2021.05.17
HEALTH
PR

30日で“いい体”に変わる「クレバーメソッド」考案。カギを握るのはWPI100%のプロテインだった!

「いい体を手に入れたい」。そう決意してトレーニングに励むも効果が出ずに挫折……。

ボディメイキングの鍵を握るのは、トレーニングだけではない。食事、睡眠、生活スタイル、栄養補給まで、さまざまなバランスが取れていないと、いい結果は得られない。

そこで、オーシャンズでは30日間で引き締まった“いい体”へ変わるための「クレバーメソッド」を考案。まずは、ダイエット指導を専門に行う医師・工藤孝文先生に、その心構えを教えてもらった。

話を聞いたのはこの人!

工藤孝文●内科医・糖尿病内科医・漢方医。福岡県みやま市にある工藤内科で院長を務める。糖尿病やダイエット治療を専門とし、自身も10カ月で25kgの減量に成功。テレビや雑誌などで活躍。『内臓脂肪を減らす食べ方 毎日100gダイエット!』(日本実業出版社)、『ゆるやせ漢方ダイエット』(日本文芸社)など著書多数。

賢く“いい体”になるための4つの心構え

理想の体は人それぞれ。体づくりを始める前に、どんな体になりたいのか目標を具体的にイメージすることが大切という工藤先生。

映画の登場人物やアスリートなど、なんでもいいので、どうなりたいのかをきちんとイメージしておくこと。目標設定が明確になると、自分にとって何が必要なのか、トレーニングの取捨選択ができます」。

目標が決まったら、まずは工藤先生が提唱する、体づくりの効率を上げる4つの心構えを押さえておきたい。

 

・プロテインを取り入れて、1日に必要なタンパク質を効率的に摂る

©︎a_namenko/iStock

筋肉や血液・骨の材料となるタンパク質は、体づくりには欠かせない栄養素。

1日の摂取目安量は体重1kgあたり約1gと言われているが、体づくりをするなら体重1kgあたり1.5gが目安だ。

食事で摂取できれば話は簡単だが、現実的には難しく、効率も悪い。

低糖質・低脂質で吸収に優れたプロテインをうまく取り入れましょう。食事の最初にプロテインを飲む“プロテインファースト”は、空腹感が和らぐうえ、筋肉の合成もサポートしてくれるので、体づくりにおすすめの食事法です」。

                                                                                    

・筋トレ→有酸素運動で脂肪燃焼アップ!

体づくりの優先課題といえば脂肪を落とすこと。そのためには筋トレ後に有酸素運動を取り入れるのがベストだ。

「血液中の遊離脂肪酸は、エネルギーの源となる脂肪分ですが、利用されないと中性脂肪となり、脂肪細胞に蓄えられてしまいます。ところが筋トレをすると、遊離脂肪細胞を燃焼させる成長ホルモンが分泌

この後に有酸素運動を行うと、効率よく脂肪燃焼できるのです。せっかくトレーニングをするのであれば、筋トレ→有酸素時運動の順番で組み合わせましょう」。

 

・ “いい体”への第一歩は良い睡眠にアリ

©︎poramesstock/iStock

体や筋肉のリカバリーに良質の睡眠は不可欠だ。

睡眠中に分泌される成長ホルモンによって、筋肉の修復と再生が行われます。また、質の良い睡眠はトレーニングのパフォーマンスを上げることにもつながります。

よく眠れない、寝起きがスッキリしないという人は、朝日を浴びてください。幸福ホルモンのひとつであるセロトニンの分泌を促しますし、夜にはセロトニンがメラトニンという睡眠ホルモンに変化するので、睡眠の質を上げてくれます」。

 

・腸内環境を整えて、痩せ菌を増やすべし

「腸内にはデブ菌、痩せ菌というのがあります。ヨーグルトや納豆などの発酵食品に含まれる乳酸菌をはじめ、オリゴ糖や食物繊維を摂取すると痩せ菌が増えて痩せやすい体質になるのです」。

ヨーグルトにオリゴ糖を加えたり、発酵食品と食物繊維が豊富なおからを組み合わせたり、自分好みのアレンジを見つけてみよう。

「通常であれば効果は2週間ほどで現れます。バナナのような便が出れば、腸内環境が整ってきた証拠。もし効果を感じられないようであれば、違うアレンジを試すなど、自分に合うものを探してみてください」。

NEXT PAGE /

“いい体”に必要なものが詰まったベストチョイスがこれだ

引き締まった“いい体”をつくるために、プロテインが欠かせないことはわかった。だが、種類がありすぎてどれを選んだらいいのか悩む人も多いはず。

そこでおすすめしたいのが「クレバー マッスル」だ。工藤先生の心構えにもぴったりの4つの理由を解説する。

「クレバー マッスル」900g(30〜60回分) 各5940円/クレバー(ネイチャーラボ 0120-077-002)

クレバー マッスルの詳細はこちら

 

理由① 純度90% 。効率的にタンパク質を摂取

図はタンパク質の利用率を示したもので、カゼインやソイといった他のプロテインと比較してもその数値は圧倒的に高い。※アメリカ乳製品輸出協会 Reference Manual for U.S. Whey and Lactose Productsより

プロテインには、ホエイやカゼイン、ソイなどさまざまな種類がある。なかでもホエイプロテインは、タンパク質の利用率が圧倒的に高いことが特徴で、タンパク質のもととなる必須アミノ酸の含有率も多い。

そして「クレバー マッスル」では、タンパク質の含有量を90%以上に高めた「WPI(ホエイプロテインアイソレート)」を100%採用している。(※アメリカ乳製品輸出協会 Reference Manual for U.S. Whey and Lactose Productsより)

高純度なので植物性プロテインと比べ、吸収率が高いことも利点のひとつ。

一般的なホエイプロテインで使われる「WPC(ホエイプロテインコンセントレート)」と比べ、脂質やコレステロール、乳糖といった不純物を徹底的に取り除いている。つまり、効率的にタンパク質を摂取できるのだ。

 

理由②  21種類の乳酸菌+穀物麹で吸収率に着目

©︎magicmine/iStock

プロテインを多く摂取すると腸内環境が悪くなると聞いたことがないだろうか?

「クレバー マッスル」なら、その点も安心。21種類の乳酸菌と穀物麹を組み合わせることで、腸内環境をサポート。トレーニングやダイエット効果を高めてくれる。

 

理由③ BCAA 5000mg含有で筋肉の合成のための栄養補給に

運動時の筋肉のエネルギー源となるのが必須アミノ酸BCAA。「クレバー マッスル」では、BCAAが5000mg(1食30gあたり)含まれている。これは筋肉を構成するアミノ酸の40%以上にものぼり、筋肉の合成のための栄養補給に。

さらに、血中や筋肉の中でもっとも多いとされるアミノ酸であるグルタミンとグルタミン酸も5500mg(1食30gあたり)配合。運動後のパフォーマンスをサポートする。

 

理由④ 低糖質、低脂質なのに圧倒的ウマさ

独自のマイクロフィルター製法で濾過をすることで、飽和脂肪酸やトランス脂肪酸、糖質などを大幅にカット。体づくりにうれしい低糖質、低脂質を実現した。さらに乳糖もほとんど含んでいないので、牛乳が苦手という人でも安心だ。

高純度のためシェイカーがなくても水にサッと溶けるのもポイント。フレーバーはミックスベリー、チョコレートの2種類。どれも驚くほどおいしいので、毎日飽きずに飲み続けることができる。

クレバー マッスルの詳細はこちら

NEXT PAGE /

見た目も中身も“いい体”をつくる「30日間のクレバーメソッド」

“いい体”をつくるための心構えと最適なプロテインがわかったところで、次は実践編だ。

どんなにトレーニングに励んでも、体の土台が整っていなければ、効果は大きくダウンする。そこで、体を引き締めつつ、太りにくい体をつくるための30日間のクレバーメソッドに挑戦してほしい。

「クレバー マッスル」を上手に活用すれば、今年の夏こそ理想の体に近づくはずだ!

 

① 毎朝クレバーで1日のスイッチをON

時間がない、面倒だからと朝食を抜いている人も多いのではないだろうか。だが、朝の体はタンパク質が枯渇した状態

タンパク質の摂取量が十分でないと、アミノ酸の血中濃度が上がらず、筋肉合成のスイッチがオンにならないばかりか、筋肉が分解されてしまうのだ。

そこで取り入れたいのがクレバーのプロテイン。サッと溶かして飲むだけだから、ものぐさな人でも続けやすい。


② ヨーグルト+バナナ1本で腸活

代謝の良い痩せやすい体をつくるために取り組みたいのが、腸内環境の改善。「クレバー マッスル」は21種類もの乳酸菌を配合しているため腸活にうってつけだが、さらに腸に良い食材をプラスしてみよう。

おすすめは善玉菌を含んだヨーグルトと、オリゴ糖と食物繊維が豊富なバナナを加えたアレンジ。1日に1回好きなタイミングで摂取しよう。


③ 週2回の筋トレ&有酸素運動+クレバー

体を変えるのが目的なら、宅トレ派もジム派も最低でも週2回「筋トレ→有酸素運動」で1時間のトレーニングを取り入れよう。

筋トレは、スクワットや腕立て伏せ、腹筋といったオーソドックスなメニューでOK。有酸素運動は、ウォーキングから始めて慣れてきたらランニングにチャレンジしてみて。脂肪燃焼のスイッチをONにするとされる20分を目安に頑張ってみよう。

そして、トレーニング後30分はプロテイン摂取のゴールデンタイム。「クレバー マッスル」なら、WPIを100%、必須アミノ酸BCAAを5000mg(1食30gあたり)含んでいるから、運動後のパフォーマンスをサポートしてくれる。


④ 週1の夜断食で脂肪が燃えやすい体を手に入れる

体内には、摂取した糖を脂肪に変えるビーマルワンという時計遺伝子があり、それが活発に働く20時以降に食事を取ると太りやすくなる。そこで週1回は夜断食をして体をリセットしよう。

空腹状態が8時間続くと体内のブドウ糖がなくなり、肝臓で脂肪が分解されるようになる。つまり週1回夕食を抜くだけで、効率的に脂肪を燃焼させ、太りにくい体をつくれるのだ。もちろん断食明けの朝食には、クレバー摂取をお忘れなく。


⑤ 成長ホルモンが分泌される22時〜2時の間に寝る!

睡眠はただ体を休めるだけのものではない。睡眠不足になると筋肉を分解するホルモン、コレチゾールが分泌されるため、体づくりには大敵だ。また、夜中になると口寂しくなるのは、空腹を刺激するホルモン、グレリンが分泌されるため。

効率的に“いい体”を手に入れるなら、成長ホルモンが分泌される22時〜2時の間に寝るのがベスト。日付が変わる前には就寝し、最低でも6時間は取るようにしたい。

以上が、クレバー マッスルを取り入れたメソッドだ。30日間続けることで、体が引き締まっていくだけでなく、リバウンドしづらい体に変化していく。効果をさらに実感したいなら、もう2週間、1カ月と継続してみてみよう。

賢く“いい体”をつくりたいと願う諸兄にとって、「クレバーマッスル」は良きパートナーとなるはずだ。

クレバー マッスルの詳細はこちら

 

[問い合わせ]
ネイチャーラボ
0120-077-002
www.clever-protein.com/

 

清水健吾=写真 平沼久幸=イラスト 林田順子=取材・文

# クレバー# プロテイン# ボディメイク
更に読み込む