ミウラメシ Vol.45
2020.09.09
FOOD&DRINK

バターの風味が食用をそそる! 旨味をぎゅっと閉じ込めた「サーモンときのこのホイル包み焼き」

「ミウラメシ」とは……

これからの季節にぴったりな「サーモンときのこのホイル包み焼き」。

旬の野菜や魚を包むだけでおいしいから、家ではもちろんキャンプでもよく作ります。ポン酢でさっぱりもいいけれど、鮭なのでチャンチャン焼き風に、味噌ダレを塗って焼きました。

仕上げのバターでリッチな風味に、そして、七味ね。これは、たっぷりかけたほうが、バターと味噌の旨味が引き立ってウマいのでおすすめ!

これからの季節にぴったりな「サーモンときのこのホイル包み焼き」。
フライパンではなく、オーブンや七輪でもOK!

「ミウラメシ」を最初から読む

【今回のメニュー】
サーモンときのこのホイル包み焼き

サーモンときのこのホイル包み焼き
バターを溶かしながら鮭をほぐしてきのこと一緒に召し上がれ!

【材料】※2人分
生鮭 2切れ
玉ねぎ 1/2個
しめじ 1/3パック
しいたけ 2個
えのきだけ 1/3袋
バター 20g
小ネギ 適量
七味唐辛子 適量

【A】
味噌 大さじ1と1/2
みりん 大さじ1と1/2

【作り方】
◆1
玉ねぎ、しいたけをスライスする。しめじとえのきだけは石づきを切り取り、小房に分ける。

◆2
Aを混ぜ合わせてソースを作る。

◆3
アルミホイルをまな板くらいの大きさに広げる。中央に玉ねぎ半量を敷き、その上に鮭を1切れのせたら2のソースを塗る。その上にしいたけ、しめじ、えのきをそれぞれ半量のせて、ソースをかける(ソースはもう1人分用に半量残しておくこと)。

アルミホイルを四方からふんわりと包み、口をしっかり閉じる。これを2つ作る。

おいしいスープが流れ出ないようしっかり閉じるべし。

◆4
フライパンに3を並べ入れて蓋をし、弱火で10分ほど加熱する。

◆5
4を皿にのせてホイルを開け、バターをのせて七味唐辛子を振る。小ネギを散らして出来上がり!

[三浦理志 プロフィール]
オーシャンズモデル。愛称はマーシー。仕事のかたわら“サーフ&ノーフ”の生活を実践中。仕事の隙間を見つけては波乗りを楽しみ、野菜を育て、キッチンで料理の腕を振るっている。

「ミウラメシ」とは……
本誌看板モデルのマーシーこと三浦理志さんは、仕事のかたわら“サーフ&ノーフ”の生活を実践中。隙間を見つけては波乗りを楽しみ、数年前からは、通称「三浦農園」で収穫した野菜を使ってキッチンで腕を振るっている。そんな彼のリアルなライフスタイルから生まれたレシピを、ここに紹介しよう。
上に戻る

三浦理志=料理 渡辺修身=写真 中里真理子=スタイリング 川瀬佐千子=編集・文

# ホイル包み焼き# ミウラメシ
更に読み込む