2020.05.24
HEALTH

体を内側から整える。ユースケ部長が在宅ワーク中に愛飲するクレンズドリンク

多くのビジネスパーソンが在宅ワークを強いられているが、それは大手総合商社・亞藤忠物産に勤務する平山ユースケ部長も例外ではない。

それはちょうど出向先の化粧品メーカーで美容に目覚め、ようやく自分の居場所を見つけたと思った矢先のことだった。

ミカコが教えてくれたコールドプレス製法で作られたジュースにハマり、ますます美容意識が高まりつつあるユースケ部長。

とかく心も体も緩みがちな日々でもユースケは好調をキープしているという。この状況をいかに乗り切っているのか? その秘訣は、ネットで取り寄せている「クレンズドリンク」(=体内をキレイにし、老廃物を排出する飲み物)にあるようで。

さっそくユースケ部長に、愛飲中のクレンズドリンクを見せてもらおう。

 

①1日のうち1食を置き替える
「コールドプレスジュース」

200ml 4667円[6パック]/サンシャインジュース http://sunshinejuice

現代人は1日3食が習慣となっているが、それはデスクワーカーの成人男性にとって「食べ過ぎ」にあたる可能性が高い。ユースケ世代(40代)の男性であれば、1日に必要とされる糖質は100~150g、カロリーは2300kcal程度が妥当だと言われている。在宅ワーク中はもっと低くてもいいだろう。

例えば、白米茶碗1杯に含まれる糖質は約50g以上。1日3食しっかり食べたらそれだけで150gは超えてしまう。いつでも高いパフォーマンスと体型を維持していたいユースケは、恒常的な食べ過ぎを止めるためにプチ断食を決意。1日のうち1食をコールドプレスジュース「D.J.」へと置き替えた。

コールドプレスとは、素材をプレスして水分を搾りだす製法で、果物や野菜に含まれている天然の栄養素をフレッシュなまま体に取り入れられるのが特徴。国産のオーガニックケールとモリンガ(ワサビ科の植物)をベースに、りんごやレモンをブレンド。

「さっぱりしてて、これならコールドプレスジュース初心者でも飲みやすい。定期便もあるみたいだし、続けてみようかな」と思うユースケであった。

 

②炭の吸着力で毒素を除去
「チャコールウォーター」

300円 490ml/アクティブ・チャコール・ウォーター(琉球フロント www.amazon.co.jp

洗顔料や脱臭剤、防湿剤……などなど、炭は汚れを吸着することで知られる素材だが、実は体内の汚れまでも取り除いてくれることはあまり知られていない。

ユースケは、とあるファッションブランドのレセプションに出席した際、チャコールジュースなるものを出されたことがある。それはパウダー状の真っ黒い炭をジュースに溶かしたもので、「なんじゃこりゃ!」と仰天したものだが、部下曰く……

「部長、 ニューヨークでは今、チャコールクレンズが流行っているんですよ。炭の吸着力によって、有害物質や毒素の吸着・排出効果や抗糖化が期待される手軽なデトックス法なんです」。

「そ、そうなの……?」と関心しつつ、おそるおそる飲んでみると「んんっ!? 普通にイケるじゃん!」。見た目とは裏腹な飲みやすさに大いに驚いた。「あのときの炭ドリンク、家でも飲めたらなぁ」と後ろ髪を引かれていたユースケだったが、ここで朗報が。なんと、ペットボトルタイプのチャコールウォーターが販売されていたのである。

キャップをひねると、キャップ内にセットされた竹炭とヤシ殻活性炭を使用した粉末がボトル内に拡散。ミネラルウォーターが黒く変化していく。開栓すればすぐにチャコールウォーターの完成だ。「これなら、少しアブラっこいものを食べたって“油介”なんて呼ばれないだろう」とニンマリするユースケであった。

NEXT PAGE /

③アメリカのセレブも御用達
「コンブチャ」

各295円 250ml/コンブチャワンダードリンク(リココチ www.recocochi.com

北米地区へ出張の際は、いつも現地のオーガニックスーパーへ立ち寄るのがお決まりとなっているユースケ。だが、好奇心旺盛な割に決して手を出さずにいた飲み物があった。ラベルには“KOMBUCHA”と書かれている。

「昆布茶だって? 日本茶が流行っているとは聞いていたが、まさか昆布までとはねぇ?」と同行した駐在員に話を振ったものの、なぜかポカンとした表情でこちらを見ているではないか。

「あぁ、平山さん。これは昆布ではなくてコンブチャという発酵飲料の一種なんですよ。日本人は混同する人が多いですけどね(笑)」。

「えっ、なんだって!?」。

そう、これはヘルシー志向の強いアメリカのセレブたちに愛飲されている、今流行りの健康飲料だったのだ。

コンブチャにはお茶と発酵由来の有機酸(酢酸)、アミノ酸、ポリフェノールなど、消化機能や腸内環境といった代謝機能の改善に役立つ栄養素が豊富に含まれている。全米で糖分や人工甘味料を含んだソフトドリンクの売り上げが下がり続けるなか、そのヘルシーさで売り上げを年々伸ばしているのだとか。

以来、コンブチャを愛飲するようになったユースケ。なかでもお気に入りはポートランド発のブランド、コンブチャワンダードリンクだ。代表的フレーバー「トラディショナル」は、フレッシュでオーガニックなウーロン茶で作った現代版コンブチャで、アップルサイダーのようにフルーティで爽やかな酸味は食事中にもオススメだ。

 

④整腸で意欲や協調性をアップ!
「植物エキス発酵ドリンク」

60ml 3000円[6本セット]/スーパーオータカ(大高酵素オンラインショップ https://ohtaka.shop-pro.jp

ユースケは腸内環境を整えることにも余念がない。

というのも、腸は脳の神経伝達物質、セロトニンの分泌器官で、「第二の脳」と呼ばれるほど大切な役割を持っているからだ。セロトニンの欠如は仕事への意欲低下や協調性の欠如、不眠などを引き起こすため、健康を維持するうえで重視されている。

ユースケは最近、知り合いに教えてもらった酵素ドリンク「スーパーオータカ」の摂取を習慣としている。

伝統的製法により、50種にも及ぶ原料植物から生命力溢れる植物エキスを自然抽出。180日間以上自然醗酵・熟成させ、丹精込めて育てあげた一品だ。20種類以上のオリゴ糖が含まれており、ビフィズス菌などには格好のエサとなるため腸内の悪玉菌増加を防いでくれる。

成分が微生物によってすでに分解されているため、体内への吸収もスムーズ。アンチエイジングにも効果があるとされる「抗酸化ポリフェノール」の一種であるコーヒー酸やクロロゲン酸、プロトカテク酸やチロソールなどが含まれており、抗酸化力や免疫力の向上も期待できる。

在宅ワークでは間食が増えがちだが、ユースケはおやつ代わりに飲むようにしている。日課のランニングと併せて体重減少も実感できるようになってきた。今日は久々に得意先とのオンライン会議だ。

「あれ、部長、なんか痩せました? それに今日はいつも以上にポジティブですね」。

ユースケの体重も気分も日々軽くなっているようだ。

 

西崎博哉(MOUSTACHE)=写真(人物) 大関祐詞=文

# ドリンク# ユースケ部長# 美容
更に読み込む