2019.11.20
FOOD&DRINK

知ってるつもりのボジョレーヌーヴォー。酒席で役立つ8問8答

毎年11月の第3木曜日、今年も11月21日(木)にボジョレーヌーヴォーが解禁になる。日本でもすっかりお馴染みになったこのワインの祭典。「どうせワイン業界が仕掛けたイベントでしょ?」「美味しくないんでしょ?」と切り捨ててしまうのはもったいない。

そもそも、ボジョレーヌーヴォーが何か、きちんと知っているだろうか?

ナチュラルワインのインポーターでキャリアを積み、現在はフリーのワイン伝道師として活躍する萩野裕之さんに、ボジョレーヌーヴォーの基本と、その楽しみ方を聞いてきた。

萩野浩之さん●1966年大阪出身。ホテル勤務ののち、ワインのインポーターとして25年間勤務。その後独立し、2017年自然派ワインに関するアドバイスやイベントの企画などを行う「アトリエ オッペ」を設立。

 

Q.そもそもボジョレーヌーヴォーって何?
A.ボジョレー地区の、新酒を祝う収穫祭です。

フランスでワイン産地として有名なのはブルゴーニュとボルドー。この2つの地域は、高級産地としても知られていますが、このブルゴーニュの一角、いちばん南端に位置するのがボジョレー地区。

フランスのワイン産地
フランスのワイン産地のおおまかな地図。ボジョレーは東側にある。ジュラやロワールなどは、最近注目が集まっているエリアだ。

そのボジョレーで、その年に採れたぶどうで作った新酒を祝う、いわゆる地域の収穫祭がボジョレーヌーヴォーです。

地域のお祭りが、なぜ日本でここまで広まったのか。それは、日付変更線の関係で、先進国でいちばん早く11月の第3木曜日を迎えるのが日本だったことから、そこにワイン業界が目をつけ、「世界でいちばん早くボジョレーヌーヴォーが飲める!」と宣伝したことにより、日本でブームが巻き起こったのです。

NEXT PAGE /

Q.ボジョレー地区の新酒なら何でもアリ?
A. ぶどうが「ガメイ」じゃなければダメです。

ブルゴーニュやボルドーの赤ワインには、主にピノ・ノワールという黒ぶどうが使われますが、ボジョレーはこの地で採れる「ガメイ」100%で作られます。

ガメイはほかの地域だと違う品種とブレンドされることもありますが、この地域ではガメイ100%でないとボジョレーワインと謳うことはできません。そしてガメイという品種は、早飲み、若いうちに飲むのが美味しいとされています。

醸造方法にも違いがあります。一般的なワインはぶどうを潰してプレスをしますが、ボジョレーは「マセラシオン・カルボニック」という製法で造られます。

これは、ステンレスタンクに上からどんどんぶどうを入れていくというもの。下にあるぶどうは重みで潰され、果汁が出て、自然と発酵が始まります。すると、炭酸ガスが発生し、タンク全体に充満。潰れていない上のぶどうも酵素の働きで分解されますし、ぶどうの皮の色素が早く壊れるため、短期間で色の濃い赤ワインができるのです。

短期間で醸造できるので、ガメイのフレッシュな旨味をキープできるうえ、11月の第3木曜日に間に合わせることもできる。これをピノ・ノワールでやろうと思ってもできません。ガメイだから、マセラシオン・カルボニック製法だから可能で、だからボジョレーヌーヴォーができるんです。

 

Q.ガメイの特徴をひと言で教えてください!
A.“失敗”が少ないぶどうです。

ガメイは若いうちに飲むのが美味しいとされる品種です。シンプルかつフレッシュで、タンニンは穏やか。ぶどうの果実味や酸味、華やかな香りが特徴です。

ガメイは「GAMAY」と書く。自然派ワインの人気の造り手、ジュリアン・メイエーがガメイのぶどうを購入して造ったこちらは、今年リリースされたがあっと言う間に売り切れた。

とてもニュートラルなので、赤ワインの渋みが苦手な方でも飲みやすく、いろいろな料理との相性もいいので、売る側からすると勧めやすく、飲む側からすると失敗しづらい(笑)。ワインを普段飲まない方にもオススメです。

とはいえ、いいワインになるとシンプルな中にも深みがあったり、落ち着いた香りが出てきたり、表情豊かなぶどうなんですよ。

NEXT PAGE /

Q.ボジョレーヌーヴォーって、ワイン通の人たちも飲んでるんですか?
A.今は増えたと思います。

Q.ボジョレーヌーヴォーって、ワイン通の人たちも飲んでるんですか? A.今は増えたと思います。

ボジョレーヌーヴォーは、実は、ワインに精通した人は手を出さない世界とも言われてきました。いくらガメイが早飲みできるぶどうだからって、そんなに早く造ったワインがクオリティを伴っているわけはないという意見もありますし、ボジョレー地区の生産者の中にも「ワインは日にちに合わせて作るものではない」と主張する人もいます。

でも、15年ほど前から新しい流れが出てきています。それが、ナチュラルワインのボジョレーヌーヴォー。僕も気になる作り手のボジョレーヌーヴォーは飲んでいますよ。

 

Q.ということは、ボジョレーヌーヴォーはアリ?
A.はい!今はすごくアリな時代です。

先ほどお伝えした自然派のボジョレーヌーヴォーの登場で、ずいぶん面白くなってきています。大量生産のそれとは異なり、小さなワイナリーから渾身のヌーヴォーが続々と出てきていますから。

先ほど、ガメイはシンプルで、高い表現力があるとお伝えしました。だからこそ造り手の思いが表現されたワインがたくさんあって、その味の幅はとても広い。つまり今、ボジョレーヌーヴォーは選択肢がものすごく広くなっているのです。

美味しいか美味しくないかは主観なので一概には言えません。ワイン通の人ほどクオリティで語りたがりますが、僕としては、造り手の個性やストーリーを楽しんでもらいたい。同じ品種で、同じ製法で作っても、こんなに多様なキャラクターのワインが出来るんですから。

造り手やワインの個性を楽しむきっかけとして、ボジョレーヌーヴォーはぴったりだと思いますね。

 

Q.今年の出来はどうなの?
A.僕も想像できません。

毎シーズン、今年のボジョレーヌーヴォーの出来は……というのがニュースになりますが、正直今年は、夏に40℃以上の日が続いたりヒョウが降ったりと、前例のない天候でまったく想像がつきません。

ただ、ナチュラルワインでは、天候を良し悪しではなく、恵まれた、恵まれなかったという言い方をします。恵まれた年は果実味が前面に出たワインが多く、恵まれなった年はぶどうの味は奥に引っ込みますが、代わりに地中から吸い上げられたミネラル感を楽しめるものになっています。何かを足して味をごまかすのではなく、その年の特徴をストレートに表現したものが楽しめるのも、自然派のボジョレーヌーヴォーならでは。想像できないほうが楽しめる年ともいえます。

NEXT PAGE /

Q.ボジョレーヌーヴォーも寝かせたら美味くなる?
A.化けるワインもあります。

フィリップ・パカレのボジョレーヌーヴォー、2004年ヴィンテージ
実際に萩野さんが開けた、フィリップ・パカレのボジョレーヌーヴォー、2004年ヴィンテージ。

基本的にはガメイはフレッシュなうちに飲んだ方が美味しいので、あまり熟成は期待しない方がいいでしょう。ただ、ものによってはめちゃくちゃ美味しくなるボジョレーヌーヴォーもある。ピノ・ノワールの1万円のワインだったら、1年ではそんなに変化はありませんが、早く熟成が進むボジョレーヌーヴォーを1年寝かせたら、確実に味は変わります。

僕も、ナチュラルワインの大家、フィリップ・パカレの2004年ヴィンテージを昨年開けたんですが……もう、感動ものでした。素晴らしかったです。

 

Q.おすすめのボジョレーを一本挙げるなら?
A.絞れません!

先程のフィリップ・パカレと、マルセル・ラピエールは外せないでしょう。この2つは熟成に耐えられますので、2本買って、1本は今年飲んで、来年の同じ時期にもう1本を飲んで味の変化を楽しんだり、そのときリリースされる同じ造り手のボジョレーヌーヴォーと比べてみるのもいいでしょう。

昨年飲んだもので美味しかったのは、シルヴェール・トリシャールという若手の生産者の作ったセレネ。

Q.おすすめのボジョレーを教えてください! 先程のフィリップ・パカレと、マルセル・ラピエールは外せないでしょう。
[左]シルヴェール・トリシャールの「セレネ」。エチケットは地味、というか、かなり個性的。[右]マルセル・ラピエールのボジョレーヌーヴォーは毎年人気の一本。エチケットもカワイイ。

 エチケットは地味ですが(笑)、味はものすごく良かったので、今年も注目しています。

 

ボジョレーヌーヴォーを単なるお祭りととらえず、きちんと背景を知ると酒がぐっと楽しくなる。後編では、萩野さんが推薦する自然派のボジョレーヌーヴォーについて教えてもらう。

 

林田順子=取材・文

# ボジョレーヌーヴォー# ワイン
更に読み込む