2019.09.24
HEALTH

ビール党必読! 医師が「ビールは健康にイイ!」と断言する根拠

トキメキの麦酒●ひと口に「ビール」といっても種類はさまざま。季節やシチュエーションによってベストも変わる。だから、心がときめくを基準に「究極のビール」候補をノミネート。どれもひと口じゃ済まなそうだ。

夏が終わっても、ビールなしに1日は終われない。そんなビール党たちは晩酌中、心のどこかで罪悪感を感じていないだろうか? 「糖質」「プリン体」といった、健康面に関する不安である。

今日は、そんな心に重りを抱えた大人たちへ朗報だ。なんと『「病気知らず」の体をつくる ビール健康法』の著者で医学博士の大川章裕さんによると、「ビールは健康にイイ!」のだという。

もし事実なら、これほどトキメキを感じる情報もない。さっそくその意味をご本人に確認してきたぞ!

 

ビールの糖質やプリン体は本当に悪者なのか?

大川さんが院長を務める慶和病院(埼玉県)を訪問。

ーービールは、糖質やプリン体が多いイメージなのですが、やはり飲むのを控えたほうがいいのでしょうか?

いえ、適量を飲んでいる限り糖質やプリン体は気にしなくていいでしょう。尿酸値が高くなって痛風になるというのは、必ずしもビールが原因とは限りません。今は、遺伝子が強い影響を与えているとも言われていますね。

実際に、缶ビール350mlに含まれているプリン体は約20mg。牛肉や豚肉100mgに含まれるプリン体と比べると、わずか4分の1程度の量です。ちなみに、焼酎やウイスキーなど、プリン体を含まないお酒でも体がアルコールを分解する際には尿酸値が上昇するんですよ。

また、ビールは醸造酒で糖質を含んでいるので、蒸留酒と比べカロリーが高くなっています。しかしビールには、糖質の代謝を促すビタミンB群が豊富に含まれていますので、何事も適量というのが大事かと。

ーーなるほど。では結局のところ、ビールは健康にいいと言えるんでしょうか?

ビールも「アルコール」という点で、適量を超えると健康によろしくありません。ただし、これはどのアルコールも一緒です。ただ適量の飲酒は、飲まない人より長生きするとさまざまな論文で発表されています。適量の飲酒には、大腸ガンや動脈硬化・心筋梗塞などのリスクを下げてくれる効果があり、適量を守れば健康にいいと言えます。なかでもビールは、ほかのアルコールよりも健康になれる秘密があります。

ーー秘密、ですか?

ビールの原料である「ホップ」の成分が体にいいんです。ビールを飲んだときに感じるホップの苦味がありますよね。まさにそれが「抗酸化物質」なんです。

ちょっと専門的になりますが、あらゆる病気の原因となる「体の酸化」は、活性酸素によって引き起こされます。簡単にいうと、ストレス、紫外線、食品の添加物などで生じる、老化の原因となる物質ですが、この活性酸素を無害化してくれるのが抗酸化物資なんです。

ホップには抗酸化作用の強いポリフェノールが含まれているだけでなく、ワインのポリフェノールよりも体内での吸収性がよいのです。ポリフェノールは脳を活性化させたり、血管を若返らせたり、骨を強くしたりする効果を持っていて、認知症、動脈硬化、骨粗しょう症の予防になりうると多くの研究で確認されています。

そういう意味で、ビールは健康にイイお酒だと言えるのです。

ーーなんと! 最近はずっとハイボールばかりにしてたけど……

ビールの“悪い”とされる面だけをみて控えているとしたら大間違い。というか、もったいない。適量を守れば、ほかのアルコールを飲むよりも健康にはいいはずなんです。そして、健康的にビールを楽しむには、健康になれるビール選びとオツマミ選びがポイントですよ。ビールならなんでも良いというわけではありません。

NEXT PAGE /

これで健康になれる!? ドクターのおすすめビールはこれだ!

ーービールならなんでもいいわけではない?

ビールのなかでも、抗酸化作用が強いホップがたくさん使われたビールがおすすめです。その筆頭はIPA(インディア・ペールエール)といわれる、苦味が特徴的なビールです。通常のペールエールよりもホップが大量に加えられているので、病気を予防し、健康増進にはふさわしいと言えます。私がオススメしている銘柄はコチラです。

左から、STONE RUINATION IPA(アメリカ)、箕面ビール・ダブルIPA(日本)、BREWDOG PUNK IPA(スコットランド)

ーーこれは嬉しい情報です! ツマミはどんなものがいいですか?

ビールの最強のオツマミは「枝豆」です。“畑の肉”ともいわれる枝豆は、高タンパクでビタミンBとC、葉酸などのビタミン類や、カルシウム、鉄分、亜鉛、カリウムなどのミネラル類、食物繊維などが豊富に含まれています。また、大豆には含まれていない抗酸化作用のあるβカロテンの含有量も多いのです。

ーーそんなにたくさんの栄養素が含まれているんですね。

この枝豆に含まれるビタミンBとCでアルコールの分解を促し、カリウムは取りすぎた塩分や水分を体の外に出してくれます。体に必要なアミノ酸をすべてとれる枝豆は肝臓も守ってくれますし、ビールを飲むときに不足しがちな栄養素を補える優れものなんです。

ーーおお、味だけでも最高の組み合わせですが、まさか健康にもよいとは!

また、枝豆の代用としては、そら豆、エンドウ豆、ナッツなどもおすすめです。唐揚げやフィッシュ&チップスなども高タンパクでいいのですが、脂質などもあるので、食べ過ぎなければまぁいいでしょう(笑)。

NEXT PAGE /

もちろん飲み過ぎは注意! 絶対に知りたい「適量」の目安とは!?

大川さん自身、大のIPA好きだとか。キンキンに冷えたビールよりも、冷たいビールが最後は少しぬるく感じるくらいゆっくりと味わう派。そのほうが健康にも良さそうだ。

ーー結局、健康的に飲むには「適量」が大事だということですが、どのぐらいが適量なのでしょうか?

ビールなら、長生きのための適量は1日あたり大ジョッキ1杯(633ml)です。ビール大国であるアメリカの保健科学協議会が、各国の医療関係者が発表した研究報告をまとめて分析したところ、1日にビール350mlを2〜3缶程度の飲酒をする人がもっとも心臓血管疾患のリスクが低いと出たそうです。

「それはアルコールに強いアメリカ人だからだろ!」とツッコまれそうですが、この研究結果には人種・性別・地域条件を超えた共通性がみられました。

ーー1日2〜3缶! 結構飲んでいいんですね! 夢が膨らみます。ちなみに、気分が良くなってしまって4缶以上飲んだときの対処法は……。

これは難しいですね(笑)。体に入ったら、基本的には取り戻すことはできません。でも、ビールはほかのアルコールよりも水分量が多く、アルコールが体の外に流れやすいという性質がありますから、多少飲みすぎたところで大事には至らないかと思います。

「さぁ、今からビールを飲むぞ!」というときには、チェイサーとして一緒に水を飲むと血中アルコール濃度を減らすことができます。分解するアルコールが少ないほうが肝臓への負担も少なくなりますし、また、途中途中で水を挟むことで口内がリセットされ、ビールの味をよりフレッシュに感じられるので、美味しさも増すはずですよ。ビールの専門家の方々もそうしているそうです。

 

結論! ビールは思いのほかいろんな意味で健康によかった!

大川さんの著書『「病気知らず」の体をつくる ビール健康法』もチェック!

まさかビールにこんなにも多くの健康効果が期待できるとは目からウロコ。要するに、より体が喜ぶビールが「IPA」で、さらに体を喜ばせたいなら「枝豆」と一緒に飲むことがベスト、とのベストアンサーがここに誕生した。

さらに、ビールをチェイサーと一緒に楽しめば適量が少し増える……とまでは言えないかもしれないが、より体に優しいことがわかった。

健康に気を使い、2杯目からは飲みたくても控えていたビール党の面々よ。これからはビールをじっくりと味わうようにして、時間をかけてゆっくりと適量を飲んでさえいれば、舌も体も喜ぶ、理想のビールライフが送れるはずだ。

繰り返すが、調子に乗って飲み過ぎたら意味がないので、それだけはくれぐれもお忘れなきよう。

ビールの効能について教えてくれた人
大川章裕
専門は脊椎外科。医療連携・地域医療を重点的に行い、腰痛や高齢者医療についての講演も多数。海外文献にも豊富な知見をもち、イギリスで進むビールの健康効果に関する研究に注目。予防医学や健康に貢献するとして情報公開を積極的に進める。

 

横尾有紀=取材・文

# ビール# 健康
更に読み込む
一覧を見る