2019.05.08
LEISURE

クルーザーもトラベル仕様も。専門店が教えるカスタムeバイク5事例

>連載「いま乗りたい、俺たちのチャリ」をはじめから読む

一昔前は、いわば“楽なママチャリ”だった電動アシスト自転車だが、現在は高いデザイン性でスポーティになり、eバイクという呼称とともに、あらゆる世代に広まっている。

通勤が楽しくなる美しいロードタイプや、野山をガンガン攻められるBMXタイプなど、バリエーションも充実してきた。となると、自転車カルチャーにはハズせないカスタム文脈も盛り上がってくる。

eバイクのカスタム、どこまでできるの?

そこで訪れたのが、代官山モトベロ。最新eバイクを多数取り扱い、カスタムだってお手の物な頼れるショップだ。広報の村上耕大さんにeバイクカスタムのトレンドを聞いた。

モトベロ店内

「サドルやグリップなどを自分の好きなカラーにしたいというご要望が多いですね。そのあたりのパーツは普通の自転車と規格が変わらないので、いろいろ変えられるんです。手間はかけず、通常モデルとは一味違う印象が与えられます」。

パーツ展示
モトベロでは店頭だけでも多岐にわたるカスタムパーツが揃い、ウェブページではさらに多くのカスタム例を紹介している。
パーツ展示
ハンドル部分のアレンジも自由自在。ひと手間でオリジナルカスタムが施せる。

カスタムできるのは基本的には“アナログ部分”。つまり機械化されたコンポーネント(ギアやブレーキなどのシステム部分)に手を入れるのは困難と考えていい。また、道路交通法で時速24kmまでしか電動アシストが認められておらず、動力性能の向上も御法度だ。

ただ、自分らしさや利便性は、もともとコンポーネント以外の要素。果たしてどんなカスタムeバイクがあるのか。モトベロで実際に手掛けたことのある、カスタム事例を提案してもらった。

 

遠乗りを楽しむための、トラベルスタイル

ハリヤ
[カスタム費用]約9万円(各種アイテム代+工賃)

自転車旅行に必須なツールを盛り込んだ、トラベルスタイルがコンセプト。ベースはパナソニックのスポーツモデル「ハリヤ」だ。スマホを入れて地図や周辺情報を参照するなど、散策に役立つハンディフォンバッグ「タブレット ドライ バッグ」(トピーク製)をハンドルに備え、トラベルアイテムの収納には大容量なパニアバッグ「ランズ エンド リア パニアー」(ブルックス製)を採用している。ナビ付き&大容量な、遠出したい人にピッタリな仕様だ。

 

高級感&インパクト大な、街用クルーザー

BP
[カスタム費用]約6万円(各種アイテム代+工賃)

「ラグジュアリーなビーチクルーザー」をコンセプトに、パナソニックの「BP02」を大胆にカスタム。サドルはイギリスの老舗・ブルックスのものを使用し、本革ならではの高級感を演出。グリップまで革に統一した。幅広ハンドルとホワイトラインのタイヤでインパクトを加え、街中でオシャレに乗れるクルーザーに仕上がっている。

 

サイクリングも買い物も。乗り手を選ばない王道カスタム

ハリヤ
[カスタム費用]約3万5000円(各種アイテム代+工賃)

1台目と同じく、パナソニックの「ハリヤ」がベース。スポーツタイプを街乗り仕様にカスタマイズした。フロントにキャリアを付けて、サイクリングの途中の買い物も苦にならない。ブラックのフレームとブラウンのパーツが織りなす落ち着いた印象も、乗り手を選ばない鉄板カスタム。

 

見た目はクラシカル。でも中身は最新

[カスタム費用]約5万円(各種アイテム代+工賃)

パナソニックの「ベロスター・ミニ」をベースに、ハンドル、グリップ、サドル、ペダルなどをカスタム。昔ながらのクラシカルな雰囲気を目指しパーツをセレクト。ベルとサドルのパーツの色を、ワンポイントでブロンズにして、シックでクラシカルな表情に。

 

eバイクは、妻へのプレゼントにも◎?

ベロスター
[カスタム費用]約3万円(各種アイテム代+工賃)

カッコよく、可愛く、大人の女性向けに、パナソニックの「ベロスター・ミニ」をカスタム。キャリアには籐風のバスケットを、グリップとサドルにレザーパーツを使用し、柔らかさと品の良さを味付け。妻への気の利いたプレゼント、というのも悪くない。

 

手軽といえど、eバイクにおけるカスタムの幅広さはおわかり頂けたと思う。いずれのモデルも、「こんなふうにしてほしい」と写真を持ち込めば引き受けてくれるという。しかし、カスタムの醍醐味は自分らしさ。せっかくなら、世界に1台だけのモデルを組み上げてみてはいかがだろうか?

[取材協力]
代官山モトベロ
住所:東京都渋谷区猿楽町16-15 代官山T-SITE GARDEN3号棟
電話番号:03-6277-5698
営業:10:00〜20:00
www.motovelo.co.jp/

澤田聖司=写真 吉州正行=取材・文
※車両写真はモトベロより提供

# eバイク# いま乗りたい、俺たちのチャリ# カスタム# 自転車# 電動アシスト自転車
更に読み込む
一覧を見る