仕上がりに歴然とした違いが現れた。

 

■立ったまま撮影した場合

撮影の様子
立ったまま撮影するのは楽だが……。
撮影写真
表情がわかりにくい。(野尻さん撮影)

■子供目線で撮影した場合

撮影の様子
子供の目線に合わせてカメラを構える。
撮影写真
臨場感あふれる1枚となった。(野尻さん撮影)

子供目線で撮影することで、よりイキイキとした表情を押さえることに成功。この調子ではじめ君にもレンズを向ける。

撮影の様子
「パパ、何してるの?」と近寄るはじめ君。今度は前回紹介した「ライカ Q2」でパシャリ!
撮影写真
レンズを覗き込む瞬間をすかさずキャッチ!(野尻さん撮影)
NEXT PAGE /

【2】目線がなくてもシャッターチャンスはあると心得よ

「子供目線」で留意すべきはアングルだけではない。子供のベストショットといえば、表情がよくわかるアップや正面からの写真がいちばんと思いがちだが、子供の目線の先にある「景色」に焦点を合わせると、その瞬間、子供が何を見て、何を感じ、どんな表情をしているか、子供の感情を間接的に表現できる場合もある。

例えばこの2枚を比較してみよう。

撮影写真
子供を真正面から、中央に捉えた写真。(野尻さん撮影)
撮影写真
目線の先にある空間を撮影。(野尻さん撮影)

子供の表情がわかる正面から捉えた写真も悪くないが、広々とした芝生をメインにすることで、芝生を歩く子供の「ワクワク感」が伝わってくる。

大胆に余白を取ることで景色や光が強調されるので、その瞬間の空気感が取り込まれるのも面白い。これを踏まえて撮影してみると……。

撮影の様子
目線がなくてもいい写真が撮れると知り、余裕が生まれた。
camera
14_yoshizawa_san_070A1167
好奇心に満ちた眼差しを捉えた1枚。(野尻さん撮影)
15_yoshizawa_san_070A0124
シャボン玉に夢中になっている2人を激写。(野尻さん撮影)
14_yoshizawa_san_070A1167
15_yoshizawa_san_070A0124

 

より自然な表情や、楽しむ様子を1枚の写真に収めることができた。だが、「子供目線での撮影は結構腰にくる(笑)」と野尻さん。ベストショットを狙うにはオトーチャンの体力も必要そうだ。

次回は、光を味方につけてよりドラマティックに思い出を切り取る方法を教えてもらおう。

吉澤健太(カメラマン)
ファッション、インテリア、車、時計、旅……多岐にわたるジャンルから引っ張りだこのカメラマン。クリエイターのためのワークスペース「rakuda」を運営しており、クリエイター同士の交流 、情報発信の場となるワークショップなどの活動にも取り組む。カメラ選び、写真の撮り方、子供撮影など個人向けの依頼も請けている。

井出眞諭=写真 諫山由梨子=取材・文

# オーシャンズとレジャー# カメラ# ベストショットは父が撮る!
更に読み込む