37.5歳からの愉悦 Vol.104
2019.08.01
FOOD&DRINK

葉山の夏季限定カフェで、留学を控えた看板娘の前途を祈念した

シーズン連載「海辺の看板娘という名の愉悦」
酒を通して人を探求する大好評ドキュメンタリー連載、「看板娘という名の愉悦」。普段は首都圏の飲み屋街を練り歩く筆者だが、せっかくの夏。趣向を変えて、我々の大好きな「海」へと繰り出すことにした。この夏は、潮香る海辺で出会った看板娘たちに酔いしれよう。

「海辺の看板娘」、第2回は神奈川県の葉山。三浦半島の西部に位置する“ザ・海辺のリゾート”だ。

地図
明治中頃から保養地として知られるようになる。((c) OpenStreetMap contributors

新宿駅から湘南新宿ラインに乗車。約1時間で逗子駅に着いた。

逗子駅
都心と比べて空が圧倒的に広い。

関東地方も梅雨が明け、駅を出ると待ち構えていたかのような蟬時雨。ここからバスに揺られること約20分、「一色海岸」のバス停で降車した。

今回の舞台は、7月と8月の土日祝だけオープンするカフェ「ON THE COB」。「corn on the cob」で軸付きトウモロコシという意味だが、これを店名に冠した理由は後ほどわかる。

外観
目と鼻の先に葉山御用邸と一色海岸という好立地。

軒先の水場では、海で遊び終わった紳士が体についた砂を洗い流していた。

外観
これだ、我々が「海辺の看板娘」連載に求めていた絵柄は。

そして、店内には看板娘の姿も。

内観
ん? 何やら若そうだ。

まずは、お酒である。看板娘に聞くと、コロナビールを自家製レモネードで割ったオリジナルドリンクが人気だという。完璧すぎる。

メニュー
「コロネード」(700円)。
NEXT PAGE /

看板娘、登場

看板娘
「お待たせしました〜」

撮影場所は、もちろんビーチ。こちらは高校2年生、17歳の希海(のぞみ)さん。名前に「海」が入っている。2度目の「完璧すぎる」が出た。

「家族や学校の友達、お店のスタッフからは『のじょ』って呼ばれています」

「のぞみ」→「のじょみ」→「のじょ」という変遷だろうか。フードのオススメは「ポークボウル」(850円)と「メキシカングリルドコーン」(500円)。

メニュー
こちらもいただきましょう。

やがて、心地良い海風が頬を撫でるテラス席に美しいトライアングルが完成した。

メニュー
まったく隙のない布陣。

のじょさんは神奈川県内の私立高校に通っており、今年の9月から1年間のイタリア留学が決まっている。

「神奈川県内から私を含む9人の高校生が青少年親善大使に選ばれて、相手国の高校生と交換留学をします。イタリア、スイス、デンマークと、みんな行く国が違うんです」

応募したのは24人で合格者は9人。しかも、のじょさんは面接、書類審査、筆記試験、小論文でトップの成績だったそうだ。すごい。

記念写真
交換前に日本に集まって撮った記念写真。

とはいえ、高校生らしい一面もある。

「普通にタピオカにハマっています。でも、飲みすぎると太るので友達同士で『週に2杯まで』と誓いました」

確かに、「タイのNGOの調査によれば、タピオカミルクティーの大半に世界保健機関(WHO)が推奨する1日の摂取量を超える砂糖が含まれていることが判明した」というニュースが話題になったばかりだ。

「あとは、女友達と逗子海岸映画祭に行くなど、やっぱり海は身近な存在ですね」

映画祭
なぜか映画は観なかったそうだ。
NEXT PAGE /

さて、ここ「ON THE COB」は放送作家の岡野ぴんこさん(32歳)がプロデュースした店だ。のじょさんは彼女の従姉妹にあたる。

看板娘とスタッフ
実の姉妹のような仲良しぶり。

ぴんこさんは言う。

「グリルドコーンはアメリカにいた時代に出会って感動したんです。元々は『ELOTE』というメキシコ料理で、この名前で検索すると情報がたくさん出てきます。私が知っている範囲では、ここ以外では東京のキューバ料理屋さんでしか食べられません」

なるほど。その感動を店名に冠し、さらに店の看板メニューにしたのだ。

「ちなみに、さっき外で体を洗っていた男性は私の父兼店長(笑)。いい風が吹いているとお店をスタッフに任せてカイトサーフィンを堪能しているんです」

理想の暮らしではないか。

ぴんこさん
台湾で仕入れたバッグをマダムたちに紹介するぴんこさん。

手前の女性はこの店の常連で、のじょさんを可愛がっている。

「私はこの子のパパの仕事仲間なんですが、とにかく笑顔が素敵。あと、高2とは思えない気遣いにも驚かされます」

パパはクラシックカーマニアで、所有する6台の車のうち、4台はクラシックカーだという。

クラシックカー
のじょさん、お嬢様……?

ここで、ぴんこさんのママが犬の散歩から帰ってきた。そう、店は彼女の家族と親戚(のじょさん)で切り盛りしているのだ。

イヌ
5歳のブリタニースパニエル、奈海(なみ)ちゃん。

おお、ここにも「海」の字が。奈海ちゃんはのじょさんに懐いており、仕事の合間を縫って女同士の親交を深めている。

イヌ
例えば、このように。
NEXT PAGE /

美味しいお酒と料理を堪能したところで、のじょさんが言った。

「ソフトクリームもオススメですよ」

写真
写真のモデルは幼い頃のぴんこさん。
ソフトクリーム
こちらも、実に美味しかった。
コースター
ふと、コースターの文字に目をやる。

「On the cobで人生はより豊かになるよ」。このキャッチコピーは毎年変わるそうだ。来年の夏もぜひ伺います。

さて、楽しみな留学を控えたのじょさん、読者へのメッセージをお願いします。

メッセージ
過去最大の文字サイズにハートのピュアさが見え隠れする。

 

【取材協力】
ON THE COB
住所:神奈川県三浦郡葉山町一色1985-1
www.facebook.com/onthecob.hayama/

https://www.instagram.com/onthecob_hayama/
※夏季限定営業

 

連載「看板娘という名の愉悦」を読む

石原たきび=取材・文

# ON THE COB# カフェ# 海辺の看板娘# 看板娘# 葉山
更に読み込む