FEATURE

やっぱりみんなデニムが好きだった。デニムの男100人特集!

ヘビロテしたかと思えば、一年近くほったらかし。腐れ縁の悪友か、はたまた、長年連れ添った女房か。空気のように、あって当たり前の存在。それが、デニムだ。創刊以来ずーっと、手を変え、品を変えて提案してきた本誌の一丁目一番地。創刊15周年を迎え、デニムを愛する男100人に、改めて、その存在理由を確かめた。

一覧を見る