そこが知りたい! 女性が好きな男服 Vol.15
2020.09.21
FOOD&DRINK

お取り寄せ&テイクアウト可。3人のグルマンが推薦する、あの店のあのメニュー

酒のつまみとはいえ、食い応えも、味も、妥協はしたくない。そんな食いしん坊も満足する“ガッツリ系”な酒の友を、3人のグルマンが推薦。

すべてお取り寄せ&テイクアウト可能。さて、今晩のアテはどれにする?

 

「CHOWCHOW」のステーキサンド

「CHOWCHOW」のステーキサンド
[左]3000円/CHOWCHOW 03-6407-0163、[右]750ml 7400円/デュフール&フランソワーズ・マルティノ(ヌーヴェル・セレクション 03-5957-1955)
シンク グリーン プロデュース代表
関口正人さん

食をはじめ、さまざまな職種のコンサルティングを手掛ける関口さんが推薦するのは、東京は渋谷区宇田川町にオープンしたばかりのイタリアンが放つテイクアウトだ。

店のメインディッシュと同じ、黒毛和牛のイチボを贅沢に使用したサンドイッチは、ボリューミーなステーキが見るからにテンションを高めてくれるが、「肉本来の味が素晴らしいのはもちろん、シンプルながらもこだわりの醤油だれが食欲をかき立てます」と、ペロリといけちゃうそうだ。

関口さん的ベストマッチな酒
デュフール&フランソワーズ・マルティノの「ビュル・ド・コントワール #8 スティルベン」
「すっきりとした酸味とほのかな苦味を楽しめる、極辛口のシャンパーニュ。肉料理との相性は群を抜き、口の中の脂っこさをリセットし、味わいに輪郭を与えてくれます」。

NEXT PAGE /

「自然派ワイン ビストロ 喃喃」の10種盛り

「自然派ワイン ビストロ 喃喃」の10種盛り
[左]2800円/自然派ワインビストロ 喃喃 03-5786-3445、[右]750ml 5400円/クロ・マソット(BMO 03-5459-4334)
マディソンブルー デザイナー
中山まりこさん

男性、女性問わず人気のファッションブランド、マディソンブルーのデザイナーをも「センスがいい」と唸らせるのが、東京・麻布十番のビストロが作る前菜10種の盛り合わせ。

「旬のものをベストタイミングでいただけることが最大の魅力」で、埼玉県小川町産の有機農法の野菜、魚介、肉など、その時季においしい食材が最適な調理法で昇華される。アレルギーなどの細かなリクエストにも応えてくれるという対応もうれしい限り。注文は電話で前日までにしておこう。

中山さん的ベストマッチな酒
クロ・マソットの「キュベ ぺルル・エ・ペパン 2010 クロ・マソット」
「喃喃の繊細なおいしさには、やっぱりナチュラルワイン。ジューシーでまろやかな果実味が、レバーパテなどの肉料理ともよく合います。時間とともに香りも開くので、ゆっくり楽しみたいです」。

NEXT PAGE /

「山家」の串盛り10種

「山家」の串盛り10種
[左]1350円/山家(山家 支店 03-3770-0480)、[右]600ml 548円[税込]/宮崎本店 059-397-3111
料理芸人
クック井上。さん

オーシャンズ本誌連載でも“呑土産”を紹介してくれている、芸能界きっての料理好き。彼のお眼鏡にかなうツマミはさぞかし高級? と思いきや、いたって庶民的な味をチョイスしてくれた。

「計10本で1000円ちょっと。渋谷西口バスターミナルからすぐのこちらの焼き鳥&豚モツ串は、マジでおすすめです! お店は朝8時から営業しているから、いつ行っても持ち帰りが可能なのはうれしいですね。レンジでチンするだけの手軽さで、家にいながら赤提灯の気分が楽しめます」。

クック井上。さん的ベストマッチな酒
宮崎本店「キンミヤ」のレモンサワー
「庶民の味に合うのは、やっぱり庶民の酒でしょう。最近は、キンミヤのレモンサワーがマイブームです。自宅にはマイキンミヤグラスはもちろん、マイ赤提灯すら設置済み。完璧です(笑)」。

 

鈴木泰之=写真 平 健一、星 光彦=スタイリング 増山直樹、甘利美緒=文

# お取り寄せ# テイクアウト# 家飲み# 酒友
更に読み込む