2017.03.14
LEISURE
PR

一泊二日、プロペラ機で温泉旅へ行かないか?@城崎温泉

兵庫県に、飛行機で乗りつけられる温泉街があるのをご存じだろうか。それが兵庫県豊岡にある城崎温泉である。ここへの空の便は、大阪国際空港(伊丹空港)から1日2往復。豊岡に降り立つコウノトリ但馬空港への路線があり、東京・羽田からなら乗り継ぎを含めて最短約2時間。

ということで、一泊二日の温泉旅に東京から行ってみた。実際に使ってみると、本当にあっという間。この手軽さ&特別感はストレスフリーなうえ高揚感もあり最高、長旅がこたえるオッサンにも優しい。

また、大阪~豊岡の小型プロペラ機は、これから非日常に向かうという、電車ともジャンボジェット機とも違う冒険心を掻き立ててくれる。この間は約30分のショートフライト。でも着陸した豊岡は一面の雪景色。ここが兵庫? まるで別世界!

街に、歴史に、温泉に、どっぷり浸かれる「城崎温泉」

空港から城崎の街へは、約10㎞。温泉は1300年以上の歴史があり、関西では有馬温泉と並ぶ名湯だ。今の季節なら「かに」が名物で、雪景色とともに愉悦に浸れること請け合い。周辺には文化的スポットも多く、観光にもオススメ。まずは城崎の魅力からお伝えしていこう。

<城崎温泉 西村屋ホテル招月庭>
ここは、江戸末期創業の老舗旅館の流れを汲むホテル。露天風呂やジャグジーなど4タイプの風呂があり、大庭園をはじめ緑溢れるロケーションを楽しめる贅沢な設えだ。

もちろん食事も素晴らしい! ここだけの逸品として絶対味わいたい海の幸が、かに。そして山の幸は但馬牛だ。

この辺りだと「松葉がに」が有名だが、とりわけ城崎近隣の津居山港で水揚げされるものは「津居山かに」と呼ばれる日本有数のブランド。漁の解禁期間である3月までの贅沢だ。急げ!

但馬牛は、神戸ビーフや松阪牛のルーツであり、そもそも現在の黒毛和牛の祖先といわれる、由緒ある銘柄なのだ。とろける脂と旨みは、濃厚でいてエレガント。

城崎温泉 西村屋ホテル招月庭
兵庫県豊岡市城崎町湯島1016-2
0796-32-3535
www.nishimuraya.ne.jp/shogetsu/

ご馳走のあとはいよいよ風呂へ。ちなみに城崎には「外湯」という公衆温泉もあって、浴衣と下駄でこれらをはしごする文化がある。ゆえに店も深夜まで開いていて、街全体がにぎわっているのだ。館内の風呂もいいが、外湯巡りもまた格別。

<城崎文芸館>
城崎は、多くの文人墨客が愛した街としても有名。そう、宿に長期間滞在して執筆にとりかかるというアレだ。例えば志賀直哉の代表作『城の崎にて』。

そんな、この地にゆかりのある作家と作品が紹介展示された「城崎文芸館」。館内の設計や企画なども、著名なクリエイターが手掛けているだけあって、館内を歩き回るだけでも楽しめる。常設展のほか、年に2度のペースで企画展も行っているそうだ。

城崎文芸館
兵庫県豊岡市城崎町湯島357-1
0796-32-2575
http://kinobun.jp/

<城崎温泉ロープウェイ>
山の上から眺める雪化粧や、日本海を望む岬も風情があっていい。ロープウェイは20分間隔で運行していて、景色をゆっくり楽しみながら山頂へ行ける。

中間に駅があるのも特徴。ここからは「温泉寺」や「城崎美術館」などに行ける。下山してからの冷えは、ふもとの足湯でほっこり。

<城崎国際アートセンター>
「城崎国際アートセンター」はちょっと珍しい建物。アートの中でも舞台芸術に特化した施設で、役者や舞台監督などが長期滞在しながら創作活動ができる場となっている。

中には一般にオープンになっている空間があり、稽古の見学なども可能。アートで町興しとはたまに聞くが、その姿はここにもあった。

城崎国際アートセンター
兵庫県豊岡市城崎町湯島1062
0796-32-3888
http://kiac.jp/

NEXT PAGE /

豊岡に来たなら行くべきシブめのプレースポット3選

せっかく豊岡まで来たなら、城崎以外の名所も巡るべき。そこで、オッサンが行くべきプレースポットを紹介しよう。まずは出石という豊岡の城下町。ここもまた味のある雰囲気で、ご当地料理の出石皿そばのほかにも楽しめる要素が満載だ。

<出石 永楽館>
大衆娯楽が栄えた時代の雰囲気を味わいに、タイムスリップするならここ。明治34年に建てられ、近畿最古の芝居小屋といわれる「出石 永楽館」だ。

今でも歌舞伎を中心とした公演のほか、貸館と見学者のための開館を行っている。楽屋や舞台装置など、当時の息遣いを感じる設えが何とも優雅だ。

出石 永楽館
兵庫県豊岡市出石町柳17-2
0796-52-5300
www.izushi-tmo.com/eirakukan/

<宗鏡寺>
出石には寺社仏閣も多い。寺でできることといえば一般的には拝観ぐらいだが、中にはサービス精神溢れる寺も。それがここ、沢庵和尚ゆかりの「宗鏡寺」。

この寺では坐禅、精進料理、お茶を体験することができる。とくに「沢庵漬け」の由来といわれるたくあんは必食。五感が研ぎ澄まされ、素朴な味でもおいしく感じられるのが不思議だ。

宗鏡寺
豊岡市出石町東條33
0796-52-2333
http://sukyoji.com/

<トヨオカ・カバン・アルチザン・アベニュー>
市の中心地へ。実は、豊岡は国産カバンの約7割を製造するカバンの街。その拠点施設「トヨオカ・カバン・アルチザン・アベニュー」では、弥生時代といわれるカバンのルーツや発展の歴史を知ることができる。

館内の1階には展示があるほか、商品も販売。また2階はパーツ専門店、3階は職人を育てるスクールとなっている。カバン好きはぜひ訪れてみてほしい。

トヨオカ・カバン・アルチザン・アベニュー
兵庫県豊岡市中央町18-10
0796-22-1709
www.artisan-atelier.net/

なお、豊岡は特別天然記念物・コウノトリの街としても有名。市内にはコウノトリの郷公園やコウノトリ文化館があり、随所でその姿を見られるが、実はコウノトリと人が共生しているのはここだけ。温泉と美食に溢れ、大自然の中で”幸せを運ぶ”鳥が暮らす、まさに”豊”かな地。ぜひ今度の休みに、ひとっ飛びしてはいかがだろう?

JAL「JAL旅プラスなび」
www.jal.co.jp/tabi/modelplan/dom/kas/tajima/

豊川裕之=写真 中山秀明=文

# 休日# # 温泉
更に読み込む