2021.04.23
FOOD&DRINK
PR

“プシュ!”で始まる三浦理志さんのご褒美時間。〈香る〉エール片手に語ること

サーフィンが趣味で料理の腕もプロ顔負け、自産自消の農ライフまで満喫する人気モデル。とくれば、マーシーこと三浦理志さんをおいてほかにはいない。

街に海に畑にと、日々忙しく飛び回る彼が大切にするご褒美時間。そのオトモに欠かせないのが最“幸”のビールだという。

オンからオフへ。その切り替えに必要な一杯

三浦さんが持つグラスに注がれているのは「ザ ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール」だ。このひと口から、ご褒美時間がスタートする。

“いつ休んでいるのだろう”。いつも笑顔の絶えない三浦さんを見ていると、ついそんなことを思ってしまう。モデルという職業柄、オンとオフの切り替えは特に難しいと感じるからだ。

「楽しく働くのはすごく大切だけど、同時にけじめも大事。最近は特に、プライベートと仕事の区別をしっかりつけなきゃと思っていて。

休みの日はサーフィンとか、海で過ごす時間がやっぱり多いですね。1日ゆっくりできるのなら昼から飲むこともありますよ。そんなときの定番がこの〈香る〉エール。サーファー仲間にもファンが多くて、みんなで幸せな気持ちにさせてもらっています(笑)」。

要は、メリハリのつけ方が上手。ゆえに三浦さんはいつもフレッシュで、輝いて見えるのかもしれない。

「どうなんだろう。でも、オンとオフの差をちゃんと持たせると、結果的に両方うまくいくような気がしますね。オンがあるからオフが楽しいし、趣味があるから仕事を頑張れる。

僕にはどちらも大切で、だからこそ境界を曖昧にしたくない。そのスイッチになるのが、ビールを開ける瞬間だったりするんじゃないでしょうか。“プシュ”っていう気持ちいい音とともにね(笑)」。

では、三浦さんにとって最“幸”のオフの過ごし方とは?

「いい波に乗ることだったり、料理を作ることも食べることも好き。きれいな夕陽を眺めながらの愛犬との散歩も幸せですね。

って、いろいろありますけど、そのときどきの気持ちをさらに盛り上げてくれるのが、お気に入りのお酒なんですよね。それぞれの時間と〈香る〉エールがリンクしたら、もう最“幸”です(笑)」。

〈香る〉エールの詳細はこちら

NEXT PAGE /

「美味しい!」は明日への活力になる

若い頃から根っからのビール党だという三浦さん。“空きっ腹にビール”が大好物で、喉越しや爽快感を好きなポイントに挙げてくれた。そして、ある時から味にもこだわりを持つようになったとか。

「きっかけは、昔、サーフトリップ先のカリフォルニアで飲んだエール系のビールでした。上品な甘さとコクがあって、しかも爽やか。これまで飲んできたビールとはまったく別物でしたね。

ビールが“とりあえず”の存在から、“やっぱり”へと変わった瞬間です。それ以来、ただのビールじゃ満足できなくなったんです」。

そんな三浦さんが、「カリフォルニアでの感動をいつも思い出す」のが〈香る〉エールなのだ。

エールビールの伝統的な製法をベースに、日本人の舌にあったフルーティな味わいを実現。良質な天然水やダイヤモンド麦芽など、素材もとことんこだわっている。

「問答無用に美味しいです、お世辞抜きで。爽やかな風味で喉越しはいいんだけど、味わいもしっかりしていて飲みごたえがある。理想的な一杯ですよ。料理もそうですが、僕は“美味しい”が次なるオンタイムへの活力になるんです(笑)」。

これからの季節に〈香る〉エールを合わせたいレシピを自著から探す。手が止まったのはここだ。

まさに、その好きが高じて、三浦さんは最近レシピ本まで出版してしまった。“美味しい”への探究心が人並み以上の三浦さんの言葉には説得力がある。

〈香る〉エールの詳細はこちら

NEXT PAGE /

結果、生まれる、いい循環。だから最後に「もう一杯」

オンとオフをつなぐ懸け橋であり、貴重なご褒美時間をともにする相棒でもある〈香る〉エールだが……。

「普段は〈香る〉エールを飲む機会が多いけど、王道のザ・プレミアム・モルツが飲みたくなる瞬間もあるんですよ。重みのある味で、深いコクがダンディなイメージ。ゆっくり家で嗜むときとか、二杯目とかに“プレモル”が欲しくなる」。

三浦さんが手に持つのは深いコクが特徴の「ザ・プレミアム・モルツ」だ。

特別な製法で導く上品なアロマや濃厚な味わいは、もはや誰もが知るプレミアムビールの代表だ。それを三浦さんは、気分やシーンに応じて飲み分ける。

「オンとオフの話じゃないけど、ある程度の区切りは必要で、それがいい循環を生むんじゃないかな。〈香る〉エールと、通常のプレモル。それぞれを飲み比べることで、お互いのいいところを再認識できたりね」。

と言ってプレモルを開けた三浦さんに、もう一本飲むんですか? と声をかけると「大丈夫! 明日はオフだから。引き続きご褒美時間を楽しみます」。

自然体が格好いい男は、海を眺めてそう言った。

ザ・プレミアム・モルツの詳細はこちら

[左]日本人好みのフルーティな味わいと爽やかな香りが特徴の「ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール」は、稀少品種のカリスタホップを使用。余韻ある後味に虜になる人が多く、“青のプレモル” として親しまれている。[右]贅沢なビールとしてお馴染みの「ザ・プレミアム・モルツ」はピルスナータイプ。深いコクと華やかな香りが楽しめる。/ともにサントリー www.suntory.co.jp/customer/

ちなみに、経済誌「フォーブス」では、元ラグビー日本代表キャプテンの廣瀬俊朗さんのご褒美タイムとプレモルのいい関係をレポート。ぜひチェックを!

「至福のご褒美時間が僕を強くする』。元ラグビー日本代表主将・廣瀬俊朗のOFFとプレモル」

[問い合わせ]
サントリーお客様センター
www.suntory.co.jp/customer/

吉澤健太=写真 松平浩市=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク 増山直樹=文

※ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。

着用したアイテム
カーディガン5万2800円/ヘリル(にしのや 03-6434-0983)、カットソー7480円/アブ ガルシア(アンシグス 03-6447-0135)、パンツ2万7500円/オムニゴット(オムニゴット北堀江 06-6543-0625)サングラス3万3000円/カーニー(フィート 03-3719-1550)

提供:ザ・プレミアム・モルツ

# ザ ・プレミアム・モルツ# ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール# サントリー# ビール
更に読み込む