2019.05.02
LEISURE

オッサン人口増加中。ピストバイクが“今の気分”にぴったりな進化を遂げていた!

>連載「いま乗りたい、俺たちのチャリ」をはじめから読む

オッサンの今の気分に合った自転車を探す本連載。「eバイク」の次にピックアップするのは、年齢を重ねた男たちにぴったりなピストバイクだ。

変速ギアを持たないシンプルなチャリ、ピストバイク。そのイメージはどんなものだろう? 公道を颯爽と駆け回る姿とともに、かつて世間を騒がせた“ハンドブレーキがなく固定ギア”でちょっと危険……というイメージがあるかもしれないが、それは誤解だ。

ブームから約10年が経ち、カルチャーとしてより深く市場に根ざした結果、愛好家の間では安全をより深く意識しただけではなく、いまの僕らにちょうどいいユニークなモデルがトレンドになっているらしいのだ。

 

より乗りやすく、大人っぽく。ピストバイクの現在

テンプラサイクル

訪れたのは、自転車カスタムを数多く手掛け、アパレルや小物も展開するテンプラサイクル。ピストブーム全盛期に立ち上げた、サイクリストの信頼の厚いショップである。

で、いまのオーシャンズ世代にぴったりのピストバイクってどんなもの?

澤邊 稔さん

「肩の力の抜けた、クルーザーの雰囲気を漂わせたモデルですね。これはブームを体験した人が、年齢的にガンガン走ると疲れるという体力面や、家族ができて下手にケガできないことを考慮して、乗りやすいカスタムを施す人が増えているからです。購入される方は、お子さんを持つ30〜40代の方が多いですよ」(スタッフ・澤邊 稔さん)。

ピストバイク
ドロップハンドルではなく、後方に湾曲したハンドルをチョイスすることで乗りやすくしている。

自転車ビギナーに伝えておくと、そのまま乗れる完成車を購入することも可能だが、フレームはコレ、ハンドルはコレ、と好みのパーツを組み上げてもらうのも自転車の醍醐味。

だからこそ、カゴを付けて休日にお買い物したり、オフロードを走れるようにしたり。美麗な形状とスムーズな走行感はそのままに、幅広い用途に適合できるため、当時の人たちを中心に、ピストを楽しむライフスタイルの幅が広がったのだ。

なにせ元々、ピストの面白さはカスタムの自由度の高さにあるから、こんな変化も頷ける。

「ギアがなく見た目がシンプルで美しく、競技用の雰囲気やビンテージな印象など、ちょっと覚えれば誰でもカスタムできます。そぎ落とされた美しさ。NJS(日本自転車振興会の略。競輪を管理している団体)フレームとなると、各ビルダーさんで若干のディテールの違いがあって、その造形美を楽しむ面白さもあります」。

マエダのフレーム
前後はともに、岐阜の自転車工房・MAEDA(マエダ)のフレーム。一本一本手作業で作られるため、微妙にディテールが異なる。自分だけの一台を手にできるのも楽しみのひとつ。

もちろん、ギアがないことでダイレクトに動力がタイヤに伝わる人馬一体の走りは、カゴをつけようが変わらぬ魅力。さらに安全面も問題ない。

「元々ブレーキが付いていないNJSフレームにもブレーキを後付けできます。うちのショップを含め、カスタムの際にはブレーキを付ける前提です。またピストというとペダルがタイヤと一緒に回って乗りにくいイメージがあるかもしれませんが、空転するフリーギアにもできますよ」。

ではどんなカスタムがあるのか、いくつか作例を紹介しよう。

NEXT PAGE /

休日の買い物もピストで。デイリーに楽しむクルーザー風の仕様

ピストバイク
23〜24万円[参考価格]

一般的に、ピストバイクは荷物を乗せられるパーツが付かないが、それだと不便。ちょっとした荷物を積んだり、上にカゴをつけたりとか、積載ができるカスタムもできる。

街乗り向けに最初からブレーキが付けられる仕様の「レベル」製のフレームをベースに、意識的にカジュアルを演出したこんな作例もある。上向きにドロップしたハンドルは、クルーザーライクで乗りやすさが伝わる。

tyari3-1
_R3A1677
キャリアを後付けして、買い物にも出かけられるように。
_R3A1684
フレームは街乗り用の設計なので、加工せずともブレーキを取り付け可能。
_R3A1677
_R3A1684

 

 

モノトーンで色気を振りまく大人仕様のピスト

ピストバイク
20万円前後[参考価格]

NJSフレームはカラフルなものが多い。そこで黒い「マエダ」のフレームを用いて、極力色味を使わず、シンプルにブラック&シルバーで統一。レザーも使って大人らしい印象に仕立てた。ロゴの黄色に合わせた同色のリフレクターがアクセント。年を重ねてきた大人のためのスマートピストだ。

ccyari3-2
_R3A1698
さりげないイエローの色使いが心憎い。
_R3A1696
競技用フレームなのでブレーキはオリジナルのベースを使用。ここも個性が演出できるポイントだ。
_R3A1698
_R3A1696

 

ビアンキをベースにした、ヨーロピアンクラシカル

ピストバイク
11〜12万円[参考価格]

自転車好きならお馴染みのイタリアメーカー・ビアンキも、ピスト用フレームを作っている。日本のママチャリとはちょっと違う、ヨーロッパの昔の自転車のような少し下がったハンドルを取り入れ、本場のクラシック車をイメージしたカスタム。中身も外見もヨーロピアンで、お求め安さも心憎い。

tyari3-3
_R3A1706
一見ママチャリ風の面構えだが、実はヨーロピアンクラシカルの文脈。
_R3A1714
フレームにブレーキが違和感なく溶け込んでいるのは、街乗りフレームの美点だ。
_R3A1706
_R3A1714

 

テンプラサイクルにお願いすれば、このままのモデルを買うこともできるが、せっかくなら自分なりのカスタムを施してみるのも一興だ。ハンドルを革張りにしてみるか、自分なりテーマを決めるか、プラスオンするカゴにこだわってみるか。いずれにしても、エキサイティングなピストの走りに憧れていた“あの頃”とはちょっと違う楽しみ方が見つけられる。

ピストバイクのカルチャーは“自分らしさ”を打ち出せること。まさに、酸いも甘いも嚙み分けた僕らにぴったりなのだ。思い思いのスタイルで楽しむことをオススメしたい。

 

[取材協力]
テンプラサイクル
住所:東京都世田谷区下馬6−18−8 カドーロ学芸大1F
電話:03-6453-2655
営業:11:00〜20:00、11:00〜19:00(日曜・祝日)
水曜定休
http://tempracycle.com/

小島マサヒロ=写真 吉州正行=取材・文

# いま乗りたい、俺たちのチャリ# クルーザー風# ピストバイク
更に読み込む