カラダ笑う薬膳 Vol.8
2019.12.29
HEALTH

一年の締めくくりに! カジキ、ニラ、海老で心身ともに整理整頓

いろんな曲がり角の37.5歳に、薬膳ママからツマミのレシピをお届け。旬な食材を使ったツマミをアテに、美味しくカラダを整えよ!

中医薬膳の五臓に沿った「肝」「心」「脾」「肺」「腎」、それぞれに働きかける酒のアテをコチラでご紹介しましたが、今回は、その中から1年のストレスを緩和する「肝」と、お疲れさまの「腎」に働きかける2品のレシピをお伝えします。

ひと皿目「香味野菜とカジキマグロの南蛮漬け」

香味野菜とカジキマグロの甘酢南蛮漬け

ストレスのない生活は無理だけれど、溜め込まないのが得策。そうはいっても忙しいオーシャンズ世代、ときにイライラ、鬱々、なんだか落ち着かない……なんてことも。そんなときは「肝」に働きかける食材を積極的に摂ってみましょう。

そのメイン食材に選んだのがカジキ。カジキは、疏肝(【そかん】疏は疎通の意味。気の流れを促し、肝気のうっ滞を解消する)や、理気(【りき】気の流れを正常にする)効果のある食材で、ストレスや寒さなどで滞ってしまった気を通し、発散させるのを助けます。

酸味が肝の気の流れを助けるので、南蛮漬けはまさにうってつけのレシピ。和えてあるピーマンや甘酢に浸した柚子にも理気の効果があるし、イライラをおさめる働きのある春菊も甘酢にたっぷりと入れています。

[材料]2人分
カジキ(切り身) 2切れ
玉ねぎ 1/2個
赤ピーマン 1/2個
春菊 30g
柚子 1/2個(皮も使用)
酢 150cc
きび砂糖 大さじ2(お好みで大さじ3)
片栗粉 適宜
揚げ油 適宜
[作り方]
カジキはひと口大に切って、片栗粉を全体に軽くまぶす。
 深めの容器に、酢、砂糖、絞った柚子を加え、よく混ぜて甘酢をつくる。
玉ねぎは薄切り、赤ピーマンは細切り、春菊はみじん切りにし、の甘酢にいれる。
適量の揚げ油を170℃くらいに熱し、のカジキを揚げる。
で揚げたカジキが熱いうちにの甘酢に1時間ほど漬け、味を馴染ませる。
器に盛り付け、いちばん上に、千切りした柚子の皮を乗せて、出来上がり!

 

NEXT PAGE /

ふた皿目「ニラと干し海老のおひたし〜黒ごま風味〜」

にらと干し海老のおひたし 黒ごま風味

お次は栄養たっぷりのにらをまとめて食べられる箸休め、薬膳仕立てのにらのおひたしをご紹介します。

ニラと海老はどちらも、温陽(【おんよう】陽気を補うことで、身体をあたため生理機能を正常にする)と補腎(【ほじん】身体に元気を蓄える働き)の働きがあるので、身体をあたため、パワーをつけたい冬にぴったりの食材コンビなのです。

海老は、干し海老を使って戻し汁も利用するので、香り良いおひたしに仕上がります。さらに、「腎」を補強する助っ人、黒ごまとごま油をプラスして1年の疲れをとり、来年にむけてチャージしましょう!

[材料]2人分
ニラ 1束
干し海老 30g
黒すりごま 20g
酒 大さじ1
醤油 小さじ1
みりん 大さじ2
ごま油 数滴
[作り方]
干し海老は、ぬるま湯につけてもどす。戻し汁はとっておく。
の戻し汁50ccに、酒、みりん、醤油を入れ、ひと煮立ちさせ、冷ましておく。
 ニラをさっと茹で(茎部分は1分、先の柔らかい部分は30秒くらい)、水にさらし、4cmくらいに切りそろえる。
のニラと、の海老をに入れ、味を含ませる。仕上げに黒ごまとごま油を加え、さっと混ぜて、出来上がり!

 

[薬膳ママからひと言]
何かと慌ただしい年末ですが、「肝」と「腎」をいたわって1年の疲れをゆっくりとってください。美味しいものを楽しくいただき、少し身体も動かしてくださいね。そして何より心を動かすことを忘れずに。笑ってくださいね。皆さまにとって、2020年も健やかな1年になりますように。
ママの「おばんざい屋」編はこちら。

小池美枝=写真・文 

# カジキ# レシピ# 薬膳ママ
更に読み込む