俺たちなりのクリスマス Vol.22
2018.12.16
LEISURE

女性に贈るギフトの正解「見えないからありがたい」の真意とは?

「俺たちなりのクリスマス」
心躍るホリデーシーズン到来。主役はクリスマスである。年甲斐もなく過剰にアゲアゲは避けたいけど地味なのもつまらない。
ホームパーティで用意すべきものは? 女性へのギフトの正解は? 俺たちなりにクリスマスを楽しむHOW TOを一挙公開!

大切な女性へのクリスマスギフトというと、どうも肩に力が入って、目に留まるものや派手なものを選びがち。だけど、忘れちゃいけないことがある。

それは、贈られる側が「気兼ねなく身に着けられるか否か」。

上質感があって身に着ければ気分はアガるけれど、日常的に愛用できるもの。例えば袖からチラリと覗くブレスレットや目には見えない香水、ちょっとハードルは高いが下着だってそうだ。

たとえ常に自分の目には映らなくても、気負わずいつも愛用してほしい。そんな価値観で選ぶプレゼントは、相手との特別な繋がりを、グッと強めてくれるんじゃないだろうか。

 

“香り”こそ気負わず纏える第一候補

「ティファニー オードパルファム インテンス」50ml 1万3200円/ティファニー(ブルーベル・ジャパン 0120-005-130)

TIFFANY & CO.
「ティファニー」の香水
目に見えないけれど、いつも纏えるものといえば香水。女性に信頼度の高いブランドは多々あれど、ティファニーはピカイチ。

しかも2018年秋に登場した「ティファニー オードパルファム インテンス」は、これまでの定番のアイリスをベースにした香りを、さらに芳醇にアップデート。温かみのある香りのベンゾインをブレンドしているから、程良い華やかさが漂い、女性らしさをあくまでほんのりアピールできる。

“ティファニーブルー”のボックスとボトルも、お出かけ前の女性の気分を上げること間違いなし。

 

俺たち目線で選ぶ“パック入り”ランジェリー

ブラジャー1万6800円、ショーツ1万2200円、アイマスク6200円/バサラ(ブランドニュース 03-3797-3673)

BASARA
「バサラ」のランジェリー&アイマスク
NYを拠点に活動する日本人デザイナー、KIMIKO NAKAYAMAが手掛けるランジェリーブランド。フランス産のシルクを使い、NYでデザインを起こし、日本で生産するという手の込んだ工程で作られ、ブラはノンワイヤー&ナローストラップが特徴。着け心地がとにかく快適で、ストレスフリーに着けられるんだとか。

男目線で何よりいいのは、パック入りのポップなデザインってところ。裏側にメンテナンス方法などがプリントされ、まるでパックTみたいな雰囲気なのだ。ここで選んだのは、クリスマスカラーのホリデーシーズン限定アイテム。これなら照れずに贈れるかも?  

 

日常でちらりと覗くエレガンス

K18ローズゴールド、ダイヤモンド、39万円/ハリー・ウィンストン 0120-346-376

HARRY WINSTON
「ハリー・ウィンストン」のブレスレット
清水の舞台からダイヴする覚悟でとっておきの気持ちを贈るなら、やっぱり上質なジュエリーを。でも“いかにも”な大振りなものよりも、冬服なら普段は隠れてしまうブレスレットなんかが丁度いい。そこで選んだのが、世界中の淑女が羨むハリー・ウィンストンの一本。

K18チェーンとHWエンブレムロゴがさりげなく主張しつつ、その周囲にはダイヤモンドの煌めきが。パーティシーンにはもちろんマッチするし、上品ながら控えめな表情は普段使いにも打ってつけ。ホンモノをさりげなく身に着けられるパートナーって、素敵だと思わないか?

 

目に見えることだけがすべてじゃない、というのはギフトも同じ。自分の目には映らなくても、相手が気負わず無理せず愛用できるものを選ぶ。その想いはきっと、相手の喜ぶ顔に“目に見えて”表れるはずだ。

※本文中における素材の略称は以下のとおり。
K18=18金

清水健吾=撮影 川瀬拓郎=文 長谷川茂雄=編集・文

# ティファニー# ギフト# クリスマス# ネックレス# ランジェリー# 香水
更に読み込む