2021.11.25
HEALTH
PR

「もう手放せない」と3人が語るアスタリフト メン。趣味を持つ男こそハマる理由とは

「一度使ったら手放せなくなった」。
 
これが、アスタリフト メンの愛用者からよく聞かれる感想。一度使った人はその魅力の虜になり、年々ファンを増やし続けている。

太陽の下で紫外線を浴びながら趣味を楽しむ人は、特にそう。ランニング、サーフィン、ゴルフといったアクティブな趣味を楽しむ3人も、アスタリフト メンを体感してもらった結果、例に違わず「ハマってしまった」と話している。

その三者三様の理由とは? 

趣味を楽しむ3人の男たち

[左]田中利栄●1977年生まれ。「オン・ジャパン」勤務。フルマラソンを完走する本格派で、週3〜4回はランニングを楽しむ。スキンケアの必要性は感じているものの、何を使えばいいかわからないのが悩み。

[中]酒井英彰●1984年生まれ。大人の酒場として人気を博す東京・渋谷の「酒井商会」店主。週1回は波に乗るため海へと出掛ける。日頃のスキンケアは化粧水と乳液。

[右]松本充史●1981年生まれ。スポーツメーカー勤務。月に1〜2回は仲間たちとゴルフ場へ。スキンケアへの関心度は高く、主にオーガニックアイテムを愛用。

アスタリフト メンの詳細はこちら

NEXT PAGE /

ランナー・田中利栄さんの場合
「ランニング後の習慣になりました」

「ジェリー アクアリスタ」60g 1万2000円、「モイストエマルジョン」80ml 3900円/ともにアスタリフト メン 0120-596-221

「これまでちゃんとスキンケアしてなかったんです」と話すのは、ランニングを趣味に持つ田中利栄さん。

週に3〜4回、自宅周辺や皇居を10kmほど走るのが習慣で、フルマラソンも完走するほどの本格ランナーだ。

日頃からシンプルで機能性の高いランニングギアを愛用する田中さん。使っていて心地良いという点でアスタリフト メンと通ずる。

日々走り込んでいるからこそルックスはスマートだが、意外にもスキンケアには無頓着。洗顔とUVケアだけで長年過ごしてきたが、“今は良くても数年後ヤバいぞ”と周囲からいわれることが増え、危機感を持つようになったという。

「ズボラな性格なので、面倒だと結局続かないんですよ。だけど、アスタリフト メンは簡単にスキンケアできるので、今ではすっかりランニング後の習慣になりました」。

まず田中さんを驚かせたのは、ジェリー状の先行美容液「ジェリー アクアリスタ」だ。
 
「使う前はベタついたら嫌だなって思ったんですけど、肌にすぐ馴染むからそんな感じは一切ない。肌がしっとり感はあるけどさっぱりしてるんです。走って日焼けしたあとジェリーを塗るとすっきりして気持ちいいですよ」。

ジェリーをはじめ、スキンケアシリーズには、富士フイルムの独自技術によって生まれた「ヒト型ナノセラミド ※1」が配合されている。人の肌と同じ構造をしたセラミドをナノ化することで、潤いが角層まで届いて浸透していくのだ。

「洗顔後にジェリーを塗って、そのあと化粧水や乳液を使っても1回のケアに数分しかかからない。『こんなに簡単なの!?』って意外でした」。

肌の乾燥が気になるこれからの時季、田中さんがジェリーとともに使いたいと話すのが、この乳液だ。

「今はジェリーと化粧水をさっと塗ってケアしてるんですけど、乳液は、よりしっとりとした使い心地で冬のランニング後にはマストになりそう。僕みたいに面倒臭がりな人でも、簡単で心地良ければケアを続けたくなりますよね」。

アスタリフト メンの詳細はこちら

NEXT PAGE /

サーファー・酒井英彰さんの場合
「海上がりには、とりあえずジェリーだけでOK」

「ジェリー アクアリスタ」60g 1万2000円/アスタリフト メン 0120-596-221

「最近は海から上がってすぐにジェリーを塗ってます。オッサンが言うのもなんですが、最近の僕の肌はモチモチしてますよ(笑)」。

週1回は千葉の海までサーフィンを楽しみに行く酒井さん。サーフィンを目的にした豪州での留学経験が、料理人になるきっかけとなった。

日頃から屋外で過ごすことが多い酒井英彰さん。良い食材との出逢いを求めて全国の生産者やワイナリーを訪ねる傍ら、時間を見つけては良い波を求めて海へと繰り出す。

アクティブな毎日を過ごす彼にとって、日焼けは日常茶飯事だ。

母がスキンケアアイテムの製造・販売していることも手伝い、日頃から肌のケアは怠らない。そんなスキンケアへの関心度が高い酒井さんを驚かせたのも、やはりジェリーだった。
 
「普段から保湿を意識していて、化粧水や乳液でスキンケアをしていました。でもジェリー状の美容液はコレまで使ってきたスキンケアアイテムとは着眼点が違う。見た目が赤色なことに『何これ!?』ってびっくりしました」。

ジェリーが赤色をしているのは、美容成分「アスタキサンチン ※2」を配合しているから。この美容成分が肌にハリや潤いを与えてくれるのだ。先行美容液であるものの、これひとつで十分という人も多いほどの保湿力を持つ。

「ジェリーは肌がしっとりとする使い心地なんです。これでスキンケアするのが毎日のちょっとした楽しみになるくらい。僕が楽しそうだから、実は妻もこっそり使ったみたいで『凄くいいね!』ってLINEがきました(笑)」。

酒井さんがモノを選ぶとき、重視するのは“上質”であることだ。

「仕事はもちろん、趣味でも上質なものに触れることで、いい刺激が得られると思います。そういう点ではスキンケアも同じ。アスタリフト メンは黒と赤のパッケージで見た目も上品ですし、価格は決して安くないですが、本物志向の男性を満足させてくれるんじゃないかなぁと」。

アスタリフト メンの詳細はこちら

NEXT PAGE /

ゴルファー・松本充史さんの場合
「ラウンドにはミニサイズを持っていきます」

「プレミアムケア スターターキット」。5000円/アスタリフト メン 0120-596-221

月に1〜2回は、千葉や茨城のゴルフコースを回る松本充史さん。ゴルフ場には日陰がなく、肌に降り注ぐ紫外線は避けようがない。

松本さんのゴルフ歴は5年。スポーツブランドのゴルフラインで商品開発を担当していた経験も持つ。

「ラウンド中はしっかり日焼け対策してますが、年齢もあってシミは気になりますね。数年前からスキンケアに気を使うようになりました」。

そんな松本さんが最近ゴルフ場に持っていくのが、約2週間分のジェリーと洗顔フォーム、化粧水、乳液がセットになった「プレミアムケア スターターキット」だ。

ゴルフクラブやシューズ、ボールなど何かとギアが多いなかでポーチに収まるミニサイズは、邪魔にならず重宝しているという。

「ラウンド後、シャワーを浴びたらすぐ使えるようにミニサイズのスキンケアシリーズはポーチに入れっぱなし。ゴルフによる日焼けで乾燥が気になっても、手軽に保湿ケアできるから便利ですよね。持ち運びにちょうどいいから、ジムでの運動後や子供とキャンプするときなど活躍シーンは多そうです」。

できるだけ低刺激で、ナチュラルな香りのスキンケアアイテムが好みだという松本さん。普段はオーガニックコスメを愛用することも多いが、アスタリフト メンは「シトラスグリーンの香りがいい」と高評価だ。

「爽やかな香りですよね。スキンケアに気を使い始めてから色々試してきましたが、これほどしっとりとした使い心地は初めてでした。だけどベタつくわけじゃなく、サラッとしていて気持ちいいんです」。

紫外線による乾燥に怯えることなく、思いっきり趣味を楽しみたい。だからこそ、日頃からしっかりスキンケアすることが大事だ。

美容成分が豊富で高い保湿力のスキンケアシリーズは、アクティブな男たちの趣味ライフを後押ししてくれる存在となるはず。

アスタリフト メンの詳細はこちら

ブリーフィングとのコラボキットにも注目を!

「アスタリフト メン×ブリーフィング 限定キット」9900円/アスタリフト メン 0120-596-221

現在、ラゲッジブランド「ブリーフィング」とのコラボキットを販売中。リバーシブル仕様のトートバッグに、ミニサイズのジェリーと洗顔フォーム、化粧水、乳液がセットになった数量限定のスペシャルキットだ。

ミニトートは迷彩柄と黒のリバーシブルで楽しめる。ゴルフボールやティー、サーフィンの周辺ギアやサングラスなどの持ち運びにも便利。趣味ライフを楽しむ人は、こちらもチェックを!

※1 うるおい成分(セラミドEOP、セラミドNP、セラミドAP) ※2 うるおい成分(ヘマトコッカスプルビアリス油)

[問い合わせ]
アスタリフト メン
0120-596-221

清水将之=写真 小林雄美=ヘアメイク ぎぎまき=文

# アスタリフト メン# スキンケア
更に読み込む
一覧を見る