2021.10.29
HEALTH
PR

BMXの世界王者・内野洋平さんが、40歳を目前にして考える「現在とこれから」

「年齢に逆らうのではなく、より良い歳の取り方をしていく」。

37.5歳の“これから”をポジティブに捉えられる人こそ、いつまでも自分らしくアクティブでいることができる。

「ブラックウルフ」は、そんな未来を自分たちで作っていく男たちを応援する新ヘアケアブランドだ。

ブラックウルフ
今季より新登場の「ブラックウルフ」シリーズ。左から「リフレッシュスカルプ シャンプー」380ml 1760円[希望小売価格]、「リフレッシュ スカルプ コンディショナー」380ml 1760円[希望小売価格]、「スカルプ エッセンス」50ml 4378円[希望小売価格]/すべてブラックウルフ(大正製薬 03-3985-1800)

同ブランドのアンバサダーに就任した内野洋平さんは、自身の愛称から名付けられたトリックが存在するほどの世界的なBMXライダーである。

昨年11回目となる世界タイトルを手にし、今年で39歳を迎える内野さん。もはやレジェンドの域に達しつつある彼だが、その気勢が衰える様子はない。

内野さん
内野洋平●1982年生まれ、兵庫県出身。Ucchie(ウッチー)の愛称で親しまれているトップライダー。世界タイトルを通算11度獲得し、数々のオリジナルトリックを生み出した。また、BMXの選手権を主宰するほか、ブランドのプロデュースを務めるなど、幅広く活躍している。

そんな、世界で戦うエクストリームスポーツ界のチャンピオンに、自身の現在とこれからについて聞いた。

ブラックウルフの詳細はこちら

NEXT PAGE /

「まだまだチャレンジしたいことがたくさんある」

内野さん

16歳でBMXと出会い、6年後の22歳のときに日本チャンピオンのタイトルを当時最年少で手にした内野さん。その後の活躍はめざましく、世界のトップライダーとして確固たる地位を築いている。

そんな彼も来年で40歳。競技によっては現役でいるのが厳しい場合も少なくないなか、体力的な不安を感じていないのだろうか?

内野さん

「僕はみなさんが思うほどアスリート的じゃないんです(笑)。コンマ何秒を競ったり、日常的にハードなトレーニングが必要とされませんから、たとえ衰えていたとしても実感しにくいでしょうね」。

そもそもあまり年齢を意識することはなく、体力はもちろん、競技に対するスタンスも20代の頃からほとんど変わっていないという。

内野さん

「チャレンジしたいことがあって、その絵を描ける人がアクティブなんだと思います。まだまだ僕はやり尽くしていませんし、BMXを降りる予定もない。今はプロのBMXライダーのかたわら、ブランドのプロデュースなど、さまざまなことに挑戦しています」。

ザ・パーク
内野さん自ら、BMX・スケートボードのコンテストを主催したり、BMXフラットランド兼スケートパークである「ザ・パーク(THE PARK)」をオープンさせたりと、ストリートスポーツの振興にも努めている。

まだまだやりたいことがたくさんある。やり残したことではなく、新しい何か。いつまでもチャレンジを忘れない内野さんの“スピリット”をサポートするのが、アクティブな男たちを応援する「ブラックウルフ」だ。

内野さん

「歳をとったことは自覚しています。でも、いつも一緒にいる仲間には年下が多いんですよ。僕は経験やセオリーがある分、新しいアイデアを生み出しにくい。でもまだ伸び盛りの子たちは自由ですし、発想も豊か。とても良い刺激になります。おかげで基本のマインドが若くいられて、あまり自分が歳をとったと感じないのかもしれないですね」。

世界チャンピオンとして若手ライダーを指導する機会が多く、後進の成長によって自分自身もレベルアップできるという。だからこそ、現在も自分の可能性に貪欲でいられるのだろう。

ブラックウルフの詳細はこちら

NEXT PAGE /

「若い頃に追い込んだから、自分に何が必要かわかる」

ライディング

2020年1月、日本で開催されたストリートスポーツの祭典「BMX FLATLAND WORLD COMPETITION “CHIMERA A-SIDE THE FINAL ” 」。そこで内野さんは見事に優勝し、さらなる進化を感じさせた。

「モチベーションは高い状態です。プロなので自転車に乗るのが仕事ですが、半分楽しみながらやっています。もちろん、練習には真面目に取り組んでいますよ。でも、自分に何が必要か分かっているから、過剰にストレスを感じるほどはしません。この感覚は年齢、経験のおかげでしょうね」。

ブラックウルフ

トレーニングは、ただやみくもに時間を費やせばいいわけではない。そのことに気付けるのは、経験を積んだ大人の証だ。

ヘアケアも同様。毎日のシャンプーを、ただ頭を洗うだけと捉えず、「シャンプーで頭皮をスキンケアする」という考え方に切り替えられるかどうか。それに気付いた男たちが手に取るのが、「ブラックウルフ」。髪の毛の土台である頭皮のケアは、案外気軽に始めることが可能だ。

内野さん

内野さんがこの境地に至ったのは、悩み苦しんだ20代があったからだという。

20代前半で日本チャンピオンになり、その勢いでワールドクラスのライダーが並ぶ世界大会に初挑戦。しかし、結果は8位と自身の予想を大きく下回った。

「ショックでしたが、乗り越えられない壁じゃないと感じて一念発起。1年以上、コンテストやショーにはエントリーせず、ひたすらトレーニングに打ち込んだんです。それまで遊びの延長のような感覚で続けていましたから、一度くらい本気で向き合おうって」。

内野さん

「誰とも遊ばないしお酒も飲まず、毎日10時間くらい練習。ストレスで体調を崩して、BMXを見ただけで気分が悪くなるほど乗りました。もう二度とあんな苦しい思いはしたくないし、できないでしょうね」。

復帰後の様子
2008年、復帰後にアメリカで行われた世界選手権「VOO DOO JAM」にエントリーし、見事優勝。初の世界タイトルを獲得した。

表舞台に復帰後、初めて挑んだ国際大会では3人の世界王者と連戦。見事、優勝を掴み取った。ワールドクラスのライダーへと上りつめた内野さんは、名だたる企業からスポンサードを申し込まれるスーパースターに。

若い頃の苦労を経ることで、自分がアクティブでいるためには何がどう必要なのかがわかってくる。ヘアケアもそう。40歳を前にして必要なのは、今の良い状態をキープしていくための“仕掛け”だ。

内野さんとブラックウルフ

自分本来の頭皮の活力(※毎日のお手入れによる)に着目して生まれた「ブラックウルフ」は、独自処方によって今ある黒髪をケアし、ハリ・コシのある頭髪へと導いてくれる。

無理はしない、でも次に進むことはやめたくないアクティブな男たちにとって、「ブラックウルフ」は良いパートナーとなるはずだ。

ブラックウルフの詳細はこちら

NEXT PAGE /

「ストリートをより身近で素敵な環境にしたい」

内野さん

スケートボードのメダリストが日本から生まれ、BMXを含めたストリートスポーツは大きな成長が見込めるカテゴリーとなった。内野さんは今、ストリートスポーツのより良いあり方を考えているという。

「ようやくスケートパークをチラホラ見かけるようになりましたが、競技人口と比べると圧倒的に少ない。箱だけ作ればいいというワケではないんです。スケーターやライダーの基本はやっぱり路上。街で気軽に楽しめるのが理想です」。

ただ、そのためにはプレーヤーが基本的なマナーを徹底していかなければならないという。

内野さん

「日本のストリートシーンは残念ながら未成熟。苦情を言われて当たり前の状況だと思います。今は再びストリートが注目されているタイミングなので、僕はチャンピオンとして理想のマナーを発信していきたい。路上で楽しんで良いから、守るべきことは守ろう。その方が格好いいんだよと」。

自分たちのアクティブなフィールドは、自分たちで作り、守っていくのだ。

内野さん

「スケーターやライダーたちが迷惑な存在じゃなくなれば、ストリートはもっと素敵になりますよ。スケボーやBMXならトッププレーヤーが街中でトリックしている、なんてこともあり得るんですから。

『買い物に行った渋谷で金メダリストがトリックしてたよ!』なんて会話が交わされるようになったら、楽しそうだと思いません?」。

内野さん

大人になったからこそわかる、真の格好良さ。けれど遊び心も忘れない。内野さんは「ブラックウルフ」のボトルを手にし、「なんだか男心をくすぐりますよね」と笑った。

ブラックウルフの詳細はこちら

NEXT PAGE /

「10年後も若い子たちの見本であり続けたい」

内野さんと後輩
BMXの練習を共にする後輩たち。内野さんのスピリットは、彼らにも引き継がれていく。

自身とストリートシーンの可能性を広げ続ける内野さん。最後に、10年後にどうなっていたいかを聞いた。

「最近、強く思うのは、若い子たちの見本となる存在になっていたいな、ということ。彼らが僕の背中を見ているということを忘れずにいたいですね。だからライダーとしての技術やセンスだけではなく、日常的な振る舞いも含めて見本にならないと。そして、今と変わらず楽しくBMXに乗り続けていられたらいいですね。生涯現役で!」。

内野さん

自分が育ったストリートを忘れず、将来もシーンの環境改善に努めたいと望む世界チャンピオン。

少年のハートと大人の実力を兼ね備えたアクティブな内野さんを「ブラックウルフ」は応援し続けていく。

アクティブでい続けたい男たちに捧ぐ! 「ブラックウルフ」

ブラックウルフ
(左)「リフレッシュ スカルプ シャンプー」380ml 1760円[希望小売価格]、(中央)「スカルプ エッセンス」50ml 4378円[希望小売価格]、(右)「リフレッシュ スカルプ コンディショナー」380ml 1760円[希望小売価格]/すべてブラックウルフ(大正製薬 03-3985-1800)

新しいヘアケアブランド「ブラックウルフ」は、黒髪に立ち上がる強さ&ボリューム感を求める人のための「ボリュームアップライン」と、黒髪を根元からリフレッシュして清潔感を手に入れたい人のための「リフレッシュライン」。そして、ベタつかず頭皮にうるおいを与える、洗い流さない「エッセンス」をラインナップ。いずれも、10年後もアクティブでいたいオーシャンズ世代の味方である。

ブラックウルフの詳細はこちら

 

[問い合わせ]
大正製薬 お客様119番室
03-3985-1800(受付時間8:30〜17:00 土・日曜・祝日を除く)
https://brand.taisho.co.jp/blackwolf/

浦 将志=写真 鯨岡有樹(DaB AOYAMA)=ヘアメイク 金井幸男=文

# シャンプー# ブラックウルフ
更に読み込む
一覧を見る