ミウラメシ Vol.49
2021.01.23
FOOD&DRINK

専門店の味を再現! マーシーがバイト時代に教わった「思い出の串カツ」レシピレシピ

「ミウラメシ」とは……

実は高校生の頃に、トンカツ店でバイトしていたというマーシー。

店主のおやじは、元競輪選手という変わった人。でも、腕は確か。この人に、僕は揚げ物の基礎を教えてもらったんですよ。今日は、その店の串カツを再現。

豚肉の間には玉ねぎではなく、長ねぎとししとうが入るのが特徴。この衣の付け方も習ったとおりで、しっかり付くのに重くない専門店の技です!

揚げている音がピチピチ……と軽い高音になれば、揚げ上がり!

「ミウラメシ」を最初から読む

【今回のメニュー】
串カツ

専門店の味を再現! マーシーがバイト時代に教わった思い出の「串カツ」レシピ
形を整えてあるから衣が均一に付いて揚げ上がりもきれい!

【材料】※(2人分)

豚ロース肉(とんかつ用) 2枚
長ねぎ 2本
ししとう 6本
生パン粉 適量
小麦粉 適量
キャベツ 適量
レモン 1/3個
とんかつソース 適量
塩 少々
こしょう 少々
揚げ油 適量

【A】
卵 2個
牛乳 90ml
水 90ml
小麦粉 大さじ1と1/2

【作り方】
◆1
豚肉は1枚を6等分(約3cm幅)に切る。ねぎは4〜5cm長さに切る。

◆2
Aをボウルで混ぜ合わせバッター液を作る。

◆3
串に、ねぎ、豚肉、ししとう、豚肉、ねぎの順に刺す。ししとうの茎など左右のはみ出ている部分を切り落として形を整え、両面に塩、こしょうを振る。

◆4
3に、小麦粉、バッター液、小麦粉、バッター液、パン粉の順につける。パン粉は押し付けるようにしっかりつける。

バッター液は深めのコップなどに入れると串につけやすいんだな〜。

◆5
180℃の油に4を入れ、3分ほど揚げたら裏返し、1〜2分揚げて取り出す。せん切りキャベツ、くし形に切ったレモンと一緒に器に盛り付け、ソースをかけて召し上がれ。

ついに単行本化!
『SURF & NORF COOKBOOK by ミウラメシ』
1月28日(木)発売。詳しくはこちらをチェック!

[三浦理志 プロフィール]
オーシャンズモデル。愛称はマーシー。仕事のかたわら“サーフ&ノーフ”の生活を実践中。仕事の隙間を見つけては波乗りを楽しみ、野菜を育て、キッチンで料理の腕を振るっている。

「ミウラメシ」とは……
本誌看板モデルのマーシーこと三浦理志さんは、仕事のかたわら“サーフ&ノーフ”の生活を実践中。隙間を見つけては波乗りを楽しみ、数年前からは、通称「三浦農園」で収穫した野菜を使ってキッチンで腕を振るっている。そんな彼のリアルなライフスタイルから生まれたレシピを、ここに紹介しよう。
上に戻る

三浦理志=料理 渡辺修身=写真 中里真理子=スタイリング 川瀬佐千子=編集・文

# ミウラメシ# 串カツ
更に読み込む