37.5歳からの愉悦 Vol.98
2019.06.21
FOOD&DRINK

永福町のスタンドバーで、ひよっこバーテン看板娘に癒された

看板娘という名の愉悦 Vol.70
好きな酒を置いている。食事がことごとく美味しい。雰囲気が良くて落ち着く。行きつけの飲み屋を決める理由はさまざま。しかし、なかには店で働く「看板娘」目当てに通い詰めるパターンもある。もともと、当連載は酒を通して人を探求するドキュメンタリー。店主のセンスも色濃く反映される「看板娘」は、探求対象としてピッタリかもしれない。

渋谷と吉祥寺を結ぶ京王井の頭線。そのちょうど真ん中にあるのが永福町駅だ。なんとも縁起のいい町名は、当地にある永福寺に由来する。

そんな街にも看板娘はいた。

駅からの道
北口を出てメガネスーパーと大勝軒に挟まれた道を進む。

急行が停まるうえに、新宿や下北沢といった人気タウンにもアクセスしやすいとあって、家賃相場もそこそこ高い。

田舎の両親が見たら腰を抜かす金額。

駅から歩くこと3分。「STAND(スタンド)永福町店」に着いた。2012年にオープンしたスタンドバーだ。

外観
看板娘の姿も見える。

店内は狭いがお酒の種類は充実している。

お酒のボトル
ワイン、ウイスキー、カクテル、ビール。

看板娘が好んで飲むというイタリアの白ワイン、「カンティネ・ラヴォラータ」(600円)を注文した。

ドリンクを作る様子
所作が本気のバーテンダーっぽい。

「私は元々このお店の常連だったんですが、白ワインは当時よく飲んでいました。お酒は弱いけど、ワインなら5、6杯いけます」

NEXT PAGE /

看板娘、登場

看板娘
「お待たせしました〜」

こちらは、ぴよさん(27歳)。本名は詩織だが、酒場では高校時代のニックネームを名乗る。

店にはオーナーの藤島さんもいた。

オーナーと看板娘
草野球チームのエースで、最近ツーシームを習得したという。

ぴよさんについては「人懐こいし癒し系キャラ。お客さんからの評判も上々です」と賞賛する。ちなみに、ここは以前ハンコ屋さんだったそうだ。藤島さんに改装前の写真を見せてもらった。

改装前
往時の名残。
改装前
ハンコを挿す棚。

「店を畳んでからずいぶん長い間空き家だったみたいで、中はかなり荒れ果てていましたね」

キッチン
草がぼうぼうに生えていたキッチンもきれいに掃除。

さて、ぴよさんは新潟県の長岡生まれ。中学時代は吹奏楽部でサックスを吹いていた。

「去年、14万円ぐらいで中古のサックスを買ったんです。家では吹けないので、近くの和田堀公園で練習しています」

サックス
たまたま通りがかったテイで見学したい。

ドライな性格で、高校生時代もいわゆる女子グループには属さなかったそうだ。

記念写真
成人式のときに吹奏楽部のメンバーと撮った記念写真。

「長岡はなぜかお盆に成人式をやるので、振袖は着ません」

マイブームはカレーの食べ歩き。最近のヒットは下北沢「旧ヤム邸 シモキタ荘」の和だしカレーだという。

カレー
鶏、ポーク、牛豚のキーマカレーがライスを囲む。

服飾系の専門学校を卒業後、アパレル業界に入ったが、丁寧に接客したいという思いと売り上げノルマの板挟みになる。

「当時は仕事帰りにこのお店に寄って、オーナーや常連さんによく愚痴を聞いてもらっていました。その白ワインは社会人1年生時代の思い出のお酒なんです」

性格はドライだが、涙もろい一面もある。専門学校時代は戸田公園のカフェダイニングで働いていたが、アパレルの仕事を辞めた直後に当時の同僚から誕生日を祝ってもらった。その時の写真が下である。

記念写真
号泣する看板娘。

バーテンダーの修行中だというぴよさん。せっかくなので2杯目はカクテルを作ってもらおう。「OCEANS」をお願いします。

OCEANS
お値段100円のミックスナッツを添えて。

「ホワイトラムは南国の海のイメージで、リキュールのマリブでちょっとチャラいおじさんの雰囲気を出しました」

ちょっとチャラい……。お値段600円と安いし、まあいいか。でも、海にしてはまったく青くないですよ。

看板娘
「心の目で見ればうっすらブルーです」
NEXT PAGE /

ここで、常連の紳士が来店。「いつも1杯お付き合いしていただいているんです」と、ぴよさんに生ビールを振る舞う。

常連さんと看板娘
永福町が気に入って、かれこれ20年近く住んでいるそうだ。

雑談をする中で、駅前の「大勝軒」の話になった。

「私が学生時代の50年前にはすでにありましたから。下宿で友達と飲んでいて氷が切れたときは大勝軒に行って『すみません、熱が出ちゃって』と言うと氷をタダでくれたんです」

コンビニなどはない時代である。大勝軒、見直した。

ピアス
ピアス好きのぴよさん。

耳の中にもピアスがあるが、いろいろと不便ではないのだろうか。

「全然大丈夫ですよ。耳掻きもできるし、イヤホンも入ります」

締めの1杯は、ずっと気になっていた白霧島。これを置いている店は珍しい。オーナー、藤島さんの趣味だそうだ。

白霧島のソーダ割り
ソーダ割り(550円)でいただきます。

今回の看板娘は確固たる仕事哲学を持っているとお見受けした。

「ぴよ」という名前の通り、バーテンダーとしてはまだまだひよっこかもしれないが、近い将来、立派な鶏になって数多くの酒飲みを癒してくれそうだ。

メッセージ
なかなかいいことを言う。

 

【取材協力】
スタンド 永福町店
住所:東京都杉並区和泉3-12-8
電話:050-1035-7435
www.instagram.com/stand_link/

石原たきび=取材・文

# BAR# STAND 永福町店# スタンドバー# 永福町# 看板娘
更に読み込む