2020.11.25
FOOD&DRINK

【試飲レポ】史上初!シャンパーニュを超えた最上級の英国ワインって?

「イギリスワインの銘柄を挙げなさい」と問われ、即答できる人は相当なワイン好きに違いない。

もともとイギリスは、“消費する側”としてのワイン大国ではあったが、“生産する側”としてのイメージは薄い。しかし、そんな現実が今、大きく変わろうとしているらしい。

変革の旗手はイギリスが誇る「ナイティンバー」。味も物語もイケているこのスパークリングワインは、これからのクリスマスシーズンにぜひグラスを傾けたい一本だった。

ナイティンバー「クリスマス・ギフト・ボックス2020」入りクラシック・キュヴェ。8000円/ナイティンバー(TYクリエイション 03-5344-9031)

英国で爆発的なワインブームが広がる理由

イギリスのワイン消費量は世界的に見ても高く、世界3位のワイン生産量を誇るスペインを凌ぐ。それほどワインを愛飲していながら、なぜ生産地としてはメジャーではないのか。答えはシンプル。「ワインを造るには寒過ぎたから」である。

しかし、近年は環境にも変化が生まれ始めた。地球温暖化の影響もあって、南部を中心にブドウ栽培に適した地域が広がりつつあるのだ。

英国南部ウェスト・サックス州に構えたナイティンバーの大規模エステート。

英国内でのワイン造りは爆発的な広がりを見せ、2019年度のワイン総生産量は1050万本と、2017年度の590万本の約2倍。同じく2019年度の売り上げは550万本と、2018年度より70%アップ。英国内のブドウ畑の敷地は3579ヘクタールと、2015年度から83%も増加しているという。

そんなワインブームを先頭に立って牽引しているのがナイティンバーである。

NEXT PAGE /

史上初のシャンパーニュ超え! その味は……

ナイティンバーは英国南部のウェスト・サックス州に拠点を置くスパークリングワイン専門のワインメーカーだ。

’06年に現オーナーがエステートを買収し、翌年には女性醸造家のシェリー・スプリッグス夫妻がワイン作りに参画。これまで数々の受賞歴を誇り、ここ数年は「最上級のシャンパーニュに匹敵する」と称賛されていた。

そして2018年には、世界最高権威とされるワイン・コンペティション「IWC」で、シャンパーニュ地区以外で初、かつ女性として初となる「スパークリングワインメーカー・オブ・ザ・イヤー」を受賞。「シャンパーニュに匹敵する」どころか、シャンパーニュの天下だったスパークリングワイン界で頂点を獲り、その実力を世界中に知らしめたのだ。

キレイなゴールドカラーと繊細な泡が光る。

実際にワインを開けてみよう。この日選んだのは、ナイティンバーを代表する「クラシック・キュヴェ・マルチヴィンテージ」。色は美しいゴールドで、立ち上る繊細な泡が目を引く。香りはベーカリーを思わせるトースト香やスパイスなど、複雑なアロマが際立つ印象だ。

味わいはフレッシュでながら焼きリンゴや蜂蜜、アーモンドのふくよかなフレーバーも感じる。上品で余韻が長く続く、エレガントを極めた一杯である。

使用しているブドウ品種はすべて自社農園で育てたシャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエの3品種。シャンパンと同じ瓶内二次発酵で、時間をかけて熟成させているそうだ。

この日は「鯖とクリームチーズのパテ」とクラッカーでペアリング。

ペアリングはスモークサーモンや貝類と相性がよく、カナッペやパテなどの軽食にも合うという。また、薄いクラッカーやクリスピー生地も繊細な泡と好相性で、この日ペアリングした「鯖とクリームチーズのパテ」も、濃厚なパテと軽快なクラッカーがナイティンバーの芳醇な旨味と絶妙にマッチした。

逆に、スパイスが強めの食事とのペアリングは避けたほうがいいらしい。

ナイティンバー「クリスマス・ギフト・ボックス2020」入りクラシック・キュヴェ。TYCのウェブサイト、もしくは松屋銀座、ヴァルカナイズ・ロンドン @ ザ・プレイハウスの限定販売。各8000円/ナイティンバー(TYクリエイション 03-5344-9031)

それらしく長々と語ったが、要するに「めちゃくちゃ美味い」のひと言に尽きる。シャンパーニュ以外の地からこれほど上質なスパークリングワインが出てきたとは、IWCの審査員たちはさぞ驚いたに違いない。

ナイティンバーは現在、「クリスマス・ギフト・ボックス2020」を数量限定で発売中。デザインは英国人イラストレーター、オリー・マックスウェルが手掛けた。イルミネーションに包まれたロンドンの情景は鮮やかで賑やか。寒いはずなのに、どこか暖かみさえ感じられる。この時季のギフトにも最適だ。

「ワインを飲む楽しみの半分は、ワインについて語ることにある」という格言が欧州にはあるらしい。これまでほぼノーマークだったイギリスワインが下剋上を果たしたのは実に痛快だし、そのサクセスストーリーは会話にも花を咲かせてくれるだろう。

 

今年は世界中が未曾有の危機に直面し、来年の見通しも未だ不透明。それでもホリデーシーズンは今年もやってくる。日々の不安もストレスも、今は極上の英国産スパークリングワインと一緒に飲み干してしまおう。

 

[問い合わせ]
TYクリエイション
03-5344-9031
https://nyetimber.com/jp/

# シャンパーニュ# スパークリングワイン# ワイン
更に読み込む